マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

守護数E4系太陽の神であったやまびこが、E5系のスペインの太陽時代(2009年~)に移り、あっさりと東北新幹線仙台~古川間で2018年6月17日に地絡(ショート)による車両故障を起こしたのは、ドイツで運を失ったJR東日本らしい浅知恵、また川崎重工業が撤退検討を始めたのも記憶に新しい

 

 まず、自民党宮城県の様な、ペテン集団、狐を信じ込むと

酷いことになると言う事ですね。

三塚博は農民です。神では無いです。キチガイはまずここが理解出来ない。

 

 

 

 

6月17日(ろくがつじゅうななにち、ろくがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から168日目(閏年では169日目)にあたり、年末まであと197日
ある。誕生花はバラ、ベニバナ。


1864年(元治元年5月14日) - 江戸幕府が神戸海軍操練所を開設。

1885年 - 自由の女神像がフランスからニューヨークに届く。

1963年 - アメリ最高裁が8対1で公立学校で行われていた聖書の朗読や主の祈りがアメリカ合衆国憲法に抵触するとの判決を出す。 (en:Abington
School District v. Schempp)

1971年 - 沖縄返還協定に調印。衛星中継によりワシントンと沖縄で同時に行われる。

1971年 - 明治公園爆弾事件。37人の機動隊員が重軽傷を負う。

 

ドイツ統一の日(西ドイツの旗 西ドイツ、- 1990年)
1953年の東ベルリン暴動を記念。

 

6月17日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%8817%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

 

やまびことは、東日本旅客鉄道JR東日本)が東北新幹線東京駅那須塩原駅郡山駅 - 仙台駅盛岡駅間で運行している特別急行列車である。

本項では、東北新幹線で運行されていた「あおば」および、東北新幹線開業前まで運転されていた在来線特急「やまびこ」についても記述する。

 

新幹線E4系電車
E4系P11編成 (2017年3月25日 大宮駅)
E4系P11編成
(2017年3月25日 大宮駅
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
製造所 川崎重工業車両カンパニー
日立製作所笠戸事業所
製造年 1997年 - 2003年
製造数 26編成208両
運用開始 1997年12月20日
投入先 東北上越新幹線
主要諸元
編成 8両編成 (4M4T[1])
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
(一部編成は50Hz/60Hz、架空電車線方式
最高運転速度 240 km/h[1]
設計最高速度 240 km/h[1]
起動加速度 1.65 km/h/s[1]
減速度(常用) 2.69 km/h/s
減速度(非常) 4.04 km/h/s
編成定員 計817名(54名)[1]
()内はグリーン車
編成重量 428.0 t[1]
編成長 201 m[1]
全長 25,700 mm(先頭車)[1]
25,000 mm(中間車)[1]
全幅 3,380 mm[1]
全高 4,485 mm[1]
車体 アルミニウム合金
台車 SUミンデン式ボルスタレス台車
DT208(電動車),TR7007(付随車)
主電動機 三相交流誘導電動機 MT206
主電動機出力 420 kW × 4基
駆動方式 WNドライブ
歯車比 3.615[1]
編成出力 6,720 kW[1]
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生併用電気指令式空気ブレーキ応荷重装置付)
保安装置 ATC-2型DS-ATC

概要[編集]

当系列は東北上越新幹線の開業時に大量に新製された200系初期車両の老朽取替と、E1系導入後も増え続ける通勤旅客需要に対応するために1997年から2003年にかけて製造された。

E1系と同様に全車2階建車両であり「Max」の愛称が与えられている。

8両編成(定員817名)を2本連結した16両編成時には定員1634名(ジャンプシート使用時)となり、1本の高速列車の中では世界最大となる[2]。なお、E2系10両編成(813 - 814名)とほぼ同じ定員数である。

設計時のデザインコンセプトは「BIG WAVE」(雄大)、エクステリアコンセプトは「ELASTIC」(しなやか)[3]

