非公式夕食会で立ち話をする安倍晋三首相(左)とフランスのマクロン大統領=2019年6月26日、東京都渋谷区神宮前5丁目、内閣広報室提供

写真拡大

 安倍首相夫妻が来日中のマクロン仏大統領夫妻をもてなした26日の夕食会に、マンズワイン小諸ワイナリー(長野県小諸市)の「ソラリス マニフィカ 2012」がふるまわれた。

 トランプ米大統領の初来日の際に提供されたのに続き、日本を代表するワインとして「ナガノワイン」の実力を示した。

 夕食会では日仏の2本のワインを楽しみながら、首脳同士が交流を深めた。用意されたのは南仏ブレガンソンで作られた「シャトー・ド・ブレガンソン」と「ソラリス」だった。マクロン氏は「ソラリス」を気に入って、おかわりしたという。

 「ソラリス」はマンズワインの高級ブランドで、中でも「マニフィカ」は出来の良い年にしかつくらない特別な辛口赤ワイン。価格は税込み1万6200円だという。島崎大社長は「ワインの国フランスのマクロン大統領をもてなす場でソラリスが供されたことはたいへん名誉なこと。ワインメーカーとして大きな励みになる」と喜んだ。