マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【東北熊襲は無関係です(笑)】 メキシコ国立自治大学の博士課程学生「ラファエル・ゴンザレス」が 2000年以上にわたって科学者を悩ませた「レンズの収差問題」を解析か? 【99%の努力と1%のひらめき】

 

 7月8日のニュースです。

 

リンク先の最初のニュースの日は7月3日になっているみたいですね。

 

このゴンザレスと言う名は、「クロノ・トリガー」に出てくる名前です。

クロノ・トリガーの音楽は、当時から私が聴きまくっている名曲ですね。

 

クロノ・トリガーは、自分で地球の未来を変えるゲームですね。

だから現行で私のスマホの着信音楽は「クロノ・トリガー」なんですね。

強い思い入れがあると言う事です。

 

youtu.be

 

f:id:masafree:20190706122139j:plain

f:id:masafree:20190708210052j:plain

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

最近は、私はレンズと言えば眼科の通院の日々でした。

4月下旬からですね。

メガネを意識していたこの2か月強です。

 

色々と眼科通院がはまっています(笑)

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

いずれさ、仙台藩は終わりだから自覚しろ!!

それだけだね。

 

 

仙台は順風ではなく逆風だから、死んでいいよ。

たまたまメキシコに、私の良い気分の所が流れたかもですね。

 

いずれ当人の成果だから、私のおかげとは言わない。

ただ絡んでいる現実があるだけですね。

 

私から見れば、素人から見れば、

「頭良すぎる!!」と言う感想だけで、

画像の数式見ても、さっぱり分かりません(笑)

 

現行で、仙台の汚物の七夕を飾ったメキシコシティですから、

私はメキシコはぱっとしないのだが、

ただそんな生まれなのでメキシコ国旗の帽子はかぶり続けているんですね。

 

辛うじて運が舞い降りたみたいです。

 

 

 いずれ、堤防が崩れた塩竃神社なんて、

相手する訳がない。

沈んだ神社。愚か。

 

昨年に仙台港重油を1000L垂れ流した

馬鹿神社に効能がある訳がない。

 

こんなニュースがあると、

便乗する糞宗教があると聞いて(笑)

 

 

 

解決手段

2018年まで早送り、3年(招待されたラファエルG.ゴンザ・レズ)の間この問題を解決しようとしていた、Héctor A.Chaparro-Romo、メキシコの国立Autonomous大学の博士号を有する学生(UNAM)-Acuñ、Tecデ・モンテレーからの博士号を有する学生(彼が問題を解決するのを援助するために)。

最初は、ゴンザ・レズは、資産を彼が千年間(問題を解決するためにしようのない)であるのを知っていたものにつぎこみたくなかった。しかし、Héctor Chaparroの主張と同時に、彼は挑戦を受け入れることに決めた。

問題を解決することに取り組む月の後、ラファエル・ゴンザ・レズは思い出す。「私はNutellaで自分自身に1切れのパンを作っていたのをある朝思い出す。そのとき、突然、私は以下のように声に出して言いました:母!それは、そこにある!」

(注:「母」は、もちろん、多くのおかあさんを意味するスペインの語だ。それが英語で表現「神聖なsh*t!」に等しい、または、より小さい範囲で、ギリシア語で「わかった!」、この文脈において。)

それから、彼はコンピュータに駆け寄って、考えをプログラムし始めた。解決を実行して、それが働くのを見たとき、彼はいたる所にとんだと言う。彼がNutellaパンを食べ終わったかどうかは、不明だ。

その後、デュオはシミュレーションを走らせて、500の光線で有効性を計算しました、そして、すべての例の結果として生じる平均的賠償は99.9999999999%だった。彼らがまだレンズ・ブランドの間で鋭さ差の0.0000000001%について議論することができて、それは、もちろん、YouTubeに所属するギア評論家のためのすばらしい新聞だ。

 

 

 

 

(過去の転載)

99%の努力と1%のひらめき。

これが、トーマス・エジソンの格言ですが、

割と運と言うのは微妙なところで大きく働くので、

おろそかにすると失敗し続けます。

 

エジソンの格言は、努力すれば報われると誰もが捉えがちですが、

実は全然違う。

 

ひらめきと言う運が舞い降りて来なければ、99%の努力は水泡に帰す。

そういう格言です。

やはり努力し続けてあえて発明に辿り着いた、

その運命に喜んでいた当時の当人なんだろうと思います。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

(転載終わり)

 

 

(過去の転載)

大杉神社の祭神は下記の通り天狗であり、

その妖力により奇跡を起こして人々を救ったとされ、

その職域は海上交通及び疱瘡であり、

結論としては「運」を操る神様であると言うことです。

 

であるからして、私もそういう見えない何かを操る。

そして、地運が低下すれば、災いがその地に多く発生する。

 

だから、私の書き込みはいずれ真実になる。

 