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

新幹線E5系・H5系電車
「はやぶさ」で営業運転を開始したE5系U3編成 (2011年3月8日 大宮駅)
はやぶさ」で営業運転を開始したE5系U3編成
(2011年3月8日 大宮駅)
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道E5系
北海道旅客鉄道(H5系)
製造所 川崎重工業車両カンパニー
日立製作所笠戸事業所
製造年 2009年 - (E5系
2014年 - (H5系)
製造数 E5系: 38編成380両
H5系: 4編成40両
(2018年5月現在)
運用開始 2011年3月5日(E5系
2016年3月26日(H5系)
投入先 東北北海道新幹線
主要諸元
編成 10両 (8M2T)
軌間 1,435 mm[1]
電気方式 交流25,000V 50Hz
最高運転速度 320 km/h(盛岡以南)
275 km/h(E3系併結時)
260 km/h(盛岡以北)
160 km/h(在来線共用区間[報道 2]
起動加速度 1.71 km/h/s[2][1]
1.6 km/h/s(E3系併結時)
編成定員 731名→723名(普通車658名→650名、グリーン車55名、グランクラス18名)[注 1][報道 1]
自重 41.5 t(E523形)[3]
41.9 t(E514形(量産先行車))[3]
42.7 t(E514形(量産車))
45.4 - 47.0 t(電動車)[3]
編成重量 453.5 t
編成長 253 m[2]
全長 26,500 mm(先頭車)[報道 1]
25,000 mm(中間車)[2]
全幅 3,350 mm[2]
全高 3,650 mm[1]
4,490 mm(パンタグラフ搭載車)[1]
車体高 3,650 mm[2]
車体 アルミニウム合金
台車 DT209,DT209A(電動車)[2]
TR7008,TR7008A(付随車)[2]
車体傾斜装置搭載
主電動機 かご形三相誘導電動機MT207[2]
主電動機出力 300 kW[2]
駆動方式 WN駆動方式[4]
歯車比 2.645[2]
編成出力 300kW×32 = 9,600kW[2]
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御[報道 3]
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキ(応荷重装置付き)[2]
抑速ブレーキ(H5系)
保安装置 DS-ATC[1]
備考 川重、日立ともE5系[新聞 1]・H5系[新聞 2]を製造。
E5系のみ受賞
Wikipedia blueribbon W.PNG
第55回(2012年
テンプレートを表示

ja.wikipedia.org

 

 

 

JR東日本、地絡(ショート)による新幹線車両故障対策について発表
- PR -

JR東日本は27日、東北新幹線仙台~古川間で2018年6月17日に発生した地絡(ショート)による車両故障を受け、地絡発生時に車両機器への影響を最小限にとどめ、運転再開までの時間を短縮することを目的とした車両故障対策について発表した。

  • JR東日本が地絡(ショート)発生時の新幹線車両故障対策について発表

車両事故は2018年6月17日の下り「はやぶさ・こまち21号」(E5系・E6系併結)で発生。仙台~古川間を走行中、E6系の12号車屋根上にあるパンタグラフ(架線から電気を取る装置)下部の碍子付近に鳥がぶつかり、地絡(ショート)したことが原因とされている。

次に読む>>
鉄道博物館、新館の展示車両E5系・400系の車内も公開 - 写真24枚
JR東日本、東京2020大会500日前にラッピングトレイン運行など実施
JR東日本E7系、上越新幹線限定デザインで新潟駅に - 3/16運行開始
JR東日本E956形「ALFA-X」新幹線の試験車両を報道公開 - 写真84枚
 

その際、E5系・E6系双方の車両を制御する電気機器が損傷し、一時的にブレーキを緩めることができない状況となったため、東北新幹線は長時間にわたって運転を見合わせるとともに、東北・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線で終日にわたり運休および大幅な遅延が生じた。

車両側の原因としては、E5系・E6系併結時に双方の車体は連結器でつながっているが、E6系側の車体に流れた地絡電流がE5系の車体には流れにくかったため、地絡電流の一部がE5系・E6系の間を渡っている制御電線を経由して電気機器にも流れたことにより、損傷したものと判明したという。

対策としては、E5系・E6系併結時にどちらかの編成で地絡(ショート)した場合、双方の車体間を地絡電流が流れやすくなるように、E5系・E6系の車体間にアース線を追加する改造を実施する。これにより、地絡電流が制御電線に流れ込み、電気機器を損傷させることを防止する。2019年6月末までにE5系・E6系の全編成で改造予定としている。

 

news.mynavi.jp

 

 

 

川崎重工、鉄道事業から撤退も視野 中間決算で赤字転落

有料会員限定記事

高橋諒子 

[PR]

 川崎重工業が30日に発表した2018年9月中間決算は、純損益が前年同期の108億円の黒字から35億円の赤字に転落した。米国向けの鉄道車両で不具合が相次いだためで、上半期の赤字は2年ぶり。新幹線台車枠の亀裂に続く品質管理問題を重く見て、金花芳則社長をトップとする鉄道車両事業の再建委員会を社内に設置し、うまくいかなければ撤退も視野に入れると表明した。

 「こういう事態になり責任を感じている」。金花社長はこの日の決算会見で、硬い表情で述べた。引責辞任は否定し、今年度いっぱいで鉄道車両事業の再建策を練ると強調した。

 9月中間決算の売上高は3・0%減の6881億円で、本業のもうけを示す営業利益もほぼ半減の84億円。売上高の1割を占める鉄道車両事業が足を引っ張り、88億円の営業損失を出した。米国の首都ワシントンの地下鉄用車両で配線工事の不備から改修費がかさんだ。米ニューヨーク州の通勤鉄道向けの試作車両が脱線して納期が遅れたのも響いた。兵庫工場(神戸市)を抱える国内でも生産コストが膨らんだ。

 川崎重工、鉄道事業から撤退も視野 中間決算で赤字転落:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLBZ4FGSLBZULFA00S.html