マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【太陽活動】上限額2600万円(古事記1300年×2)でお馴染みの「ゆうちょ銀」で高齢者に規範意識置き去りの投資信託を販売【景気】

 

 6月14日のニュースです。

内容は投資信託なので、年金の投機損失と同じタイプですね。

  

所詮、昨年10月から12月の、私のブログが開始された、

あの私の生活圏が執拗に荒らされていた時期です。

日経平均株価暴落の話です。

 

自分たちで暴れてぶち壊したんじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

f:id:masafree:20190616174711p:plain

www.nikkei.com

 

 

 

10月からも延々と女と喚き、しかも私から力を毎日盗みに来て

そしてこちらの事務妨害を継続する。

犯罪の仙台であり日本国ですね。

 

終わってるでしょ、これ。

 

仙台逓信病院が消え、その日はイージス艦あしがらの就役日と同じなので、

これがスペイン太陽ですね。

 

  

3月13日(さんがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から72日目(閏年では73日目)にあたり、年末まであと293日ある。


1781年 - ウィリアム・ハーシェル天王星を発見。

1937年 - 大阪市立電気科学館に日本初のプラネタリウムが設置

1983年 - 東北大学医学部で日本初の体外受精による妊娠が成功。10月に女児出産。

2008年 - あたご型護衛艦の2番「あしがら」が就役。

2015年 - 日本郵政が仙台逓信病院を譲渡。

 

3月13日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%8813%E6%97%A5

 

 

 

郵便局は小泉純一郎の所なので、私は使わないです。

逓信大臣は小泉の全てでしょ。

また農水省厚労省、所謂  獣医師・三塚博小泉だから。

こちらは全てゴミ箱です。

 

損失は、小泉と安倍と麻生自己財産で穴埋めしてもらえばいいですよね。

 

景気と太陽黒点はリンクするんですよ。

プロであれば常識の話。

 

理解出来ないのは、そいつのアンテナが腐っているだけだ。

 

  

www.rui.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

公務員みたいな馬鹿では知らないですね。

 

屑キリストには分からない話。

まがい物だからなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

だって、2008年の日経平均株価の7000円割れは、

これは2008年10月24日の私の退職日にリンクするからね。

 

 

 

10月28日(じゅうがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から301日目(閏年では302日目)にあたり、年末まであと64日ある。

 

1972年 - 中華人民共和国から日本に贈られたパンダ「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に到着。

2008年 - 日経平均株価が取引中にバブル崩壊後の最安値6994円90銭を記録。


群馬県民の日(日本の旗 日本群馬県
明治4年10月28日(グレゴリオ暦1871年12月10日)に廃藩置県により「群馬県」の名称が初めて使われたことを記念し、群馬県1985年に制定。この
日の群馬県は休日扱いになる。

 


10月28日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E6%9C%8828%E6%97%A5

 

 

私は仮説を立てて、自分で検証もするので、

妄想屑とは違いますwwwwwwwwwwww

 

キチガイ宗教と一緒にしないでね。お願い♪

 

私は膨大に情報を漁ってから、

この屑情報は要らない(笑)と精査しているので。

それでこけにしているから。

当たり前ですね。

 

現実派なので、妄想創作の相手はしません。

私のブログは、常に数字と事象主義です。

 

どの時代を人類は生きているか?

それを少し考えれば、誰でも分かります。

 

私はそもそも太陽神証明スマートにやろうと思っていたのですけども、

元々検証完了していたしね。ブログ前に。

 

ブログではかっこよくしようとしたら、犯罪者が暴れるので、

それは醜いブログになりました。

 

シロアリの相手はして駄目ですよ、皆さん。

 

 

 

   

 

ゆうちょ銀、規範意識置き去り 投信不適切販売で 
完全民営化へ道険しく

経済
2019/6/14 20:57
日本経済新聞 電子版
 
 

ゆうちょ銀行が不適切な手続きで高齢者に投資信託を販売した背景には、完全民営化を目指して収益基盤を安定させたいという同社の事情がある。かつては郵便局の信用力を生かして全国でたくさんの貯金を集め、大半を国債で運用して安定収益を上げるビジネスモデルだった。今回の案件で社員への規範意識の不徹底さが浮き彫りになった格好だ。

日銀による超低金利政策で、国債に頼った収益構造は立ち行かなくなった。ゆうちょ銀は外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゆうちょ銀、規範意識置き去り 投信不適切販売で  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46135270U9A610C1EA4000/

 

 

