マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

6月15日 メキシコ・マヤ文明、パレンケの「碑文の神殿」、スタジオジブリ

 

 6月15日の神道政治カレンダーです。

 

本日の過去の出来事は下記ですね。

大きいのはマヤ文明のパレンケの遺跡です。

 

ここから、歴史が汚されてアキバブームまで進んだので、

イラネ、まとめて死ねやと言う事です。

 

下記のユカタン半島・パレンケでの本格的な発掘は1948年からで、

1952年に「碑文の神殿」に辿り着いています。

この1952年は過去の建設省国道4号線国道13号線

昭和に於ける整備開始年と重なります。

 

1948年と言うのは、こちらでは大方心当たりがありますね。

ここでは特に書きません。

 

私が想定するに、私の生誕日はそもそもは国に操られて

この1972年8月11日に生誕したと思われ、

そのような中央権力による抑圧的な有様に憤慨し、

この人権侵害は看過出来る問題ではありません

 

私は、その生誕日から、

これは私の生まれであるので変えることは出来ないと言う制約の中で、

自分でメキシコの帽子を被っており、現行のメキシコに対して

私が接触するものではありません。

私は過去のマヤ文明の中で、天文学に於けるマヤ占いの中での

私の存在の証明であるので、人脈はまた別なものですね。

だからその辺りについては、自分で風呂敷を窄めて無かったことにしたわけです。

 

 特に重要なのは、

仙台市役所2011年皇室を通してメキシコシティ仙台七夕を飾ったのであり、

現行に於いてメキシコと交流があるのは自治仙台市であり、

こちらが触れる必要性は皆無であると言う事です。

 

私は皇室が触れた場所は、私自身は無関係であるとし、全く相手にしません。

特に価値がありません。そういう方針です。

 

私自身は2000年7月7日宮城県大河原地方振興事務所に於いて、

精神科である福田クリニックに行かされたわけで、

私から見れば夕を飾る所は少なくても私が相手にする場所ではないと言う認識です。

思想や考え方が異なるので相手にする意味、理由がございません。

 

私は自分の感覚の中勘で世を見据えて適確な判定をしてるつもりですので、

その判断に大きな誤りは無いでしょう。

私は大きく広げたらあとは適確な大きさに窄め妄想全開の趣味はございません

 

 

 

 

 

 

6月15日(ろくがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から166日目(閏年では167日目)にあたり、年末まであと199日ある。誕生花はタチアオイ
アジサイ


1952年 - メキシコの考古学者アルベルト・ルスがユカタン半島・パレンケの「碑文の神殿」で石室墳墓を発見。

1968年 - 文化庁が発足

1985年 - スタジオジブリ設立。

1992年 - PKO国会: PKO協力法が成立。

 

栃木県民の日(日本の旗 日本 栃木県)
栃木県が1986年に制定。1873年のこの日、栃木県と宇都宮県が合併して栃木県がほぼ現在の県域となったことを記念。

 

6月15日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%8815%E6%97%A5

 

 

 

 

(抜粋)

 

1952年と言う年は、国道4号線国道13号線の、昭和での本格的な整備の開始年でした。

国道108号線は1953年です。

 

これもですね。ここでは書きませんが、

1949+3年と1949+4年の思想として解析済みです。

 

私は本来は純粋な土木に進ませられましたが、国家公務員は2次試験で落ちましたので、

いやいや、特に私の人生では国土交通省とは縁がなかった次第ですね。

 

特に私が土木に進んでも意味は無かったかな。

まだ、私が監督員ではなく、ただ視察として回った方が、ずっと良い結果にはなったかもですね。

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

パレンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
世界遺産 古代都市パレンケと
国立公園
メキシコ
パレンケ遺跡の建物と碑文
パレンケ遺跡の建物と碑文
英名 Pre-Hispanic City and National Park of Palenque
仏名 Palenque
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1987年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

パレンケ (Palenque) は、メキシコに存在するマヤ文明古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つである。

ユカタン半島の付根にあたるメキシコ南東部のチアパス州に位置し、7世紀に最盛期を迎えた[1]都市の遺構としての宮殿を中心とする、「マヤ遺跡の典型」といわれる[2]建物群を密林のなかに配置している。

発掘史[編集]

18世紀の半ば頃にスペイン人の手により発見に至り[3]、その本格的な発掘調査が始まったのが1948年である[2]

その調査の最終局面にあたる1952年6月15日、メキシコの考古学者アルベルト・ルスが「碑文の神殿」の地下室に辿り着き、室内の壁面にはめ込まれていた巨大な石板を取り外したところ、鍾乳石の垂れ下がる広い洞窟のような部屋がその向こう側に確認された。そこには殉死者と目される数体の遺体に加え、肖像画マヤ文字、また生命樹の図柄の浮彫が施された石の蓋、そしてその下に石棺が埋もれており、数多の装飾品を脇にした遺体が内部に発見された。翡翠仮面をまとったこの遺体は、7世紀に在位したパカル王(偉大な太陽楯、8アハウの偉大なパカル、パカル2世、パカル大王、在位615年 - 683年)[4]として知られる王のそれであった。この発見は、中央アメリカのピラミッドがエジプトのそれとは違うという定説、すなわち王の墓ではなく神殿の土台に過ぎないものとの定説を覆し、当時の考古学界に大きな旋風を巻き起こすこととなった[5]

1987年には「古代都市パレンケと国立公園」として世界遺産に登録された[6]

事物[編集]

宮殿[編集]

 
宮殿

王族の住居であったものと目される建物で、パレンケの中心たる事物[2]天体観測用と考えられている、マヤ建築としては珍しい4階建の塔を中央に備える[7]

神殿[編集]

 
碑文の神殿
碑文の神殿
パレンケのピラミッドのうちで最も高いピラミッドで、パカル王の没年前後に建造されたものである。パカル王の遺体がその基層の墓室に発見された。パカル王の息子たるカン・バラム王に奉げられたもので、壁の一面にマヤ文字が存在することからこの名が付けられた[2]
その他の神殿
「碑文の神殿」のほかに、「十字の神殿」、「葉十字の神殿」、「太陽の神殿」などと呼ばれる、数多の神殿群が存在する。いずれも「碑文の神殿」に同じくカン・バラム王に奉げられたもので、カン・バラム王について描かれた石板が納められている[8][2][3]

石棺の浮き彫り[編集]

 
パカル王の石棺
 
パカル王の翡翠のマスク

パカル王の石棺の浮き彫りは、横から見るとロケットに乗って操縦桿を握った宇宙飛行士のように見えるため、マヤ文明が宇宙人によって作られた文明であると述べるUFO研究家の間で広く知られている。この説は1968年、スイスのエーリッヒ・フォン・デニケン著『未来の記憶』によって広範に流布された[9]

しかし今日ではこの図柄は、人物は横たわっており、その上にトウモロコシを様式化した十字架が描かれているとする解釈が一般である[10]

登録基準[編集]

世界遺産への登録に際しては、文化遺産の条項のうちの、

  • 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • 現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。
  • 人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。

の4つに該当するものと見做された[6]

ja.wikipedia.org