これが、能力者と無能力者の越えられない次元の違う壁になる。

そういうのはその辺の三流神社の得体が知れない神職では不可能であり、

全く太刀打ちできない。

それが真理であり、現実であり、事象として出てくるわけです。

それが愚かな仙台の有様なわけです。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

(転載終わり)

 

 

(過去の転載)

まずは簡単に壬子のプロフィールから説明していきましょう。 干支番号は49、性格を一言で表すとパワフルな自由人枠にハマることのないスケールの大きな人、とくに女性は強運です。 長所は、プライドの高さに見合うだけの努力家であること。 口だけでなく実力を備えた人ですね♬ 短所となるのは、気ままでマイペースな面。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

(転載終わり)

 

 

 

 

サイエンス

2000年以上にわたって科学者を悩ませた「レンズの収差問題」がついに解決される

 

by Takashi Hososhima

古代ギリシャの科学者であるアルキメデスが凹面鏡で太陽光を集めて敵艦を焼き払った」という伝説がある通り、光学の歴史の始まりは2000年以上前に遡ります。そんな光学の歴史上で人類が2000年以上も解決できなかった「レンズの収差の解消」という難問をメキシコの大学院生が数学的に解決したと報じられています。

OSA | General formula for bi-aspheric singlet lens design free of spherical aberration 
https://doi.org/10.1364/AO.57.009341


Mexicans solve problem unattainable for Newton
https://www.eluniversal.com.mx/english/mexicans-solve-problem-unattainable-newton

Goodbye Aberration: Physicist Solves 2,000-Year-Old Optical Problem 
https://petapixel.com/2019/07/05/goodbye-aberration-physicist-solves-2000-year-old-optical-problem/


反射鏡やレンズに入射した光は、屈折または反射することで光軸上の1点に収束すると理論付けられています。しかし、現実にあるほとんどのレンズは加工の問題で表面が球面の一部となっているため、実際にはすべての光線を1点に集光することはできません。そのため、解像力を上げようとレンズの口径を大きくすると、像がぼやけてしまうことがあります。この光線のズレが起きる現象を「球面収差」と呼びます。


レンズの球面収差については、2000年以上前のギリシャの数学者であるディオクレスが言及していました。また、17世紀の数学者クリスティアーン・ホイヘンスは1690年に著書「光についての論考」の中で、アイザック・ニュートンゴットフリート・ライプニッツが望遠鏡のレンズの球面収差を解決しようとしたができなかったと述べています。

実際にニュートンが考案したニュートン式反射望遠鏡では、色のにじみ(色収差)は発生しないものの、反射鏡を使っているために当時では球面収差をどうしても完全に補正できませんでした。

by Internet Archive Book Images

1949年には、「完全に球面収差を解消したレンズを解析的に設計するにはどうしたらよいのか?」という問題が数学の世界で定式化され、「Wasserman-Wolf問題」として取り扱われてきました。

メキシコ国立自治大学で博士課程の学生であるラファエル・ゴンザレス氏は、以前からレンズと収差の問題について数学的に取り組んでいた一人。ゴンザレス氏によると、ある日の朝食で一切れのパンにヌテラを塗っていた時に、突然アイデアがひらめいたとのこと。「わかった!」と叫んだゴンザレス氏は湧いたアイデアをそのままコンピューターに打ち込んでシミュレーションを行ったところ、球面収差を解消できていたそうです。「あまりのうれしさに、いろんなところに飛び乗りました」とゴンザレス氏は語りました。以下の非常に複雑な数式が、レンズの表面を解析的に設計できる公式だそうです。


その後、ゴンザレス氏は同じく博士課程の学生で研究仲間であるヘクトル・チャパッロ氏と一緒に500本の光線でシミュレーションを行い、有効性を計算したところ、すべての結果で得られた平均満足度は99.9999999999%だったとのこと。以下は、ゴンザレス氏(画像右)が解析的に導き出した球面収差が解消されたレンズの図(画像左)です。


また、ゴンザレス氏やチャパッロ氏ら研究チームは、「General formula to design a freeform singlet free of spherical aberration and astigmatism(球面収差と非点収差のない自由曲面一重項を設計するための一般式)」という論文も発表し、1900年に定式化されたLevi-Civita問題も解決したと報じられています。

レンズの収差が数学的に解決されたことによって、さらに性能のよいレンズの開発や、望遠鏡や分光器の大きなブレイクスルーが訪れることも十分期待できますが、このニュースを報じているカメラ系メディアのPetaPixelは「今よりもずっと優れたレンズがどれだけ安価に作られても、製品に『写真家向け』というステッカーが貼られると、その付加価値のために何倍も高い値段が付けられるのでしょう」とレンズ市場の活性につながるかは疑問視しました。

 

2000年以上にわたって科学者を悩ませた「レンズの収差問題」がついに解決される - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190708-aberration-problem-solved/