マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【村井嘉浩・被災地復興】海外では学者も支持 「ポケモンGO」が“ひきこもり”の解決に有効って本当?

 

 7月3日にまとめられたニュースみたいですね。

 

この記事って大方間違っていないですね。

 

こちらは閉鎖前は原付で海まで観に行っていたので、

そもそも現役時代よりも外に出ていました。

なので、仙台の官の馬鹿の相手は更々しませんが。

 

私はポケモンGOは、間接殺人ゲームとけちょんけちょんに叩いて遊んでいました。

そもそも、このゲームは、ゲーマーでは大変ウケが悪く、

これをプレイしているのは別な層ですね。

大方はWiiやっていた客層です。

 

患者の性格にもよりますが、

興味を持たせて患者自身から外に出すと言うのはとても良い事でしょうね。

そんなプラス要素を与えられる人、物は少ないからね。

 

何事も、患者を外に誘導するには、その器足る人であるのが大事ですね。

屑が口を開くと終わると思います、私はね。

 

どんなものでも、楽しみを与えてくれる人が立派で、

取り上げる屑は始末すべきですな。

 

 私の親は、私から全て奪っていたので、それで私は全てが消えた

なのでそのまま仙台も全て捨てることにしました

仙台方式です(笑)

 

 

人生は遊びでは生きられないので、その年齢でやることがあるのですが、

そこから逸脱する場合の規制は親として必要なんですね。

特に児童であれば学業から逸れている場合です。

 

目的がはき違えられ、ただストレス解消で妨害する屑

親としては少数存在するんです。

そんなのって不要だから始末した方が良いんですね。

社会では価値がない人間でしかないと言う事。

 

 

一番大事なのは、相手を理解しようとしないのは、その人間に触れる必要は無い

これが全てであり、触れる資格が無いんですね。

いずれ無視されれば人として終わり。

これだけですね。

 

 

そもそも、私は転院前の病院でポケモンGO」は薦められたのですが、

その時はスマホは持っていませんでした。

私の母親は「スマホは解約しろ」派ですので。

 

現行は、グーグルアカウントがないので、当然今もこのゲームは入れて無いです。

 

 

そんな訳で、私の周りでは滅茶苦茶であり、このニュースの治療法は使えず

こちらは仙台は捨てればいいだけで、親を含めて馬鹿に期待するものはゼロですね。

 

どうでもいいから、こちらの独立の妨害だけするな、ゴミ共だけですね。

うるさいだけで、糞の役にもたたん。

 

 

私は立場立場より多角的に見るように努力しているつもりなので、

下記の様な文面が出れば、まさしくその通りと同意せざるを得ない。

仙台の官が単なる犯罪者であってもね。

 

いずれ、外出へのきっかけにして、

あとはポケモンGOではない他を見ればいいですよ。

私は最初から景色を見て散歩していましたし。

到達点はそこなので。

 

 いずれにせよ、日本の道路スマホ見ながら歩ける場所はあんまないです。

そのうち死にます。

 

知らない場所とかで、GPS連動で地図を見るとか、

そんなシチュエーションでしょうね。

 

 

 

 

海外では学者も支持 「ポケモンGO」が“ひきこもり”の解決に有効って本当?

ひきこもりの人に「ポケモンGO」をやらせると、ひきこもりを脱することができるという意見があります。本当に効果があるのでしょうか。

ポケモンGOを楽しむ人たち(2016年11月、時事)
ポケモンGOを楽しむ人たち(2016年11月、時事)

 

 長期化、高齢化が指摘される「ひきこもり」問題の解決に向けて、行政やNPOなどの専門機関を中心に、さまざまな取り組みが行われています。それらは地道なものが多いのですが、ネット上では「『ポケモンGO』をやらせたら、ひきこもりから脱出できるのでは」という書き込みもあります。ゲームの活用というのは荒唐無稽な案に見えますが、海外では「外出する目的になり、ひきこもりの改善に有効」と主張する心理学者もいるそうです。

 ポケモンGOをはじめとする位置ゲームは、ひきこもりを脱する「特効薬」となるのでしょうか。YSこころのクリニック院長で精神科医の宮島賢也さんに聞きました。

 

ゲームで親子のコミュニケーションが増え…

Q.どのような状態が「ひきこもり」なのか、世の中の認識はさまざまなように思います。公式には、どのように定義されていますか。また、ひきこもりから脱するために、現在行われている手法はどのようなものですか。

 

宮島さん「『ひきこもり』は厚生労働省の定義によると、『仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6カ月以上続けて自宅にひきこもっている状態』を指し、日本でひきこもりの人がいる世帯は、推計32万といわれています。

脱する手法としては、精神保健福祉サービスでは、ひきこもりの人やその家族への電話、来所や訪問による相談、関連施設や医療への連携といった支援を行います。精神科や心療内科統合失調症うつ病、不安障害などと診断されると、一般的に薬物療法や精神療法といった治療を行います。精神保健福祉サービスでは、ひきこもりの人がいる家族の相談も受けていますが、改善するまでに長期間かかることが問題になっています」

Q.ポケモンGOは、屋外を歩き回ってアイテムを集めるゲームの特性から、ゲーム好きのひきこもりの人が外出するきっかけとなり、ひきこもりから抜け出せるという意見があります。

宮島さん「正しいと思います。『ポケモンGO』を親子で一緒に楽しむことで、ひきこもりの解消と親子関係の改善に成果をあげた事例があります。私の師事するカウンセリングの専門家が担当した事例ですが、ゲーム好きのひきこもりの子どもがいる母親に対し、『一緒にポケモンGOをやってみたら』と提案したそうです。

母親が子どもから『ポケモンGO』の遊び方を教わることで親子のコミュニケーションが増え、子どもはゲームを教えることで自己肯定感が生まれ、自信をつけました。そして一緒に『ポケモンGO』で遊ぶために外出し、やがて子どもは1人でも外に出て行くようになったそうです」

Q.ひきこもりの解消に取り組む医療関係者や専門機関の間では、「ポケモンGO」をはじめとする位置ゲームがひきこもりの解消に役立つとして、活用する機運は高まっているのですか。

宮島さん「残念ながら高まっていません。今の医療は保険点数で誘導されるところがあり、保険点数にカウントされないものは、医療現場で活用される機運が高まりにくいからです」

Q.ひきこもりの解消に有効だとしても、熱中し過ぎてゲーム依存になるなど、副作用の恐れはないでしょうか。

宮島さん「ないと言いたいところですが、確かに副作用の可能性はあります。ひきこもりの根本原因として、親子関係の問題が潜んでいる場合があります。その場合、親子の問題をそのままにしておくと、ひきこもりは解消してもゲーム依存に移行しやすくなってしまいます。親子関係の改善にも取り組む必要があります」

Q.では、ひきこもりの解消も視野に入れながら、親子関係を改善する方法とは。

宮島さん「ひきこもりのお子さんに直接アプローチするのではなく、まず親御さんの治療に取り組む方法があります。親子関係の問題について原因をたどっていくと、夫婦関係に行きつくケースが多いです。夫婦がパートナーに対して不満を持っていると、それが夫婦関係、さらには親子関係に影響します。

そこで、パートナーの悩みや苦しみを互いに理解し合い、パートナーの本来の姿を見いだすことに取り組んでもらいます。すると夫婦関係が改善し、さらに親子関係が改善、そして、ひきこもりの解消にもつながっていくことが期待できます」

 

(オトナンサー編集部)

 

海外では学者も支持 「ポケモンGO」が"ひきこもり"の解決に有効って本当? | オトナンサー
https://otonanswer.jp/post/43424/