マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

フランスの占星術師「ミシェル・ノストラダムス」の予言とは

 

 これ、簡単に分かりますよね。

 

 

空から恐怖の大王が来る。

その後はなんと書いてあります?

 

アンゴルモワの大王が蘇り、ただ制圧されるだけだ。

何処にも滅亡なんて書いていません。

 

 

 

敵対勢力の悪魔が勝手に滅ぶだけですね。

 

 

これね、恐怖の大王がアンゴルモワの大王を

火星の前後に支配する

 

火星とは秋葉神社の事ですか?

 

現実、その恐怖の大王である山田奈緒子は、

もうこの世に居ません

 

また、私はエネルギー放出は取りやめて、

仮装死ですね。

 

エネルギーは出しても出さなくても

こちらの精神には影響ございません

 

 

既に全部変わっていますね。

 

とっくに解析されています。

稚拙です。

 

 

そもそも、東日本大震災前に、

いつ私が死ぬか?

そんな噂は出ていましたよ。

私はみんな聴いているからね。

絶対に忘れないので。

 

それで私が仮装死したのだから、

有り難い事じゃないか。

 

あとは盗みに来れば殺される。

みんな望んだことですね。

キリスト側が。

 

 

賠償金だけはきっちり支払って頂く。

  

あとは、自分たちでした過ちは、自分たちで償うだけですね。

 

 

 

 

1999年、7か月、空から恐怖の大王が来るだろう、

アンゴルモワの大王を蘇らせ、

マルスの前後に首尾よく支配するために。

 

 

 

 

詩篇第10巻72番[編集]

L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois
Du ciel viendra un grand Roi deffraieur
Resusciter le grand Roi d'Angolmois.
Avant apres Mars regner par bon heur.
1999年、7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモワの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。

 

この詩が20世紀以降に大きな話題となったことはよく知られている。キーワードとなる「恐怖の大王」と「アンゴルモワの大王」については各記事に委ねるとして、ここでは原文の読み方について説明をしておく。

まず「1999年7か月」であるが、1999年7月と読まれることがしばしばある。そういう読み方も可能であるが、その場合、当時はユリウス暦の時代であったために現在のグレゴリオ暦に換算する必要があると指摘されている。ゆえに1999年7月の範囲は、グレゴリオ暦では1999年7月14日頃から1か月のこととなる。8月11日にはヨーロッパの一部などでは皆既日食が見られたため、そのことと結びつける論者もいる[83]

次に「恐怖の大王」であるが、「支払い役の大王」と読むべきだとする指摘もある[84]。これは、上に引用したように1568年版の原文で "un grand Roi deffraieur" と書かれているためである(通常「恐怖の大王」と訳される原文は、"un grand Roi d'effrayeur" となっている)。

上の1568年版の原文はリヨン市立図書館の蔵書に基づくものだが、他方で同じ1568年版でも1940年にミュンヘンで刊行された影印本では "d'effraieur" となっており、ロンドンウェルカム図書館の蔵書では "d'effrayeur" となっている。このような違いは、1568年版を刊行した業者ブノワ・リゴーが、1568年以後も「1568年」の表記を残したままで微調整した版を何度も出したためと推測されている[85]

これにより、どちらが本来の表記であるかについて、確定的な結論は出ていない。とりあえず、17世紀以降の版では圧倒的に "d'effrayeur" の表記が多く、"deffraieur" がほとんど引き継がれなかったのは事実である。

四行目は上で示した読み方のほか、不定形のregner を三人称直説法単純未来 regnera の語尾音省略と見なして Mars を主語にとり、「前後に、マルスが首尾よく統治するだろう」と訳されることもある[86]。この場合、2行目の「来るだろう」の目的を表すのは3行目の「甦らせる」のみになる。

また、マルスローマ神話の軍神であるが、フランス語では「火星」「3月」の意味もある。軍神の意味だったとしても、言葉通りの意味のほかに「戦争」の隠喩として用いられている可能性もある。

このような重層的な理由により、文学者や歴史学者たちの間でもこの詩の読み方が確定しているとは言い難い状況である。

 

ja.wikipedia.org