マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【被災民よりも手話言語条例が大事(笑)】6月25日 宮城県議会が「手話言語条例」、6月13日 大崎市(バチカン・大崎耕土)が 障害者との「意思疎通支援での推進条例」制定へ

 

 6月13日、6月25日のニュースです。

 

まぁこいつらは提訴対象ですね。

人としては要らない、用済み集団です。

 

こちらには全く関係のない連中ですね。

あとは金銭のやりとりだけです。

 

 

まず下記の青い文字を確認すれば、

これは東日本大震災当時の

宮城県議会議長が国に出した意見書ですね。

 

その日付は東日本大震災当日から4日後でした。

 

 

はっきり申し上げます。

東日本大震災当時、

私と宮城県議会とは全く関係は無く、

私が県議会に私の名を、存在を貸した覚えはございません。

 

連中が守護数4の思想でやっていたら、

こちらはただ不気味ですね。

 

少なくても、私の思想であれば、

震災時は人命救助が優先であり、

 

障害者の意志疎通?

おにぎりくれてやるから黙って居ろ

それだけですな。

 

 

基本的に、戦争の場であれば、

例えば仲間が足を撃たれれば、

そこで見殺しにされるわけです。

そういう賢明な判断をしなければ、全滅してしまうからですね。

 

そのような優先順位が理解出来ない県議が居る現状は、

宮城県民はとても不幸だ。

 

年表には、山田奈緒子の埼玉と

スペインのドン・キホーテ

そして国連の障害者絡みが入っています。

単なる犯罪年表

 

ゴミは切り捨て。 

 

 

身体障害者自然界での淘汰と言う自然の摂理は知るべきだし、

そもそもイタリアこそが難民受け入れを拒否している。

 

経済が回らなければ障害者はあとに回されるのは当然ですね。

 

本末転倒しないように自省はして頂きたいとは思いますね。

 

少なくても私はペテン師とは会うべきではないと信じていますね。

 

障害者業界の自らの行動の蓄積で、

のちに「天に唾する」で、自分たちが捨てられないように留意すべきだね。

 

 

 

 

12月13日(じゅうにがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から347日目(閏年では348日目)にあたり、年末まであと18日ある。


1950年 - 地方公務員法公布。

2004年 - 埼玉県さいたま市内の量販店ドンキホーテ2店舗が相次いで放火され従業員3人が焼死。(ドン・キホーテ放火事件

2006年 - 国際連合総会が障害者権利条約を採択。

 

12月13日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%8813%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

 

障害者の社会参加を促進する情報・コミュニケーション制度の充実を求める意見書


聴覚障害者は、「聞こえない」、「聞こえにくい」という状況の中、周囲の人たちとのコミュニケーションがとりにくいために、社会生活のあらゆる場面で様々な情報の取得に支障を来している。例えば救急車を呼びたくても119番通報をすることができず、病院においても医師や看護師に症状をきちんと伝えられない場合がある。地震などの災害時には助けを呼ぶこともできず、仮に避難場所へ避難できたとしてもコミュニケーションをとることが難しいため、避難所生活で避難所本部からの連絡等必要な情報を得ることができな
い場合があると指摘されている。また、日常生活においても、事故や気象状況等により電車が不通になっても、音声情報だけではその事実を知ることができないため、電車を待ち続ける場面も少なくない。
こうした中、平成18年には国連総会において「障害者の権利に関する条約」が採択され、我が国も平成19年に署名している。同条約では、障害者が自ら選択し自ら決定することが障害者の権利として明記されている。しかしながら、我が国においては、同条約の批准に向けた国内法の整備が進んでいないため、聴覚障害者にとって生活の安全安心が十分に担保されているとは言えないことから、健常者と同じように基本的人権が保障され、自己決定のもと、社会参加できる環境の整備が強く望まれている。
よって、国においては、聴覚等に障害を持つ障害者が健常者と同様に社会参加できるよう手話言語、要約筆記、指点字などのあらゆる言語・コミュニケーション手段と情報を保障する「情報・コミュニケーション
法(仮称)」の制定に向けた具体の検討が図られるよう強く要望する。
右、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


平成23年3月15日


                         宮城県議会議長 畠 山 和 純


衆議院議長 あて
参議院議長
内閣総理大臣
厚生労働大臣

https://www.zentsuken.net/blogs/01_miyagi.pdf

 

 

