マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【厄災・伏魔殿・018戊戌(笑)】【自殺の支倉常長・亡びの奴隷運搬船 サン・ファン・バウティスタ(笑)】犯罪の土地「伊達な(笑)」仙台藩のおかげで、メキシコでは「過去最悪の雹」で埋まり、スペインでは「2万haの山火事(世界の森喜朗(笑))」【バチカン・キリスト教・ソテロも火刑(笑)】

 

 6月30日のニュースです。

 

 

仙台藩の崩壊は日々進行ですね(笑)

こちらは無視ですwwwwwwwwwwww

 

www.homes.co.jp

 

 

まずですね。

私は「伊達家」なんて更々相手にしていない。

興味は無いです。

だから私は青葉まつり」を観たことは一度も無い

 

私は稲敷市には電話して大杉神社の排除は完了している。

そして茨城県庁にも電話で排除済みです。

 

全然こちらは要らないのでね。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

現行の学芸員でしかない腑抜けた伊達など、

こちらは一度も認めたことは無いから、

官共々頭に乗るなと言う事。

 

賠償金だけきっちり払えな。

 

 

そもそも、大杉神社は伊達の天敵であった天然痘を鎮める神様であったとされ、

過去に三塚というのが伊達に建てられた歴史があったみたいですが、

現行の自分の家系にシロアリしている伊達に着いていく奴なんて居るのか?

墓場漁りについて行っても生まれるものはない。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

こちらは更々認めていないね。

捨てるに値する仙台藩だ。

 

墓場漁りは、墓場漁り同士で仲良く(笑)

漁るだけなので、常に効能無き「天罰論」ですね(笑)

ファラオの呪いのことかwwwwwwwwwwwwwwww

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

伊達な」に落ちぶれる前の伊達政宗の話。

諸行無常

 

 

■伊達正宗の名言

「大事の義は 人に談合せず 一心に究めたるがよし」 
重要なことは、他人に相談して決断してもらうのではなく、

自らの意志で決断すべきである。

※正宗が、自らの人生を振返り、家臣に語ったとされる。


「物事 小事より大事は発(は)るものなり」

問題は、小さなことから始まって、大きくなるものである。

油断してはならない。

※北海道JRの度重なる不始末がそう・・


「まともではない人間の相手を まともにすることはない」

奥羽の伊達に、秀吉から朝鮮出兵の通達が届いた。 
正宗は、この戦いがうまくいくとは思っていなかった。

しかし、太閤の命には逆らえない・・正宗は一計を案じた。


足軽は、真っ黒な具足に、片面銀・片面赤の刀、騎馬武者は、

黄金造りの2mを超える大小刀、槍隊には、三角錐のトンガリ

帽子をかぶせた。


あまりの常識破りの軍装に、家臣は「正気の沙汰ではありません」
と、 
とがめる・・しかし正宗は 
「朝鮮に出兵すること自体、正気の沙汰ではない。 
相手が正気でない以上、こちらがまともではバカをみる」

正宗は、命じられた倍の人数で上洛した。


やってきた伊達の軍装に、秀吉はいたく気に入り、自らの親衛隊と
して、国内待機を命じた・・すべて、正宗の思惑通りになったのです。

 

賢者・名言の智恵 「伊達正宗」 (吉村外喜雄のなんだかんだ)
http://www.noevir-hk.co.jp/magazine/2014/06/post_1085.html

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

宮城のニュース

ローマ法王に手紙「サン・ファン号視察を」 400年前に交流のあった石巻への訪問を熱望

係留中のサン・ファン号 ローマ法王に宛てた手紙のコピー

 東日本大震災の被災体験をつづった手記や歌集の英訳本をローマ法王庁バチカン)に送った東京の出版社代表が、ローマ法王に対し、宮城県石巻市にある慶長遣欧使節復元船「サン・ファン・バウティスタ号」の視察を呼び掛ける手紙を新たに送った。

