マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【持続可能賞名誉賞・奥山恵美子】7月10日気温18℃ ドイツ・メルケル首相が再び式典の公務で全身を激しく震わせる、これで3度目【12月6日 仙台市営地下鉄東西線】

 

 7月10日のニュースです。

 

ドイツのメルケル首相が再び体を震わせたそうですよ。

山口組みたいなのに憑かれているんですかね。

 

いずれ私は仙台藩の相手はしていません。

ドイツ地ビール仙南シンケンファクトリーとか、恥さらしの土地ですな。

よくやったもんだ。

 

たぶん、仙南ドイツの地ビールは、

鳴子・鬼首でも必ず振る舞っていると私は思いますよ。

 

 

私が鳴子や仙南シンケンファクトリーに電話することはもう二度と無いです。

全て事務処理は完了しました。

 

 

 

 

4月23日(しがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から113日目(閏年では114日目)にあたり、年末まではあと252日ある。誕生花はハナミ
ズキ、ボタン。

 

1869年(明治2年3月12日) - 明治天皇が歴代天皇で初めて伊勢神宮に参拝。

1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ国防軍アテネ侵攻に伴い、ギリシャ政府と国王ゲオルギオス2世が亡命。

1949年 - GHQが日本円とアメリカドルとの交換レートを1ドル=360円に決定。

1993年 - 今上天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問。

2007年 - 航空自衛隊の練習機T-3がこの日をもって全機退役。


地ビールの日(日本の旗 日本)
日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定し、2000年から実施。1516年のこの日、バイエルン公ヴィルヘルム4世が
「ビール純粋令」を発布したことにちなむ[1]。ドイツではこの日が「ビールの日」になっている。


シジミの日(日本の旗 日本)
日本シジミ研究所が2007年に制定。「し(4)じみ(23)」の語呂合わせ。


4月23日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%9C%8823%E6%97%A5

 

 

 

メルケル独首相、また震え=3度目、健康懸念強まる

2019年07月10日20時50分

10日、ベルリンで公務中に体の震えを抑えようとするドイツのメルケル首相(手前左)(EPA時事)

 【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(64)が10日、公務中に全身を激しく震わせる症状を見せた。同様の症状が出たのは約3週間で3度目で、健康状態への懸念が一段と強まりそうだ。

メルケル氏、また公務中に震え

 メルケル氏は同日昼にベルリンで開かれたフィンランドのリンネ新首相を歓迎する式典で、起立して国歌の演奏を聞いている最中に体を震わせた。式典は屋外で行われ、気温は18度程度だった。メルケル氏は直後の記者会見で「調子は良い。心配はいらない」と健康への不安を否定した。

 

 

メルケル独首相、また震え=3度目、健康懸念強まる:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071001124

 

 

 

 

メルケル氏が3度目の「発作」中につぶやいた言葉

©株式会社全国新聞ネット

太田清

47NEWS編集長

 
10日、ベルリンでフィンランドのリンネ首相(左)の歓迎式典に参加したドイツのメルケル首相(AP=共同)

 ドイツのメルケル首相(64)と言えば、同国初の女性首相として2005年に就任、以後長期政権を続け日本を含む先進7カ国(G7)のリーダーの中では最長の在任期間を誇り、ドイツのみならず欧州の政治にも大きな影響力を持つ政治家だが、体全体を小刻みに震わせる「発作」を繰り返し起こし健康不安が懸念されている。 

 ロシアのニュースサイト「ガゼータ・ルー」によると、同首相は10日、フィンランドのリンネ首相を招いたベルリンでの式典に参加した際、立っている間に体全体を小刻みに震わせた。首相がこの際に何かをつぶやいている様子がテレビに写り、その内容が関心を呼んだが、読唇術の専門家はドイツのラジオ局「アンテネ・バイエルン」に対し、首相が「Ich schaffe das=私は(自分で)できる」と語ったことを明らかにした。 

 「助けを借りなくても、自分で事態に対処できる」ことを言いたかったのかもしれないが、読唇術の専門家の意見を聴くほどにメルケル氏の健康問題は関心を集めている。メルケル氏が最初に体を震わせたのは、ウクライナのゼレンスキー大統領を招いて6月18日にベルリンで行われた式典。炎天下の屋外だったこともあり、首相は後に「(式典後に)少なくとも水を3杯飲んだ。今は大丈夫」と脱水症状が原因だったと強調、横にいたゼレンスキー大統領も「彼女は絶対大丈夫」と“援軍”を送った。 

 ところが、27日にドイツのシュタインマイヤー大統領が臨席しての式典では屋内だったにもかかわらず、また体が震えだし、そばにいた男性が水を差しだしたがこれを拒否した。 

 相次ぐ異変に健康不安説は強まるばかりだが、同国の著名医師クリストフ・シュペヒト氏は脱水症状というのは主要な原因ではなく、考えられる震えの理由として①糖尿病患者に起こる低血糖状態②抗うつ剤の副作用③血液循環の問題④甲状腺の機能亢進―などのほか、高齢に伴う起立時の震えの可能性を挙げた。 

 メルケル氏の異変は震えだけでない。20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて行われたプーチン・ロシア大統領との首脳会談では一瞬、方向感覚を失ったようなそぶりを見せ、プーチン氏に促されて自分の席に座った様子がテレビで放送された。11日にベルリンを訪れたデンマークのフレデリクセン首相との式典では、両首脳は国歌演奏中も着席したまま。メルケル氏の震えに配慮した可能性が指摘されている。 (共同通信=太田清)

 

 

メルケル氏が3度目の「発作」中につぶやいた言葉 | 47NEWS
https://this.kiji.is/522244645499634785