宮城のニュース

宮城県議会>手話言語条例制定へ 差別解消条例検討会も

 宮城県議会6月定例会は25日、一般質問を始めた。県が2020年度の制定を目指す障害者差別解消条例に関連し、村井嘉浩知事は、手話を言語として認める「手話言語条例」の制定を検討する方針を示した。
 村井知事は「共生社会の実現に向け、手話の普及や支援者の要請が重要になる。関係機関と調整を進める」と述べた。
 差別解消条例の内容を検討する会議を新設し、知的、身体、精神など障害がある人をメンバーに加える意向も表明。検討過程で障害者の意見を反映する機会を確保する。
 海水温の上昇やウニによる食害で海藻類が岩場から消失する「磯焼け」が県北部・中部海域で深刻化している問題が取り上げられ、県は年内に対策会議を設置する考えを示した。
 地元漁業者や有識者が効果的な対策を探る。藻の繁殖場となるブロックの投入による藻場の再生やウニの駆除などを検討し、年度内に県が策定予定の藻場ビジョンに内容を反映させる。
 東北電力女川原発(女川町、石巻市)の重大事故時に避難住民が放射性物質の汚染検査を受ける「避難退域時検査場所」の候補地に関し、石巻市北村の遊楽館と大郷町文化会館・自由広場の2カ所を追加したことも明らかにした。候補地は計18カ所になった。
 佐々木賢司(自民党・県民会議)三浦一敏(共産党県議団)仁田和広(自民党・県民会議)守屋守武(同)の4氏が質問した。


関連ページ:宮城政治・行政

2019年06月26日水曜日

宮城県議会>手話言語条例制定へ 差別解消条例検討会も | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190626_11030.html

 

 

 

宮城のニュース

障害者との意思疎通支援で推進条例 大崎市宮城県内初の可決

 宮城県大崎市議会は13日、障害者の意思疎通を支援する「障がいのある人のコミュニケーション手段の利用を促進する条例案」を全会一致で可決した。全日本ろうあ連盟によると、全国で同様の条例を制定したのは同市を含め45自治体あり、県内では初めて。
 条例は障害者がそれぞれの特性に応じ、情報の取得やコミュニケーションを円滑に行う権利を基本理念に掲げた。市には手話通訳や筆談、点字などによる支援者の養成、派遣、情報発信を推進するよう定めた。
 市民には基本理念への理解と協力、事業者には意思疎通に関する合理的な配慮を、努力義務と規定した。
 条例案は2017年、大崎ろうあ福祉会が日常生活における手話の普及などを定めた手話・言語条例の制定を請願したことがきっかけ。全国では手話・言語条例が274自治体で施行されている。


関連ページ:宮城政治・行政

2019年06月14日金曜日

 

障害者との意思疎通支援で推進条例 大崎市宮城県内初の可決 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190614_11035.html

 

 

情報・コミュニケーション法(仮称)意見書採択状況一覧

2017/12/25現在

意見書マップに戻る

No. 自治体議会採決日
及び国への提出日
自治体・議会名 意見書名 意見書表示 提出先
1 2011/03/15 宮城県 障害者の社会参加を促進する情報・コミュニケーション法制度の充実を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣厚生労働大臣
2 2011/06/16 埼玉県草加市 すべての聴覚障がい者に、情報アクセス・コミュニケーションの権利を保障する法制度の実現を求める意見書 PDF
テキスト
内閣総理大臣厚生労働大臣
3 2012/12/14 群馬県 情報・コミュニケーション法(仮称)制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣財務大臣厚生労働大臣
4 2012/12/14 群馬県前橋市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
5 2014/06/19 大阪府茨木市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
6 2014/03/28 北海道札幌市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定等を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
7 2014/03/28 北海道余市町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
8 2014/06/13 北海道京極町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
9 2014/06/19 北海道真狩村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
10 2014/06/19 北海道岩内町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
11 2014/06/19 北海道黒松内町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
12 2014/06/19 北海道古平町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
13 2014/06/19 北海道赤井川村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
14 2014/06/20 北海道寿都町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
15 2014/06/23 北海道仁木町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
16 2014/06/24 北海道ニセコ町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
17 2014/06/25 北海道積丹町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
18 2014/06/26 北海道石狩市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を国に対して求める要望意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
19 2014/09/19 北海道神恵内村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
20 2014/09/24 北海道釧路市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」の早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
21 2014/12/25 北海道小樽市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長、内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
22 2016/03/15 北海道泊村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣
23 2016/03/17 北海道留寿都村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
24 2016/03/17 北海道蘭越町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
25 2016/03/23 北海道共和町 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
総務大臣厚生労働大臣
26 2016/03/23 北海道島牧村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
27 2016/03/23 北海道島牧村 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣
28 2017/12/13 静岡県浜松市 「情報・コミュニケーション法(仮称)」早期制定を求める意見書 PDF
テキスト
衆議院議長参議院議長・内閣総理大臣総務大臣厚生労働大臣内閣府特命担当大臣(一億総活躍)

情報・コミュニケーション法(仮称)意見書採択状況一覧
https://www.jfd.or.jp/info/misc/sgh/map/i-jc_status.php