 手紙を出したのは、東京で電子書籍などを企画出版するヒロエンタープライズ代表谷代(やしろ)浩さん(48)。
 今年5月に法王フランシスコに宛てた手紙で「日本から初めてバチカン使節団を送ったのは仙台藩伊達政宗」と紹介。11月下旬に予定される法王の来日に合わせ、使節団長の支倉常長らが出帆したとされる石巻市の月浦や、復元船があるサン・ファン館、門脇小などの震災遺構の視察を要望した。
 秋の来日の際、法王は被爆地の広島や長崎を訪れ、被爆者に祈りをささげる見通し。震災の被災者との交流も検討しているとされるが、詳しい日程は明らかにされていない。
 美里町に父の実家がある谷代さんは被災地の惨状に心を痛め、河北新報社を通じて被災者の震災体験の原稿を募り、2014年3月に10作品を出版した。うち8作品を翌年に英訳して、バチカンに送ったところ、東京の法王庁大使館を通じて、法王の謝意を伝える手紙が届いた。
 谷代さんは「震災から8年が経過してもなお、東北の被災地では震災の痛手から立ち直れない被災者がたくさんいる。400年前の絆を確かめながら、最大の被災地である石巻で祈りをささげていただければ、どれだけ慰めとなり、心の支えになることか」と話している。

サン・ファン・バウティスタ号] 伊達政宗の命を受けて建造され、支倉常長ら慶長遣欧使節団が乗った洋式の木造帆船。スペイン語で「洗礼者聖ヨハネ号」の意。慶長三陸地震の大津波仙台藩が被災した2年後の1613年に、石巻市の月浦を出港。支倉は15年、ローマ法王パウロ5世に謁見(えっけん)し、宣教師派遣などを求めた政宗の親書をささげた。船は1993年に復元された。


関連ページ:宮城社会

2019年06月28日金曜日

 

サン・ファン号、奴隷運ぶ? マニラで売却後の足跡に新説 米の歴史家提唱 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181126_13022.html

 

 

 

 

メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も

メキシコ・ハリスコ州グアダラハラ東部で、ひょうに埋もれた車両(2019年6月30日撮影)。(c)ULISES RUIZ / AFP

写真拡大

【AFP=時事】メキシコ・ハリスコ(Jalisco)州のグアダラハラ(Guadalajara)で6月30日、大量のひょうが降り、住民を驚かせ、車が立ち往生した。ひょうは最も多いところで2メートル積もったという。

 ハリスコ州エンリケ・アルファロ(Enrique Alfaro)知事も、「グアダラハラでこんな光景は見たことがない」と驚きを示した。

 アルファロ氏は、「気候変動は現実なのかと自問させられる。これらこそ、今まで誰も見たことのない自然現象だ。信じ難い」と語った。

 首都メキシコ市の北西に位置するグアダラハラは人口約500万人で、同国で最も人口の多い都市の一つ。ここ数日の気温は31度前後だった。

 この時期にひょうが降ることは珍しくはないが、今回ほど大量のひょうが降った前例はない。

 家屋と事業所合わせて200軒近くがひょうによる損傷を受けた。また丘陵地帯では少なくとも50台の自動車が氷の濁流に押し流され、中には氷の下に埋没した車もあった。

 州の防災当局によると、死者の報告はないが、2人が「低体温症の初期症状」を示したという。

【翻訳編集】AFPBB News
 
メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も - ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/16706964/
 
 
 


スペイン北部で山火事、最大2万ヘクタール延焼も(字幕・27日)
2019年 6月 28日 Friday - 00:50

 

スペイン北部カタルーニャ地方で、27日朝に山火事が発生し、約4050ヘクタールに燃え広がった。最大で2万ヘクタール以上に広がる恐れがある。

 

 

 スペイン北部で山火事、最大2万ヘクタール延焼も(字幕・27日) | jp.reuters.com
https://jp.reuters.com/video/2019/06/28/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%8C%97%E9%83%A8%E3%81%A7%E5%B1%B1%E7%81%AB%E4%BA%8B-%E6%9C%80%E5%A4%A72%E4%B8%87%E3%83%98%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%BB%B6%E7%84%BC%E3%82%82%E5%AD%97%E5%B9%95%E3%83%BB27%E6%97%A5?videoId=567746597

 

 

