マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【これがテレビ】堀ちえみに誹謗中傷で書類送検の件で『とくダネ』が自宅に直撃取材、「デリカシーない」と批判【テレビこそが迷惑】

 

 7月16日のニュースです。

 

ブログへの駄文で書類送検になったわけですが、

普通に考えて一番迷惑をかけているのがテレビそのものでした。

 

なんと癌患者宅に押しかけて多大な迷惑をかけていたわげですね。

 

ブログの雑念なんて、癌患者が一々チェックもしないだろうし、

既に本人抜きで、関係無いのが喚いているだけですね。

 

嫌な業界だと感じました。

 

 

私は被告の言い分もよく理解出来ます

私はそもそもヘビー2chねらでしたので。

 

2chではそもそも「タヒね」は死ねの隠語で、

ネットではセーフの見解だと思います。

そんなので書類送検されるのにこちらも驚きでした。

 

私は5chはもう全然書かなくなりましたが、

いずれ実名相手ブログに書かない。

一番いいのはテレビを観ないことですね。

 

私は、5chでの罵倒のしあいは好きです

あれってディベートですからね。

誰でも負けると死ねって書いちゃいますが。

敗者側の特徴です。 

 

 匿名での本音のぶつけ合いはいいですね。

実名の下らん所に一々書く物でもないと思っています。 

 

最初から性格に耐性がないからすぐに通報なんですよ。

そんな器の芸能事務所だと言う事です。

 

 

結局、芸能界はテレビの電波のみでやればいいのに、

構って欲しいからネットに進出して、

素人丸出しでこんな展開ですからね。

 

別に関係無いメディアに無理して出てきて、

売名繰り返さなくてもいいのにね。

 

これは癌患者叩きではなくて、業界への話です。

 

芸能人の皆様は、

ストーキングされたいの?

芸を観て欲しいの?

 

区別はしてほしいね。

振る舞いに問題があるんでしょ。

 

私もネットでの敗走は何度でもありましたし、

耐性がないのがなぜSNS等をするのかが理解出来ん。

素人が洗礼を浴びただけで通報とか、もっと大人になって欲しいですね。

 

 ネット全体で見れば、

癌患者への「タヒね」はモラル的には完全アウトですが、

書類送検なのが行き過ぎて凄いですね。

馬鹿な素人テレビはネットに来ないでくださいととても感じます。

 

 ネットデビュー前に下積みは必要なのでは?

テレビも映るまでの下積みは大変だと思います。

 

ネットはすぐにクレームが来る。

それに耐えるタフな精神がなければ、辞めた方がいいです。

ガラスの心でSNSはしないでください。

 

 

 

堀ちえみに誹謗中傷で書類送検の件で『とくダネ』が自宅に直撃取材、「デリカシーない」と批判

 リアルライブ

 

堀ちえみに誹謗中傷で書類送検の件で『とくダネ』が自宅に直撃取材、「デリカシーない」と批判

 今年2月、ステージ4の舌がんであることを公表したタレントで元アイドルの堀ちえみ。そのブログに、誹謗中傷のコメントを書き込んだ北海道在住の50代の主婦が脅迫容疑で書類送検された。その女性は、堀の記事に対して「死ね消えろ嘘ばっかり」「馬鹿みたい死ね消えろデブ」「癌なのにあちこちで叩かれて笑えるわ」などと心無い言葉を繰り返し投稿していた。

 「そこで、16日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)が、その女性に取材していました。ところが、彼女は謝罪の言葉もないばかりか、『(書き込んだのは)何百回もしたわけじゃないんですかよ。10回かそこらですよ?』と開き直り、「2ch(現・5ちゃんねる)とかにはもっと凄いこと書いてますよ』『私、土地勘ないですから東京に。『殺しに行く』とかだったら分かるんですけど、『死ね』でも脅迫になるんですねって感じで』と、罪悪感のかけらは見られませんでした」(芸能リポーター)

 だが、この後『とくダネ!』は、さらに一歩踏み込んでしまう。

 「誹謗中傷を受けた堀の心境を聞き出すためでしょう、『とくダネ!』専属の平野早苗リポーターと、『直撃LIVE グッディ!』(同系)の大村正樹リポーターの2人が、堀が車で自宅に帰ってきたところを直撃していました。ナレーションでは、『取材に応じてくれた』と堀が友好的だったように紹介し、かつ、『こんにちは〜、堀さんご無沙汰しております』と、和やかにマイクを向けてはいましたが、どう考えてもアポなしのようだったようで、堀は突然の訪問に驚いていました。さらに、リハビリ中ということもあり、最低限の受け答えのみで、明らかに喋りづらそうでした」(同)

 独自取材を、と考えた結果のインタビューではあっただろうが、SNS上では、そんなデリカシーのない姿勢に対し、批判の声も。「リハビリ中なのを知っているのに自宅まで押し掛けて堀ちえみに直撃するとくダネも馬鹿?」「とくダネ 脅迫書き込みの主婦は論外として、わざわざ堀さんの自宅前で、本人に傷つきましたか?なんて聞く必要あんのかな」「わざわざ堀ちえみの自宅に押しかけるマスコミもどうかと…」などと炎上した。「正義」の線引きを考えてほしいものである。

 

堀ちえみに誹謗中傷で書類送検の件で『とくダネ』が自宅に直撃取材、「デリカシーない」と批判(1ページ目) - デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1925618/

 

 

堀ちえみさんブログ「誹謗中傷」した50代主婦の態度が凄いと話題に

編集

舌がんの公表をし闘病生活を送っている堀ちえみさんのブログに、心のない書き込みをした女性がネットでも話題となっております。本日放送されたフジテレビの「とくダネ!」にその書き込みをした女性が書類送検されたというニュースが報じられたのですが、送検されたにもかかわらず想像を絶する態度だったようです。

堀ちえみのブログに

 

問題の女性は、がん闘病中の堀ちえみさんのブログに悪質な誹謗中傷を行ったとして書類送検されたと報道されております。

しかし、書類送検されたにもかかわらず「脅迫になるんですねって感じ」と開き直っているということで、ネット社会の現実を目の当たりにした視聴者は言葉を失っているようです。

 

しかし誹謗中傷は確かに多くの方が行っており、該当する女性だけではないのも現状。この女性が書類送検されたからと言って根絶するわけではないのは確かなのですが、今回の50代女性は元々堀ちえみさんのことを適ししておらず、ネットの情報を鵜呑みにし、次第に批判的な感情を抱いてしまッタということです。

ネットの情報から、相手に批判感情を抱き「こいつは悪だ」と思う傾向はこのネット社会ではよくある「確証バイアス」の一つではあるのですが、この方だけでなく我々も知らず知らずのうちに侵されている危険性があります。

以前、ブログ欄に個人名を書くだけで逮捕される可能性があると話題になりましたが

いずれにせよこのような方が世の中にはたくさんいることは承知置きしたいものです。

 

堀ちえみさんブログ「誹謗中傷」した50代主婦の態度が凄いと話題に | 秒刊SUNDAY
https://yukawanet.com/archives/hori20190716.html