マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【世界最大180mm・018(令和)・国道108号線】ヘラクレスオオカブト【ギリシャ神話・ヘラクレス】

 

 これについて、ネット百科事典で確認してみました。

それについて書きます。

 

現行での世界最大(ギネス)のものは、下記に記されている、

2016年11月27日羽化181mmヘラクレスオオカブト「神聖」だそうです。

 

181とか、私の生誕日である8月11日の入れ替えた数字みたいですね。

 

11月27日は、大方国旗国歌法の8月13日を決定するに辺り、

当時に調べた結晶である「西洋神名事典」の発売日と同じです。

これは本当であれば偶然なのでしょう。

 

 

 

 

ヘラクレスオオカブト

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
ヘラクレスオオカブト
Dynastes hercules hercules01.JPG
湿気が多いと翅が黒くなるが、
乾燥すると黄色ベースに黒の細かい斑点模様となる
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ヘラクレスオオカブト属Dynastes
: ヘラクレスオオカブト
学名
Dynastes hercules
(Linnaeus1758)
和名
ヘラクレスオオカブト
ヘルクレスオオカブト
英名
Hercules beetle

ヘラクレスオオカブト(学名Dynastes hercules)は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科カブトムシ亜科・真性カブトムシ族・ヘラクレスオオカブト属に分類される昆虫カブトムシ)の一種である。

世界最大のカブトムシとして知られ、最大個体は全長180mm(ミリメートル)以上に達する[1]。種小名はギリシャ神話最大の英雄ヘラクレスに由来する[2][3]

形態[編集]

[編集]

オス成虫は頭角・胸角が共に長く、体長とほぼ同寸の角を持つ個体もいる。カブトムシ類に限らず、甲虫類全体で見ても世界最長の種とされ[4][5]、胸角を含めた全長は最大180mmを越える[6][1][7]が、自然下において確認されている最大個体は172.7mmである。日本のカブトムシと同じく、メスの成虫には角がない。

2017年現在、飼育下での最大数値(ギネス個体)は、滋賀県高島市で南米原産カブトムシ・観葉植物の販売店『Amazonico』を営む男性が[8][6]、2016年11月27日に羽化させた[1]、原名亜種・ヘラクレスの「Amazonico血統」、全長181.0mmの個体「神聖」である[6][1][7]。この男性は他にも、同血統から全長179.0mmの「雷霆」(らいてい、2016年11月14日羽化)[9]、全長178.4mmの「光明」(2016年12月29日羽化)を[10]、それぞれ作出している。なお、計測は胸角先端から上翅先端までであり、可動部である尻(正確に腹)は含まない。

なお、それ以前に確認された最大個体は、以前も最大記録を打ち立てたことがある愛好家の、宮崎県延岡市ブドウ農家男性が作出した、同じく原名亜種・ヘラクレスの174mm個体で[11]、さらにそれ以前の記録は、むし社(本社・東京都中野区)の調査によれば、同じく原名亜種・ヘラクレスの171.8mmだった[12]

胸角と頭角はそれぞれ胸部と頭部についており、頭角は上下に動かすことができる。ヘラクレスオオカブトは相手の腹の下に胸角を入れ、頭角と挟み、持ち上げて投げる。胸角の内側に生えている褐色の毛はすべり止めの役目を持つ。

産地や亜種によって様々な形状の特徴があり、胸角の太さや頭角突起の形状などで亜種を判断できるが、中には産地の重なる亜種もあり、特徴の目立たない個体もいる。

小型の個体だと、胸角や頭角の特徴での判断が非常に困難。

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

西洋神名事典

西洋神名事典

シリーズ名:Truth In Fantasy
著者:山北 篤
定価:本体2,500円(税別) 
A5 379ページ 
ISBN 4-88317-342-9
発行年月日:1999年11月27日
在庫:品切れ
電子書籍版あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の紹介

ギリシア、ローマ、北欧、ケルト、スラブ、フィンランド、エジプト、バビロニアユダヤ・キリスト・イスラム教、アフリカ、ネイティブ・アメリカ、マヤ、アステカ、インカ…。西洋神話体系を中心としながら、さらには創作神話の神々までもピックアップ。主要神話の解題付。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com