マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

農林水産省の「清浄国」とは、私の現役時代の全て。あとは馬鹿の相手はしない

 

 清浄国とは、1996年より2007年の11年間とされています。

 

私の現役時代は、1995年度から2008年10月24日までです。

これはまんま私が馬鹿の相手をしてやった期間です。

 

挙げ句に、この馬鹿共が私の人生をヤクザを使い妨害してきたので、

奴ら糞農民公務員の成果はその通りですね。

 

元々農民に政治は無理。

 

馬鹿共は当時の運がそのまま続くと錯誤している。

愚かな農民公僕は脳みその訂正更新が必須ですね。

 

ちなみに、こちらは確認済みですが、

農林水産省が用いている移動制限規制解除は、

キリストの日付を採用しています。

農民公務員の土民共は必死ですな。

 

 

あと、農奴公僕は言っていることもおかしいですね。

ワクチンは罹患していない豚に接種しなければならない。

なのに「感染していない養豚場も接種しなくてはならない」としている。

 

元々ワクチンがなんなのかも分からない集団なのでしょう。

 

 

神が去ったのだから、改めて地固めから必要。

妄想・夢は消え去った。

ゼロからスタートすべきですね。

 

ja.wikipedia.org

 

 

農民公僕だから理解不可能かな?

現場の方が頭が回りそうです。

 

 畜産農家は、馬鹿の清浄国に付き合っていると、

折角育てた豚のDNA全てを失うと危惧しているわけですね。

 

机上の空論・妄想馬鹿は何もわからんみたいです。

 

 

これは、家庭内の話に置き換えれば、

ゴキブリ相手にバルサンを使うか、

ゴキブリホイホイで凌ぐかの違いです。

ホイホイでは一生ゴキブリは退治できません。

 

それが農民公務員なんだよね(笑)

馬鹿とは話したくないかな(笑)

 

 

私の児童時代は、ゴキブリが家に居ました。

当然馬鹿の東北農政局の父親の家庭でしたので、

延々ゴキブリが転居しても着いてきました。

 

これは、家主が馬鹿だから退治できないだけです。

 

ゴキブリは鼠よりも遙かに増えるのが早いです。

餌まきとか、脳が足りないのがやる行動ですね。

 

 

コレラは感染力が高い疫病ですから、

イノシシと関係無く、菌は菌で風に流れるんですね。

また、車に付けば、車で他の土地に移動する。

これが疫病の怖ろしさですね。

 

起点で完全封鎖しなければ、

疫病の駆逐には甚大な労力が必要ですね。

農奴公僕だから、世の中を舐めていたみたいです。

 

菌は、空気中で存在できる日数は決まっているだろうから、その期間でどれくらい流れるか?

それから豚へのワクチンの範囲を決めなければならないですね。

媒介接触だと、更に遠くに移動するので消毒も大切ですね。

同時に野生イノシシへの餌まきも必須です。

本来はイノシシにも全てワクチンが接種出来ればベストなわけですね。

 

農林水産省とか脳に障害がある集団だから、どうしようもないですね。

恥ずかしい限りです。

 

 

そもそも、接触で感染するのはエイズとかまでです。

法定の伝染病は空気感染です。

脳みそが足りないので、下記の説明も意味不明です。

職員は全て入れ替えた方がよろしいですね。

 

 

コレラとは

  • コレラウイルスにより起こる豚、いのししの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴です。
  • 感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大します。
  • 治療法は無く、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。
  • 世界各国に分布しているが、北米、オーストラリア、スウェーデン等では清浄化を達成しています。 

 

www.maff.go.jp

 

 

 

そもそもイノシシと豚舎の豚が

どうやってダイレクトに接触するのよ(笑)

馬鹿共にその媒介を教えて頂きたいものだ。

 

農民公務員はもう一度、

義務教育からおさらいした方がいい。

公務員は敷居が高かった。

 

 

そもそも、東北農政局パルいずみまで繋がりがあったそうですか。

東北農政局も私の監禁に関与していたみたいです。

こんな仕事が出来ない土民共が権力の濫用ですね。

 

 

 

下記で、最大3フィート(91cm)と書いていますが、

それって1秒ならないよね。

デタラメでしょ。

どうでもいいですね。

そんな瞬時に菌が死にます?

 

 

役に立たない税金泥棒共のせいで、生産農家が不幸だ。

私ならばこんなことはしない。

 

 

 

伝染病(でんせんびょう)は、病気を起こした個体(ヒトや動物など)から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大する感染症の一種である。感染経路の究明が進んでいない近代までは、ヒトや家畜など特定の動物種の集団内で同じ症状を示す者が短時間に多発した状態(集団発生・疫病)を指していたため、現在でも「集団感染」との混同が見られる。

日本において「伝染病」の語は医学分野よりも「家畜伝染病予防法」など法令において限定的に用いられており、同法では「法定伝染病」や「届出伝染病」などの語で使用されている。過去には「伝染病予防法」という法律名にも使用されていたが、1999年感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律感染症法)の施行により廃止され、法文中の「伝染病」の文言は「感染症」に改められている(経過規定の条文などを除く)。同様に、旧・学校保健法の施行規則に見られた「学校伝染病」の語も2009年4月施行の学校保健安全法の施行規則で「感染症」に改められ、一般に「学校感染症」と呼ばれている。

