マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

 ドイツの哲学者 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ「足下を掘れ、そこに泉あり」「神は死んだ」

 

 ニーチェの思想と言うのは、高度で色々と考えさせられますね。

でも浅野史郎がやっていたのは単なる犯罪だ。

 

2000年の魂の政治の現行までの20年は、

まさに「神は死んだ」を進行形で続けていた。

私はこんな奴らは要らんね。

 

所詮、ちゃんと全体が見られない屑はイランじゃん。

 

キリスト教が犯罪者の山口組と組み、そして日本を荒らし、

やり放題やっていた魂の20年だね。

 

自分たちでケツを拭いて欲しいです。

 

結局、仙台から私の力が消え、そして産油国が涸れた如く

争い、殺し合いでもやってください。

 

低質な土地にはお似合いと思いました。

 

 

結局、最初から土地改良と山口組で仲良くやっていたらしいですからね。

私は提訴して金を回収すれば土地は去りますので。

 要らない土地だな。気持ちが悪いです。

 

 

折角の格言が、犯罪者を非難する駄文となり残念。

見苦しい文面失礼しました。

 

 

 

 

 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェFriedrich Wilhelm Nietzsche1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツ哲学者古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。

ja.wikipedia.org

 

 

 

足下を掘れ、そこに泉あり

この名言・格言に1票を!

+20
 
 

神は死んだ

この名言・格言に1票を!

+79
 
  
 

 

ニーチェ 名言集・ 格言│~最大級~
http://meigen.keiziban-jp.com/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7

 

 

神は死んだ(かみはしんだ、:Gott ist tot, :God is dead)は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉として、ニヒリズム虚無主義)を表す言葉として広く引用される言葉である。ニーチェによれば、神・といった虚構によって、栄養健康住居といった人生の重大事が軽んじられてきた[1]が死んだ(そして神を冒涜することも出来なくなった)からには、最大の問題は地上からだを冒涜することである[2]。地上的・身体的な人間は「超人」である[2]。一方で、超地上的・超自然的な事柄や魂といったものは、不健康な嘘とされる[2]

ニーチェは「神々の死」とも述べている[3]

ja.wikipedia.org