マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【108・南無阿弥陀仏】29市町村長の支持を受け、敗北した「愛知治郎」の在り方は、人を搾取し、勘違いを続けていた「自民党宮城県連」の集大成と言える【諸行無常・盛者必衰】

 

 下記の自治体の顔ぶれを眺めれば、

あとはこちらが行くこともないみっともない土地の長ばかりが

口を開いていますな。

 

実にくだらん私の人生の汚点の土地ばかり。

 

私の人生で行けば、この平成30年分は実に身のないくだらない日々の積み重ねだった。

時間だけで過ぎて、得たものはゼロですね。

 

意味不明な土地。

 

こんな時に、「諸行無常」、「盛者必衰」が再現されたのは面白いですね。

 

むしろ、仙台北署が、私が代議士に危害を与える恐れがあると、

当時は白鳥が勝手に妄想で騒いでいたので、

参議院議員は代議士ではないが、落選して貰えば、

そんなことすら発生しなくなり、めでたしめでたし。

 

実に合理的で素晴らしい。 

 

 

【東北熊襲の産地】宮城の政治家は、必勝祈願でだるまに目を入れると言うよりも、「だるま落とし」のだるまそのもの

     

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

f:id:masafree:20190725220743j:plain

f:id:masafree:20190725220809j:plain

 

 

 

 

平家物語

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

遠くの異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、
これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、楽しみを極め、諫めをも思ひ入れず、
天下の乱れんことを悟らずして、民間の愁ふるところを知らざつしかば、
久しからずして、亡じにし者どもなり。

近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、
これらはおごれる心もたけきことも、皆とりどりにこそありしかども、
間近くは六波羅の入道前太政大臣朝臣清盛公と申しし人のありさま、伝え承るこそ、
心も詞も及ばれね。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

宮城のニュース

参院選宮城>29市町村長、愛知氏支持 石垣氏はゼロ 動向調査

 21日投開票の参院選宮城選挙区(改選数1)で、河北新報社宮城県内35市町村長の支持動向を調べた。政権与党とのつながりを重視し、8割の29人が4選を狙う自民党現職愛知治郎氏(50)を支持すると回答。野党各党が支援する立憲民主党新人石垣のり子氏(44)を推す首長はいなかった。

 愛知氏を支持する理由は「政治の安定を望む」(山田司郎名取市長)「政権与党だから」(千葉健司栗原市長)「復興事業に予算が付くようになった」(桜井公一松島町長)などと政権党を意識した内容が目立った。
 愛知氏の政治姿勢や実績も評価する要因となった。「子どもたちの未来を守り抜く姿勢」(佐藤昭塩釜市長)「震災復興に尽力してもらった」(菊地啓夫岩沼市長)「一緒に仕事をしてきた。引き続き頑張ってほしい」(須田善明女川町長)などと説明する。
 消費税廃止に言及する石垣氏の姿勢も判断材料の一つ。「消費税率を0%にすると言う候補者に投票できない」(山田裕一白石市長)「(消費税ゼロに)全く賛同できない」(大友喜助角田市長)との意見もあった。
 「特定の候補を支持しない」と答えたのは、郡和子仙台市長、滝口茂柴田町長、猪股洋文加美町長。亀山紘石巻市長は「人物像で選びたい。選挙期間中の演説などを聞いて判断したい」と明言を避けた。
 支持政党は自民党が30人で最も多かった。うち13人は連立を組む公明党との重複回答だった。「支持政党なし」は3人。
 首長の支持動向は6月中旬から下旬にかけて調査を実施。35人中33人から回答を得た。菅原茂気仙沼市長と斎清志大河原町長は無回答だった。


2019年07月06日土曜日

 

 

 

参院選宮城>29市町村長、愛知氏支持 石垣氏はゼロ 動向調査 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190706_11011.html

 

 

宮城のニュース

参院選東北>農政には不満…でも野党は期待薄

東北の農協系団体の参院選各選挙区の推薦状況

 参院選(4日公示、21日投開票)で、東北各県の農協政治連盟(農政連)など農協系団体の選挙区対応が出そろった。福島を除く5県で自主投票だった前回(2016年)と対照的に、6県で自民党現職を推薦する。環太平洋連携協定(TPP)といった与党農政への不満は根強いが、野党に対する期待値は低く、与党と歩調を合わせる現実路線が透けて見える。

 今回と、前回の参院選での推薦状況は表の通り。山形県農政連の柴田清志会長は「政権与党で現職というのが第一条件」と言い切り、「農業者の意思を直接、政権に届けてきた実績を踏まえた」と説明する。
 岩手県農政連が推す自民現職は農林水産省出身。久保憲雄委員長は「地域事情を考慮した政策を持ち、実現可能な人との観点で選んだときに、自民だったということだ」とあくまで人物本位を強調した。
 TPPや日欧の経済連携協定(EPA)が相次いで発効。農業の市場開放にひた走る安倍政権に対しては不満が募る。青森県農協中央会幹部は「政権は強引に進めてきた。コメの生産調整廃止を含めて批判はある」と打ち明けた。
 TPPへの対応が争点の一つとなった前回。政権批判を追い風に野党勢力は東北で5県を制した。その後、旧民進党は分裂し、野党は細分化。各団体の判断には、自民1強の政治状況が色濃く反映された。
 秋田県農政連の関係者は「自民の政策が全て良いというわけではない」と言うが、「与党を支持し、政策をわれわれの要望、要求に少しでも近づけるしかない」とこぼした。
 前回に続き自民を推す福島県農業者政治連盟。県内の農協幹部は「不満を抱えたまま泣き寝入りしても仕方ない。自民との関係を維持しながら、農業者が満足できる政策を進めるよう働き掛ける」と語る。
 宮城県農政連は2月に早々と自民現職の推薦を決めた。幹部は「今回は6県で自民現職と野党系新人の戦い。前回とは構図が全く違う」と指摘。政権交代は遠いとの見立てから「与党支持の動きは今後さらに強まるだろう」とみる。


2019年07月03日水曜日

 

参院選東北>農政には不満…でも野党は期待薄 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190703_11028.html