東洋医学では賊風の証が近い概念である。

 

伝染の形式[編集]

伝染形式の主な例を挙げる。詳細は感染経路を参照

個体同士の接触[編集]

接触感染と呼ばれる。皮膚同士のふれあい、または手すりや聴診器など物体の表面を通じての間接的なふれあいで病原体が皮膚に付着し感染が成立するもの。疥癬をはじめ、性感染症の多くも含まれる。医療現場ではMRSAなどの薬剤耐性菌の伝染の主要な経路である。

糞から出た微生物を口から摂取[編集]

糞口感染と呼ばれる。感染動物由来の肉や、糞便で汚染された水などの経口摂取により感染が成立する。前者の例としてBSE、後者の例として病原性大腸菌O157など)やサルモネラが挙げられる。

微生物が付着した飛沫(ほこり)を吸う[編集]

飛沫感染と一般的に呼ばれる。粒子が5マイクロメートル以上と大きく重い微粒子で、90センチメートル未満までしか到達しないものをいう。くしゃみで放出された体液の飛沫が病原体を含んでいて、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立する。風疹ウイルスを始め、上気道炎症状を伴うウイルス感染症の多くがこの形式をとり、SARSの原因となったコロナウイルスについても、この経路が主体だと考えられている。

空気中に浮遊した微生物を吸う[編集]

空気感染と呼ばれる。または医学的に飛沫核感染とも呼ばれる。空気中に飛散した病原体が、空気中で飛沫の水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となっても病原性を保ったまま、単体で3フィート(91センチメートル)以上浮遊する。麻疹水痘結核は、主この形式で伝染し、コロナウイルスでも可能性は示唆されている。

動物を媒介する[編集]

他の動物(特に節足動物)が媒介者(ベクター)となって、伝播することで感染が成立するもの。その病原体の生活環の一環としてベクターの体内で発育、増殖しそこから感染する場合と単にベクターの体表面に付着した病原体が機械的に伝播される場合(機械的ベクター感染)とがある。前者の事例としてはによる日本脳炎マラリアなどの媒介、シラミによる発疹チフスの媒介などが挙げられる。後者の例としてはハエによる病原大腸菌O157赤痢菌の媒介、鳥インフルエンザの鶏舎間媒介が挙げられる。

 

 

伝染病(でんせんびょう)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85-102513

 

 

 

 

 

コレラへのワクチン接種、是か非か=農家と農水省に温度差-輸出影響懸念も

2019年02月16日16時00分

 家畜伝染病「豚コレラ」の感染拡大が止まらない。発生地周辺の養豚農家からは一刻も早い豚へのワクチン接種を求める声が上がるが、いったん接種すれば豚肉の輸出に影響が出るなどの理由で政府は「時期尚早」の立場を崩していない。ただ、これ以上豚コレラの封じ込めにてこずれば、ワクチンの使用が現実味を帯びそうだ。
 「明日はわが身」。静岡県養豚協会の中嶋克巳会長らは15日、吉川貴盛農林水産相に対し、ワクチン使用に踏み切るよう強く求めた。今月に入り豚コレラが頻発する愛知県田原市は、静岡県との県境にほど近い。「経済圏は同じ。感染し、殺処分になれば農家は再起不能だ」(中嶋会長)と訴えは切実だ。
 しかし、農林水産省は「ワクチンは最終手段」(吉川農水相)と、使用に否定的だ。ワクチン接種の対象地域に指定されれば、感染していない養豚場も接種しなくてはならない。ワクチンを接種された豚肉はイメージ悪化により販売に影響が出る可能性もある。
 またワクチンを使用すれば、国際ルールが定める「清浄国」でなくなり、多くの国が日本からの豚肉輸入を制限するのは必至だ。過去には全国的な接種により感染を予防していた時代もあったが、農水省は政策を転換。1996年から11年かけてワクチンに頼らず清浄化を達成した経緯がある。農水省幹部は「せっかく得たステータスを返上してまで使用に踏み切るべきなのか」と慎重だ。
 そもそも農水省は、これまでの感染養豚場では、長靴を履き替えないなど基本的な衛生管理ができていないケースが多かったとし、管理徹底により感染拡大を防ぐ余地があると考えている。だが、「これ以上ないほど取り組んでいる」(養豚農家)と、目に見えないウイルスと殺処分におびえる農家との温度差は大きい。
 一方、中国では豚コレラより強力な「アフリカ豚コレラ」がまん延している。いつ日本に上陸してもおかしくない状況だが、この病気には有効なワクチンがない。「今こそワクチンに頼らない衛生管理を」(与党議員)との指摘もあり、混迷は深まっている。

 

コレラへのワクチン接種、是か非か=農家と農水省に温度差-輸出影響懸念も:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021600455&g=eco