マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【天罰論】【新嘗祭・こいつは酷い(笑)】三重県松坂市(伊勢の神宮・獣医師三塚博和牛)で植えた稲の苗がジャンボ・タニシに2度も全て食い荒らされ、神から米が頂けない事件(笑)【米は神から頂いたもの(笑)】

 

 6月23日のニュースです。

 

prtimes.jp

 

 

実は、津市でも生徒が自殺したので、神宮の効能なんて無いですよ。

過去の新幹線のぞみでの焼身自殺に巻き込まれた女性は、

目的地は伊勢の神宮でした。

 

呪われている神社なのは、色々と出ていますね。

先日の伊勢の神域での焼身自殺は衝撃的でした。 

 

要するに、上記の第11回和牛大会ですね。

再び美里の三塚博の所で予備選考会を催したので、

そろそろこいつら死にたいのか?

憤慨していた時期ですね。

 

 そもそも、11回の11は、私の生誕日8月11日の11ですね?

三塚博

死ねば?

で完了だよね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

そもそも、私は1998年宮城県大河原地方振興事務所農業農村整備部に於いて、

夏頃に出雲大社に行かされたんです。1人でね。

そして、私は2000年7月7日に精神科に行かされて、2000年度末には退職勧奨された。

 

だから、出雲大社もこうなりました

犯罪者はハリセンボンを飲みましょうと言う天からの啓示です。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

本来、仮に太陽神であれば、巡幸ではなくて、神通力は世界に届くだろうよ。

巡幸は皇室用語だから、他の太陽神の宗教には無いでしょうね。

知らんけど。

 

 ちゃんと、呪われる理由は、過去にペテン師が蓄積しています。

今後は道理に通じるかきちんと確認しましょう。

屑の相手はせんほうがいいですね。

 

いずれ、運気の風を持つのはこちらだ。

頭に乗るな屑どもと言う事です。

 

馬鹿が滅ぶのは道理。

 

 

仙台のペテン師どもは、

私に刷り込めばいいと思っている。

待ち伏せして通過を待つとかそんなの。

それは全然違う。

こちらの脳処理で全て決まる。

無礼に気をつけろと言う事。

 

東北熊襲では、未来永劫学習不能だな(笑)

だから捨てられた。

 

こちらは逆風始末。

新天地で石ころからリセット。

ゴミ屑は全て殺す。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おてんとうさま」とも》

  1.  太陽を敬い親しんでいう語。

  1.  天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在。「悪いことをすればお天道様に筒抜けだ」「お天道様に恥じない行動」

 

dictionary.goo.ne.jp

 

 

 

現実の格付け(情強・統計学・データ主義)

  

私(マヤの太陽神)>>>越えられない壁>>>伊勢の神宮 (古事記伝説・太陽神)

 (ブログで力量公開中)                (沈黙したまま)

(恒星太陽黒点数の予想付) 

 (情強・統計学・データ主義)           (おとぎ話・座談会・未検証)

 

 

f:id:masafree:20190623204623p:plain

 

1 天の懲罰

世界の洪水神話にほぼ共通してみられるパターンは、
人間世界の堕落が神の怒りをかい、神が人類を洪水に
よって全滅させ、そのあとわずか生き残った人々が(ア
ジアでは 1 組の兄妹が夫婦となる場合が多い)、人類をも
う一度繁殖させるというものである。洪水発生の原因は、
人間の堕落に対する神からの天罰ということになる。

日本でも古来このような天罰論で災害や異変が説明さ
れてきた。

災いはときの為政者の悪政や不道徳にあり、
社会の退廃、奢侈、腐敗、堕落に対して天が懲罰として
災害をもたらすと考えられたのである。

この考え方は中国儒教の災異思想の影響を受けたもので、
日本においては、奈良時代聖武天皇の御代で、藤原四子不比等
四子:武智麻呂・房前・宇合・麻呂)が 737 年にそろっ
て疫病(天然痘)で死亡したとき、この厄災説がとなえ
られている。

天罰論によれば、天変地異は王権と密接に関連し、政
治の是非や吉凶を占うことができる。民衆からみれば、
災害異変の発生は支配者の政治的倫理性、統治能力が危
機状態への臨界点に達したという判断となり、王権の交
代を求めることができる。

この災異説は、中国では前漢のころ(前 2 世紀後半の
董仲舒)から陰陽説と結びつき、さらにこれに五行説
結びつくようになった(前 1 世紀頃の劉向)。要するに前
漢になって陰陽五行説で災異が説かれるようになってき
たのである。日本でもその影響を受け、災異は陰陽五行
説で解釈されていく。

http://r-dmuch.jp/jp/results/disaster/dl_files/3go/3_1.pdf

立命館大学 歴史都市防災研究所
http://r-dmuch.jp/jp/

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

天然痘を鎮める神様
maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

神では無い仙台のガラクタ(笑)

伊達妄想(笑)