宮城のニュース

サン・ファン号、奴隷運ぶ? マニラで売却後の足跡に新説 米の歴史家提唱

17世紀、欧州の奴隷貿易に使われていたとの説が浮上したサン・ファン・バウティスタ号の復元船=石巻市のサン・ファン館

 慶長遣欧使節船「サン・ファン・バウティスタ号」が、17世紀の欧州の奴隷貿易運搬船に使われたという説を米国の歴史家が提唱し、宮城県内の使節船関係者の注目を集めている。399年前、北米大陸に初めて上陸したアフリカ人奴隷の輸送に関わっていたという。サン・ファン号はマニラでスペイン政府に買収された後の足跡が不明で、後年の様子が明らかになる可能性がある。
 新説は米国の歴史家キャサリン・ナイト氏が昨年8月、県慶長使節ミュージアム「サン・ファン館」(石巻市)に伝えた。浜田直嗣館長は「サン・ファン号が大航海時代、大西洋も渡り、かつ奴隷貿易に関わっていたとの話は非常に興味深い」と話す。
 ナイト氏が同館に寄せた研究内容によると、サン・ファン号を買収したスペイン政府は船を当時の在英スペイン大使に譲渡。その後、大使の親類で、後にサン・ファン号の船長となるマヌエル・メンデス・デ・アキューナに渡った。
 アキューナは1619年5月、サン・ファン号でアフリカ西部のルアンダ港(アンゴラ共和国)に渡航。現地で奴隷350人を調達したことが当時の資料などから分かったとしている。
 奴隷を輸送中の同年7月には、メキシコのカンペチェ湾で英国の海賊船2隻の襲撃を受け、50~60人の奴隷が奪われた。サン・ファン号は激しく損傷した状態でメキシコに到着したという。
 奪った奴隷を乗せた海賊船「ホワイトライオン」は同年8月、英国の新植民地だった現在の米国バージニア州に着き、食料と引き換えにアフリカ人奴隷約20人を売却したことが史実として知られている。
 到着地は同州のジェームズタウンと言われているが、ナイト氏はさらに50キロ離れたハンプトンだったと指摘している。同館に対し「バージニア州の入植地を救った最初のアフリカ人の到着は、米国の歴史上、最も重要な出来事の一つだ」と伝え、サン・ファン号の関わりを重要視する。
 ナイト氏は初のアフリカ人奴隷入植から来年で400年となるのを前に、米国の歴史家らでつくる「プロジェクト1619」に参加し、奴隷史研究を進めてきた。来年、記念イベントを計画し、サン・ファン館関係者を招請している。
 浜田館長は「米国との結び付きが分かり、サン・ファン号の歴史上の価値はさらに高まるだろう。今後も米国の研究を注目したい」と期待する。

サン・ファン・バウティスタ号]仙台藩伊達政宗の命を受け建造され、支倉常長ら慶長遣欧使節団が乗った洋式の木造帆船。スペイン語で「洗礼者聖ヨハネ号」の意。1613年10月に石巻市の月浦を出港。18年4月に通商交渉を終えた使節団一行を乗せ、フィリピンのマニラに同年8月に到着後、スペイン政府に売却された。


関連ページ:宮城社会

2018年11月26日月曜日

 

 

 サン・ファン号、奴隷運ぶ? マニラで売却後の足跡に新説 米の歴史家提唱 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181126_13022.html

 

2018年の干支は「戊戌」。十干・十二支が意味するのは繁栄と滅亡、さてどちらに転ぶ?

歴史学者・東洋古代思想史研究家、一級建築士事務所 Office Yuu所属

村上瑞祥 
村上瑞祥

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)、繁栄か滅亡かの年になる?

2018年の戊戌は、干支の35番目にあたる年。どんな意味を持つのだろうか2018年の戊戌は、干支の35番目にあたる年。どんな意味を持つのだろうか

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)、今上天皇在位30年の節目の年であり、正月にスーパームーンを見ることができる貴重な年でもあるという。因みに月蝕も2回見られるそうなので、月に関するイベントが多い年回りになりそうだ。

では前回に引き続き、今回も「戊戌」という干支の意味するところを紐解いてみよう。戊戌は干支の35番目に当たり、2つ似たような漢字が並んでいるが実はそれぞれ正反対の意味を持ち、大いなる繁栄の年になるか滅亡の年になるか、かなり極端な年になることを意味している。

しかも繁栄であれ滅亡であれ、その規模はかなり大きく、60年でひと回りをする干支の中でも類を見ない程はっきりと盛衰が分かれることを指し示す言葉である。

ではどんな人が繁栄して、どんな人が滅亡するとされているのか。まずは干支と十二支の関係と、それぞれの意味について簡単にご紹介しよう。

一般に干支と言うと、十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類を思い浮かべるが、本来は、五行思想に基づいた「木・火・土・金・水」を更に陰陽二極に分けた、十干と呼ばれる「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類と組み合わせ、合計60通りが存在する。これらはそれぞれに性格を持ち、組み合わせによりその表れ方が異なる。

