マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

イソップ童話 「金のタマゴを産むニワトリ」

 

 仙台は厚かましいシロアリの土地ですので、

なんかね、児童未満の動物に対する教育は不可能だと思われますが、

折角なのでブログで御紹介いたします。

 

欲を出せば「元も子もなくす」と言うお話ですね。

 

そもそも魅力無い人間には人は寄らない。

それを追いかければただの犯罪でしかない。

 

醜い犯罪者には落ちぶれたくないものです。

 

 

 

 

 

8月27日のイソップ童話

金のたまごをうむニワトリ

金のタマゴを産むニワトリ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ニワトリの折り紙にわとり   ニワトリ2の折り紙にわとり②

 

 

 

 あるところに、一羽のニワトリを飼っている貧しい男がいました。
 ある日の事、このニワトリが金のタマゴを一つ産みました。
 男はビックリして、叫びました。
「これはすごい! 高く売れるぞ!」
 ニワトリは次の日も、金のタマゴを産みました。
 また次の日も、また次の日も、毎日一つずつの金のタマゴを産みました。
 おかげで貧しかった男は新しい家に住み、おいしい物を食べ、きれいな服を着る事が出来ました。
「おれもずいぶんお金持ちになった。
 でも、おれよりも大きい家に住み、おれよりも高い服を着ている奴は大勢いる。
 ニワトリがもっとたくさんのタマゴを産んでくれればいいのだが。
 ・・・まてよ。
 あのニワトリの腹の中には、金の固まりがあるに違いない。
 そうだ、それを取り出せば、おれはもっと金持ちになれるぞ」
 男はそう思って、すぐにニワトリのお腹を切り開きました。
 でも、金の固まりなど出てきません。
 ニワトリは死んでしまい。男はすぐにお金がなくなって、また貧乏になってしまいました。

 このお話しは、欲張るのはほどほどにして、今、自分が持っている物で満足しないと、今持っている物も失う事になる事を教えています。

 

hukumusume.com