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

ilove japan
2017/11/24 に公開


[ ニュース ]知っておきたい「新嘗祭」 貴重映像で解説
この時期に多く検索されるのが、11月23日に行われる五穀豊穣を感謝する宮中祭祀新嘗祭(にいなめさい)」。
どんな祭祀なのか、4年前に公開された貴重な映像があった。

 2013年11月23日に天皇陛下が80歳になられたことを記念して初めて撮影・公開された宮中での新嘗祭の映像。
古来の伝統にのっとり、明かりはかがり火のみ。
天皇陛下は侍従に足元を照らされ、神嘉殿(しんかでん)と呼ばれる殿舎(でんしゃ)に入られる。
 中では、全国から献納された新米などを感謝をこめて、神々に供えるとともに、自らも召し上がるという。
そんな「新嘗祭」は恒例の宮中祭祀の中で、最も重要なもので、その年の農作物の収穫を感謝する神事だ。

 三峯神社・山中さん「(お米は)神様から頂いた食べ物」
 秩父のこの神社でも、古くから大切な神事として、毎年、新嘗祭を行ってきた。
 山中さん「稲作を行うには、天気、気候がとても大事」「それは人間の力が及ばないことで、神様が天気を左右していると思われていた」

 そんな神様にお供えするのは―

 山中さん「お米が一番大事。お米からできているお酒、お米からできているお餅など」

 11月23日に行われる宮中の新嘗祭では、天皇陛下も皇居内の水田で、
自ら稲を育てその年に収穫した新米を新嘗祭で供えられる。
【the SOCIAL todayより】

 

 

 

 

日本人は昔から、おこめを神さまからいただいた食べ物として、大切にしてきました。
ここでは、神さまとおこめのかんけいや、おこめができるまでのようすをしょうかいします!

 

www.omiyakids.com

 

 

 

 

田んぼの底を埋め尽くす「ジャンボタニシ」大量発生 苗食べられ、コメ農家から悲鳴 三重・松阪市

6/23(日) 6:01配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 三重県松阪市の田んぼに出現したある“巨大生物”。大量発生していて、植えたばかりの稲を食べ尽くし、農家から悲鳴が上がっているといいます。

 取材班が向かったのは、三重県松阪市。この時季、水田には青々とした稲が広がっているのですが、実は「ある場所」だけ稲がなくなっていました。
 
Q.これはどういう状態?
「これは食べられた跡ですね」(喜多村アグリ 喜多村浩嗣 社長)

 市内を中心に120ヘクタールの水田を管理している「喜多村アグリ」の喜多村浩嗣社長。

 5月に稲を植えたということですが、そこには稲を植えたとは思えない光景が広がっていました。

Q.これ池じゃないんですか?
「池じゃないです」(喜多村浩嗣 社長)

 喜多村さんの水田でおきている異常事態。その原因は…

ジャンボタニシ」(喜多村浩嗣 社長)

 田んぼの底を埋め尽くす黒い塊。その正体は、スクミリンゴガイ、通称「ジャンボタニシ」です。

 南米原産で、1980年代に食用として日本に輸入されましたが、養殖場から逃げ出すなどして各地で野生化したといわれています。

 水田をのぞきこむと、大量に住みついているのが見えます。

Q.ジャンボタニシが苗を全部食べちゃうんですか?
「全部食べる。本当にきれいに食べる。新芽が出てくるのを全部食べていく」(喜多村浩嗣 社長)

 ジャンボタニシは植えてから2~3週間の柔らかい苗を好むといいます。喜多村さんは被害のあった場所に苗を植え直しましたが、再びジャンボタニシの餌食に。

「(田植えから)2週間して来たら、水面しか見えないなと思って。もう一度植えたらこの事態。植え直しして こういう状態は初めて」(喜多村浩嗣 社長)

 三重県の調査によると、松阪市ジャンボタニシの被害は3年前から発生し、今年は、調査した田んぼの内、約30%で被害が出るなど過去最悪となっています。

 暖冬の影響でジャンボタニシが死滅せず、冬を越してしまったことが、大量発生の原因とみられています。

 過去には、岐阜県でもジャンボタニシが大量発生。効果的な駆除法がなく、農家を困らせていました。

「(ジャンボタニシを)拾っている人もいるけど、拾うよりも増えている方が多いという感じ」(喜多村浩嗣 社長)

 松阪市では、ジャンボタニシを駆除する石灰窒素などを購入する際の補助金補正予算案に計上するなど対策を進めています。

 農家を困らすやっかいもの「ジャンボタニシ」。被害が拡大する中、効果的な対策は浮かび上がるのでしょうか。

中京テレビNEWS

 

 

 

 

 

f:id:masafree:20190623203419p:plain

f:id:masafree:20190623203433p:plain

f:id:masafree:20190623203447p:plain

f:id:masafree:20190623203458p:plain

f:id:masafree:20190623203515p:plain

 

田んぼの底を埋め尽くす「ジャンボタニシ」大量発生 苗食べられ、コメ農家から悲鳴 三重・松阪市(中京テレビNEWS) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010000-sp_ctv-l24