 ―――――――――(以下引用)――――――――――
なぜ景気は循環するのかに関して、専門の経済学者たちの間でいまだに定説がない。そこで、この問題を経済学の内部で解決しようとせずに、もっと宇宙規模で考察してみよう。景気循環を太陽系のバイオリズムとみなし、文明の興亡をも説明する包括的な理論の可能性が生まれてくる。

1. ジェボンズ太陽黒点
限界効用理論の提唱者の一人として有名な経済学者、ウィリアム・ジェヴォンズは1876年に、科学雑誌『ネイチャー』に「商業恐慌と太陽黒点」という論文を発表し、太陽黒点活動と景気循環との連動を指摘した。多くの経済学者は、この太陽黒点説を荒唐無稽なオカルト的学説として嘲笑もしくは無視している。しかし、彼ら自身は、なぜ景気が特定の長さの周期で循環するのかを説得的に説明する代案を持っていない。

景気循環の主循環は、約10年を周期とするジュグラー・サイクルで、これは太陽黒点数の主要な変動周期である11年に対応している。例えば、最近100年間の日本における工業投資指数の伸び率と太陽黒点相対数とのグラフを見比べてみると、強い正の相関関係を観て取ることができる。経済学者は、機械の寿命は10年なので、設備投資は約10年ごとに増減すると説明するが、機械設備の耐用年限は、実際にはまちまちだし、時代によって変化しているので、この説明は苦しい。

2. 主循環以外のサイクル
主循環の他に、約40ヶ月を周期とする在庫循環であるキチン・サイクル、15-25年を周期とする建設循環であるグズネッツ・サイクル、50-60年を周期とする技術革新の循環であるコンドラチェフ・サイクルが、経済学の分野で実証されているが、それぞれ、2-4年(太陽黒点周期の1/3倍)周期のエルニーニョのサイクル、約22年(太陽黒点周期の2倍)周期のヘールのサイクル、約55年(太陽黒点周期の5倍)周期の吉村サイクルに対応している。(中略)

コンドラチェフ・サイクルは、金利の波動なのだが、金利が高くなる1815年、1870年、1920年、1973年では、太陽活動も低調である。図2を見てもわかるように、特に1901年前後は、山が低い状態が長く続いているが、それは、この期間が、さらに規模の大きな長期の波動、太陽大周期の谷に当たるからだ。(注:図2はリンクで確認してください。)

太陽大周期とは、200年ごとに現れる、太陽黒点数の極小期である。1900年前後の極小期の200年前に当たる1700年前後にはマウンダー極小期、さらに200年前に当たる1500年前後にはシュペーラー極小期、さらに200年前に当たる1300年前後にはウォルフ極小期がある。これらの三つの極小期には、こうした固有名詞がつくぐらい太陽黒点数が激減した。14世紀から18世紀にかけての時期は、現在の温暖期や中世温暖期と比べて寒く、小氷期と呼ばれているぐらいであるが、それは、この期間が、さらに規模の大きな長期の波動、2500年周期の谷に当たるからだ。

太陽黒点数は、2500年ごとに、ほとんどゼロになる時期が来る。BC3300年頃から始まった都市革命、BC800年頃から始まった精神革命、1700年頃から始まった科学革命は、いずれも2500年周期の谷で起きた革命なのである。都市革命は、世界各地に四大文明を生み出した。精神革命は、イスラエルギリシャ、インド、中国に、今日でも古典として賞賛されている高度な哲学や宗教を生み出した。科学革命は、ヨーロッパに、近代科学と技術革新に基づく資本主義を生み出した。こうした人類の歴史を画期する重要な出来事が、気候の寒冷期、すなわち危機的状況で現れることは興味深い。逆に山に相当する温暖期、例えば中世温暖期では、生活が安定するがゆえに、革命やイノベーションは起きにくくなる。

3. なぜ黒点数の変動は経済に影響を与えるのか
こうした太陽黒点数の波動と人類文明の波動とのシンクロナイズは、たんなる偶然であって、因果関係はないのだろうか。そうではない。太陽黒点数が増えると、太陽放射が強くなる。太陽放射全体の強度の変動幅は、11年周期で1%以下と小さいが、紫外部の放射強度は2-3倍にもなり、地球に無視できない影響を与える。紫外部は、オゾン層に捕らえられ、最終的には地球の上層大気の電離圏に熱として吸収される。だから、太陽黒点数が増えると、地球はより多くの太陽エネルギーを受け取り、そしてその低エントロピー資源を消費することにより、養分と水と大気の循環が活発になり、人間経済の生産量も増大すると考えることができる。
―――――――――(引用終わり)――――――――――

 

www.rui.jp