マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【幼稚園児でも】「守護数4 太陽の神」は自己完結出来るが「守護数13 フナブ・クー」は涸れる最高神【理解出来るように(笑)】

 

  こんなのって一度まとめれば終わりなのですが、

 

東北熊襲の産地の低IQ共には、

幼稚園の言葉で整理しないと理解出来ないみたいなので。

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

守護数4から行きます。

 

守護数4は、底支えになる力の源です。

大地に生命エネルギーを与えます。

 

だから、単体で大きなエネルギーがあり、個で完結出来ます。

誰を持ち上げるか自分で選べる存在です。

 

 

守護数4

守護数『4』を支配しているのは『太陽の神』。 これは「王を支える力」を意味しています。 指導者のアシスト役に人を導く守護数。

マヤでは、この大地の東西南北の四隅で4人の兄弟の神が天をもち上げている、と信じられています。 その縁の下の隠れた力のおかげで、天は落ちないですんでいるのです。 マヤの最高の神フナブ・クーは人の目には見えない神で、太陽はその化身。 太陽は人の目にふれる昼の間はもちろん、目に見えない夜の間も「王を支える力」を発揮して、この大地に生命のエネルギーを与えつづけています。 守護数『4』の『太陽の神』は、その見えない方の太陽です。  あなたはどんな場合でも、自ら大王の座を望んではいけません。 四角い顔をした冥界の魔王に魅入られ、道を踏み外してしまいます。 リーダーのアシスト役に回り、縁の下の力持ちに徹するのがベスト。 常に、人に対して隠れた助力を行なうことを心掛けてください。 目に見えない努力をつづけ、隠れた力を発揮して縁の下を支えつづけるなら、 アー・キン(太陽の王)の座が向こうから近づいてきます。

 

守護数4
http://www.maya13.net/num/n4.html

 

 次は守護数13です。

 

守護数13は、全能の最高神フナブ・クーとされています。

これは下記の通り、守護数4に支えられて成立する神であり、

守護数4に相手にされなければすぐに涸れます。

そんな神であり、守護数4に支えられなければ神にはなれません

 

 

 

守護数13

守護数『13』を支配しているのは『フナブ・クー』という神。 これは「全能の力」を意味しています。 全能の力と幸運を人に与える最高の守護数。

マヤの人々は、この宇宙は13層の天空からできていると考えていました。 そのもっとも上の13層の天空にいて宇宙全体を支配しているのが、唯一にして最高の神『フナブ・クー』なのです。 その姿は人には見えず、あまりに崇高な神なので、形もないとされています。 あなたは生まれながらにして、あらゆる分野で活躍できる能力と幸運を与えられ、人の上に立つ宿命を授けられています。 しかし、人間は神ではありません。 全能の力をコントロールできるのは、神だけ。 ともすれば、あなたは全能の力を浪費して、あらゆることをソコソコこなす器用貧乏になりがちです。 また、幸運の星のもとに生まれたぶん、他人の痛みに鈍感で、自分では気づかないところで人から恨みをかいやすい点があります。 また、あなたは形がない『フナブ・クー』のように、決まりきったルールがない世界でその能力をもっとも発揮します。 本来が自由自在な存在なので、一つの型にはまらずに、新しい分野でベンチャー企業などを興すと成功します。 ゼロ(無)から始めるのがベスト。

守護数13
http://www.maya13.net/num/n13.html

 

と言うことで、マヤ神話システムはきちんと理解しましょうと言う事です。

私は馬鹿の相手は最初からしていません

 

 

そんなことで、

私は自称 守護数13が居るのであれば、

そいつは自己で存在証明をすればいいと思います

存在証明は個人の自由であるが、

そこに私の名前を貸すことはない

 

 こちらは関係妄想排除だから、認める際は厳格査定。

認めていないのは、かましい、とっとと死ねで終わりですね。

 

視界に入れば認められたと錯誤するのが居るみたいですね。

それが仙台藩です。

脳に障害があるのでね。

 

 

マヤ神話の話は、

1999年に馬鹿が勝手に覚えただけであり、

これらは私には無関係ですからね。

足りないのに狭い知識が入っただけです。

 

 

 

 

 

西洋神名事典

西洋神名事典

シリーズ名:Truth In Fantasy
著者:山北 篤
定価:本体2,500円(税別) 
A5 379ページ 
ISBN 4-88317-342-9
発行年月日:1999年11月27日
在庫:品切れ
電子書籍版あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の紹介

ギリシア、ローマ、北欧、ケルト、スラブ、フィンランド、エジプト、バビロニアユダヤ・キリスト・イスラム教、アフリカ、ネイティブ・アメリカ、マヤ、アステカ、インカ…。西洋神話体系を中心としながら、さらには創作神話の神々までもピックアップ。主要神話の解題付。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com