干支が初めて史料に登場したのは、紀元前239年に完成した古代中国の歴史書呂氏春秋(ろししゅんじゅう)」である。そこに大撓という人が干支を作ったと記されていて、後代の「漢書律歴志」にも同じ一文がある。日本に伝来したのは、聖徳太子の祖父である欽明天皇の時代に百済よりもたらされたとされているが、はっきりした事は分かっていない。

大撓が構築した干支の基本的な考え方は、十二支も十干も生命の成長サイクルを表わしていて、十干は生から死を十段階に、十二支は十二段階にそれぞれ分割し、それら2つの異なる成長サイクルを組み合わせて、その関係性によって万物の生命の理を表現するというものである。これが本来の干支の60通りの意味である。

では、2018年の干支の戊戌は、果たしてどんな年になると指し示しているのだろうか。まずは十干の「戊(つちのえ)」が意味するところからご紹介しよう。

十干の戊(つちのえ)が表す繁栄と不安定、どっちに転ぶか分からない?

十干の戊は葉が繁る姿を表わし、横溢する生命力を意味する十干の戊は葉が繁る姿を表わし、横溢する生命力を意味する

十干の「戊(つちのえ)」は、生命の成長サイクル「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十種類のうちの5番目にあたり、勢い良く葉が茂る様子を表し、繁栄を意味している。

易学の古典によると「戊は“茂”に通じ、陽気による分化繁栄」と書かれていて、人間で言えば仕事をバリバリとこなす壮年期であり、人生で最高の活動時期という事になろうか。

「戊」の文字の成り立ちは、その部首が「戈構(ほこづくり)」であることからも分かるように、先端に斧状の刃がついた矛(ほこ)の象形文字である。これは、農作業で伐採する道具の事を指し、繁りすぎた枝や葉を落す作業に用いられたと言う。

「戊」は、陰陽五行「木・火・土・金・水」の分類では「陽の土」に当たる。方位も五行で分類されるが、土は東西南北のどこにも関わらず中心点にある。季節も同じく春夏秋冬のどこにも関わらず、四季の変わり目である立春立夏立秋立冬の直前の18日間ずつが土となる。土用の丑の日で有名な土用はこの期間に当たる。

このように五行における「土」は中庸であり、陰にも陽にも属さない。これは一種の安定とも取れるが、他方、陰陽と言う二極に分類されない不安定な境界線上にあり、ヤジロベエの一本の足のごとく、バランスがくずれれば、どちらにも転ぶ可能性がある状態とされている。

十二支の戌(いぬ)が表すのは滅亡、戊戌はお互いの威力を最大限に強化

十二支の「戌」(いぬ・じゅつ)は、生命の成長サイクルの11番目で枯れた木を表し、終焉・滅亡・終わりを意味している。

「戌」という文字は「一」と「戊」で成り立っていて、刈り取って束にした草と、刈り取りの刃物を表した象形文字であり、「終わり」を意味している。そこから派生し、後に「滅」という字が生まれた。

そして「戌」は、陰陽五行の分類では「陽の土」に当たる。つまり「戊」と同じである。このような「陽の土」×「陽の土」という同じもの同志が重なりあう関係を「比和」と呼ぶ。

十干・十二支はそれぞれの意味はもちろん、組み合わせによって表す意味が異なる。例えば、お互いに強め合うもの、打ち消し合うもの、どちらかを凌駕してしまうものなどがあり、この比和の関係は、相互を最強に強め合い、プラスとマイナスであっても互いに打ち消し合うことは無く、どちらかに転んで持てる属性を最大に発揮するものである。

つまり2018年の「戊戌」という干支が意味するものは、大いなる繁栄を意味する十干の「戊」と、滅亡を意味する十二支の「戌」が、「比和」という関係によってその威力を最大限に強めつつ、でもどちらに転ぶかは不安定な境界線上にある、ということになる。

十二支の戌は終焉を表し、滅亡を意味する。そして一つの滅亡は新たな誕生の源となる十二支の戌は終焉を表し、滅亡を意味する。そして一つの滅亡は新たな誕生の源となる

 

www.homes.co.jp