マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

私の母親が「暴力団の独壇場、うちの息子はもう役に立たない」と言う感想でした

 

 そもそも、私から見れば一番役に立たないのは母親です。

団塊のゴミ世代なので。

だから私は人生上、一番要らないのは母親であり、人生の反面教師にしている。

 

まず、自民党と言う頭がおかしい集団から観て、私が役に立たないのは当然。

そのように私が戊戌の概念で進めている。

 

その中で暴力団は常に皆殺し殲滅を続けているだけですね。

だから安倍晋三は全てを失うだけ。

 

それって自覚して欲しいね。

敗者は安倍晋三だ。

 

そのうちに暴力団は他界するので。

でも神社再興は不可能です。

 

 どう頑張っても、神通力に係るエネルギーは全て私から出ている。

毎日シロアリ暴力団が、雲霞の如く寄って来るだけだから。

こちらは蚊が寄ったかな?のレベルですね。

 

いずれ、安倍晋三が縋るのは、「スペインの太陽」だろ?

こちらには無関係な事だ。

 

特にシロアリに評価される筋合いは無いじゃん。

 

 

私は母親の三塚は捨てたので、

そのまま更に無関係な自民党暴力団は、皆殺しを続けているだけ。

殺せばいいだけですね。

ゴミは要らないじゃん。

 

 

暴力団は、これまでの私との戦闘で、常に向こうのゴミだけが力を回収される。

私からは一度も力が無くなったことはないです。

 

こちらが一部力を盗まれるから、「まだゴミ屑に盗まれたか」と、

回収しているだけだからね。

 

これがゴミのレベル、器ですね。

それが分からない無能がとても多い

 

 元々、ゴミ屑の力回収完了は、一昨年の12月

そこで一度完了したが、

ゴミ屑共が、散乱している力を再び見つけ

それを用いてまた私から盗み出しただけですね。

その繰り返しだって誰も分からないわけだな。

 

 いずれ、暴力団は殲滅仙台は無視の未来しか無いからね。

それなりの期間をこちらは取り、ちゃんと確認しているからこちらに狂いはない。

それで正しい道筋ですね。

 

私は、この20年間の負のスパイラルに終止符を打とうとしているだけ。

今は一番いらないシロアリが燻り出されただけですね。

これが日本の汚点、世界の汚点な訳だ。

 

 このシロアリ、イナゴは私が行った場所に現れる様だから、

そこで私が嫌われる面が多々ですね。

 

いずれ、イナゴは全て殺すだけね(笑)

他に仙台は官がゴミなので要らない。

 

それだけ。

 

 どんな結果になっても、仙台が戊戌の破滅該当でしょ?

他に何も無いので。

私の整理であり、それのみが目的だ。

 

 脳が足りないなりに私から土地を切られる意味を理解すればいいよな(笑)

最初から足りないのだから、分からなそう。

 

だからこちらは仙台は捨てるのですが。

 

 

無能ほど、自分の落ち度を他人に転嫁する節はあるのでね。

私はブログ初期で警告していたし、いずれにせよ私が仙台を捨てる未来は確定していた。

 

そこでわざわざ景気等を破壊して喜んでいただけですよね。

こちらの問題ではないからな。

 

屑が、こちらに向かって口を開く意味がなくない?

仙台の権力者屑と、仙台への話している屑ですね。

 

それらは私が要らない奴ら

 

相手にされていない屑が、関係妄想を持ち続けても、

何処まで進んでもただのストーカーであり、排除のみですよね。

何処までも無関係であると言う事。

 

ゴミが暴れても成果はございません。

 

 

最後にどうでもいいが、

私が遅めに寝るのが悪いのだが、

朝から寝起きを妨害されるのは勘弁願いたいです。

要らないゴミ親がうるさいですね。

 

睡眠はきっちり取らんと、人間は駄目ですね。

 

 

私は、最初から自分を石ころにするのが目的だったので、

それで私は金のみ回収して仙台は出て行くが、

仙台はそれ以降はそのまま暴力団の相手をしていればいいですね。

 

それって私の問題ではなく土地の問題(笑)

 

 

 

 

十二支の戌(いぬ)が表すのは滅亡、戊戌はお互いの威力を最大限に強化

十二支の「戌」(いぬ・じゅつ)は、生命の成長サイクルの11番目で枯れた木を表し、終焉・滅亡・終わりを意味している。

「戌」という文字は「一」と「戊」で成り立っていて、刈り取って束にした草と、刈り取りの刃物を表した象形文字であり、「終わり」を意味している。そこから派生し、後に「滅」という字が生まれた。

そして「戌」は、陰陽五行の分類では「陽の土」に当たる。つまり「戊」と同じである。このような「陽の土」×「陽の土」という同じもの同志が重なりあう関係を「比和」と呼ぶ。

十干・十二支はそれぞれの意味はもちろん、組み合わせによって表す意味が異なる。例えば、お互いに強め合うもの、打ち消し合うもの、どちらかを凌駕してしまうものなどがあり、この比和の関係は、相互を最強に強め合い、プラスとマイナスであっても互いに打ち消し合うことは無く、どちらかに転んで持てる属性を最大に発揮するものである。

つまり2018年の「戊戌」という干支が意味するものは、大いなる繁栄を意味する十干の「戊」と、滅亡を意味する十二支の「戌」が、「比和」という関係によってその威力を最大限に強めつつ、でもどちらに転ぶかは不安定な境界線上にある、ということになる。

 

www.homes.co.jp