マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【排斥対象】五輪メダルのデザインが公開。金メダルは天使を模した乳房強調(ニケ像・118片)の85mmフナブ・クー(笑)【思想良心の自由】

 

 7月24日のニュースです。

 

東京五輪はあと1年みたいですね。

私もこれからエンジンかけて頑張ります。

 

シロアリ仙台藩が変わることはございません。

障害の土地ですので。

 

 私はこの大会は排斥対象です。

全く関係ございません。

 

 

まず、ケジメをつけろな。

こちらがなあなあで相手する訳がない。

 

 

そもそも、ニケ像は、大方は過去のキリスト教が破壊した像ですな。

アステカ帝国が破壊されたのと同等。

 

破壊宗教が美化して商業利用は醜い。

恥の概念が無い。

 

私は田布施一味は、全て裁判所で始末します。

全く相手にしていません。

 

それぞれ人間は個々で生き様がある。

 

 

像が復元できないのは、そのまま日本のアニメで言えば、

鋼の錬金術師」ですね。

所詮は、この金メダルの女神は、現行ではゾンビだ。

実に哀れな大会。

 

亡びたものに縋るのは、日本の神社思想ですかね。

 

この愚かな大会は、私の人生論とは全く異なる。

 

「触れるな」

 

それだけだ。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

五輪メダルは渦巻くデザイン=無数の光が反射、金銀は最重量

2019年07月24日15時45分

公開された2020年東京五輪の金メダル(中央)、銀メダル(左)、銅メダルの裏面

 2020年東京五輪パラリンピック組織委員会は24日、五輪メダルのデザインを発表した。各大会のオリジナルとなる裏面は、組市松紋のエンブレム、TOKYO2020の文字、五輪マークの周りを渦が巻くような曲線的なデザイン。

【図解】東京五輪2020の競技日程

 「光や輝き」がテーマ。渦をかたどる曲線はそれぞれ異なる角度で彫られ、無数の光を集めて反射させるデザインになった。作者でデザイナーの川西純市さん(51)は「アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の輪でたたえられるようなメダルになればうれしい」とコメントした。作品は応募者421人から審査を経て選ばれた。
 表面のデザインは国際オリンピック委員会(IOC)の規定により、アテネパナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像と五輪マーク、20年東京五輪の正式な大会名称が配置された。

公開された2020年東京五輪金メダルの表面

 メダル本体の重量は金が約556グラム、銀が約550グラム、銅が約450グラムで、金と銀は夏季五輪では史上最重量。直径は85ミリ。
 五輪とパラリンピックを合わせて約5000個のメダルは、不用になった携帯電話や小型家電をリサイクルして集めた金属ですべて制作する。
 首に掛けるリボンは藍と紅のカラーで組市松紋を用いたデザイン。視覚障害者が手で触れて順位が分かるように、裏側にシリコーンプリントで金は一つ、銀二つ、銅三つの凸の加工を施した。メダルケースは国産タモ材を使用した藍色で、円形でも立ててディスプレーできる作り。

 

 

五輪メダルは渦巻くデザイン=無数の光が反射、金銀は最重量:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072400772&g=spo

 

 

サモトラケのニケ  

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

サモトラケのニケ
ギリシア語: Νίκη της Σαμοθράκης
フランス語: Victoire de Samothrace
 
製作年 前200–前190年ごろ
種類 彫刻
素材 パロス島産の大理石
寸法 244 cm (96 in)
所蔵 ルーヴル美術館パリ

サモトラケのニケ』(フランス語Victoire de Samothrace英語Winged Victoryギリシア語Νίκη της Σαμοθράκης)は、ギリシャ共和国サモトラケ島(現在のサモトラキ島)で発掘され、現在はルーヴル美術館に所蔵されている勝利の女神ニーケーの彫像である。

概要 

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年12月)

現存するギリシア文明の彫像の中で、女神ニケを題材にしたものとして貴重な彫像でもある。その題材のみならず、優美でダイナミックな姿や翼を広げた女性という特徴的なモチーフなどが印象的で、各地にレプリカが作られ親しまれている。

大理石製で高さは328cm。

最初の発見は1863年で、フランス領事シャルル・シャンポワゾによって胴体部分が見つけられた。それに続いて断片と化した片翼が見つかった。断片は全部で118片にのぼる。その後復元された像は1884年ルーヴル美術館の『ダリュの階段踊り場』に展示され、現在に至る。

1950年に右手が発見され、ルーヴル美術館に保管されている。手は大きく広げられている。

www.wikiwand.com