マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

7月16日 あとは私は極力通りたくもない県道22号線の仙台北郵便局で、バス専用レーンでの通行帯違反取り締まり

 

  7月16日のニュースです。

 

県道22号線である県道仙台泉線は、

私は走りたくもない道路ですね。

 

 この道路は、

1998年12月に私が事故で入院することになった、

不吉な県道ですね。

 

結局、宮城県庁と言うブラック組織で

働いていた果ての事故であり、

馬鹿の相手をしなければ事故らない。

それだけの次元。

 

県道22号とか、

太陽活動周期22年かよ、死ねって感じです。

馬鹿の相手はご免。

 

現行で、私は45km/h以下くらいで走っているので、

他の原付にバンバン抜かれます。

 

糞みたいな道路を走るのは苦痛ですね。

 

 

私は馬鹿の相手はしないで、

サクサクと身辺整理の梯子外しです。

みんな官側に厄災が起きて、仙台藩が睨まれて完了。

 

こちらは裁判が完了すれば、土地を捨てて逃げていく。

 

延々と仙台藩は白い目で観られるのでしょうね。

お似合いの土地ですな。

 

 

 

 

 

 

宮城のニュース

バス車線の規制しっかり守ろう 仙台北署、取り締まり

違反車両を取り締まる署員=16日午前8時5分ごろ(写真の一部を加工しています)

 仙台北署は16日朝、仙台市青葉区の県道仙台泉線で、交通違反車両の取り締まりを実施した。
 署員11人が約2時間、青葉区台原の仙台北郵便局前で、バス専用となる車線を走行する一般車両を取り締まり、通行帯違反28件を摘発した。
 同線は平日午前7~9時、青葉区昭和町泉区八乙女間の約3.6キロで、通行車両がバス専用に規制される。取り締まりは交通ルールの順守を求める地域住民の声を踏まえ実施した。
 仙台北署の藤原誠交通課長は「定期的に取り締まることで、バスの走行路線と安全確保を図りたい」と話した。


関連ページ:宮城社会

2019年07月18日木曜日

 

 

 

バス車線の規制しっかり守ろう 仙台北署、取り締まり | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190718_13040.html