マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【メキシコ原産・マヤの太陽の終了】滋賀県守山市でサボテン「アガベ・マクロアカンサ」が100年振りの花を咲かす【スペインの太陽・豚コレラへ前進】

 

 7月9日のニュースです。

 

なんと滋賀県マヤの太陽の消滅のニュースです。

 

そもそも、メキシコの伝承では、

サボテンに鷹が止まった場所に首都を創設せよ」と言う予言になっておるそうですよ。

ですので、サボテンが枯れた滋賀県鷲が来るわけがない

 

だからマヤの太陽はない。消滅という事だと思われます。

 

ただ、ニュースの写真は、サボテンには見えないのですが、

なぜ「アガベ」になったか、こちらが知るよしもございません(笑)

 

 

 

 

メキシコ国旗は緑、白、赤の縦三色の中央に国章を配した旗。緑は「民族の運命における国民の希望」、白は「カトリックや宗教的な純粋さ」、赤は「国に殉じた愛国者の血」を表しているという。中央の国章1325年アステカの首都「テノチティトラン(現在のメキシコシティ)」の創設を示している。

なお、国章の「湖の中央の岩に生えるサボテンをくわえたがとまっている」図は、アステカ神話にあった「そこに首都を創設せよ」という予言を示している。国旗中の国章のデザインは1821年11月2日の制定以来何度か変更されている。

ja.wikipedia.org

 

 

 

yurupu.com

 

 

100å¹´ã«ä¸åº¦ããå²ããªãâã¢ã¬ãâéè± æ»è³ å®å±±

100年に一度しか咲かない“アガベ”開花 滋賀 守山

最長で100年に一度しか花が咲かないと言われる多肉植物アガベ」が滋賀県守山市で開花しました。

アガベ・マクロアカンサ」はメキシコ原産の多肉植物です。

守山市にあるサボテンなどを扱う園芸店がおよそ1年半前に仕入れました。

アガベは数十年から100年に一度しか花が咲かないという珍しい性質をもち「センチュリープラント」と呼ばれています。

ことし2月ごろから開花の兆しとなる茎がぐんぐんと伸び始めました。

そして、今月に入って茎から伸びた枝の先端から黄色い花を咲かせたのを店主が確認しました。

花びらはなく黄緑色の房から黄色いめしべとおしべが3、4センチほど伸びています。

花が咲くのは一生に一度で咲き終わると全体が枯れてしまうということです。

滋賀県湖南市から訪れた男性は「100年に一度咲くと聞き、珍しさで来ましたが、見られてよかったです」と話していました。

店主の廣政康孝さんは「初めて開花を見たのでとてもうれしい。あと少しで枯れてしまうが多くの人に見てほしい」と話していました。

 

100年に一度しか咲かない“アガベ”開花 滋賀 守山 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190709/k10011987741000.html

 

 

 

トナティウ
Tonatiuh
地域・カテゴリ
地域一覧 中南米 アステカ神話
説明
メソアメリカ中央部における太陽神。

クアウートレウアニトル(Cuauhtlehánitl=「天に昇る鷲」)とクアウテモック(Cuauhtémoc=「降りる鷲」)の姿で顕現する。
配偶神はヨワルテクートリ。
とくにメシーカ・アステカ人(一般にアステカ人といわれるメキシコ盆地に移った最後の部族)にとって、
若い戦士としての戦神ウィツィロポチトリと結びついていた。
さらにヨワルテウクティン(夜の神々)の3番目として、
若々しいトナティウの姿をとるピルツィンテクートリでもあった。
サポテカ神話の「コピーチャ(Copijza)」に相当する。

トナティウは生命の供給者であり、神話の中で5回変わった太陽のうち現在天上にある第5の太陽そのものであり、
アステカの20ある暦日(センポワリ)の19日目である」「キアウィトル(Quiáhuitl=「雨」)の守護神であり、

さらにトナルテウクティン(夜の神々)の4番目でもある。
トラルテクートリやウィツィロポチトリと同様に人間の生贄を頻繁に要求する神であり、
多くの心臓と血がこの神に捧げられた。

またトナティウ自身もテクシステカトルとナナウアツィンの犠牲によって生まれた神である。
生まれたトナティウ=第5の太陽はそのままでは動かず、生贄の血を要求した。
これをなだめるために神々はケツァルコアトルを呼び、彼の黒曜石のナイフで自分達の心臓を取り出させた。


トナティウ(Tonatiuh) - 神魔精妖名辞典
http://myth.maji.asia/amp/item_tonathiu.html

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com