マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

飲食店の倒産・休廃業・解散件数、リーマンや東日本大震災時上回る

 

 6月11日にまとめられたニュースみたいです。

 

このニュースは暫く前に見ました。

改めての様です。

 

私は、1年前くらいだったでしょうか?

 

母親から「おまえお金一杯持っているんだろ?、仙台駅の方で外食してこい

と言われたんですね。

それは精神病院でも一度言われことはあるな。

 

要するに、自民党側の官は、単に私を侮辱していると言う事。

 

 

景気は神社の管轄なのだから、

あいつらが仕事しないのであれば

いい加減刀の錆にしろ。

 

この仙台の連中の意見聞いていると、

ぶち殺したくはなるね。

何様なんだ?

 

なんか、神社は巫女で華やかに遊んでいるみたいですが、

質実な側面はみんなこちらに話が来る。

ぶち殺した方が早い。

 

こちらを監禁して、統合失調症に仕立て上げたのに、

そして金も払わないペテン師共外食を叫ばれるとか、

殺した方が世の中は良くなるでしょ。確実にな。

馬鹿は口を開くなの典型例ですね。

 

道理を弁えろゴミ屑共って意見だけですよね。

 

飲食店には恨みは全く無いですが、

屑に言われたら行かないね。

それだけの脊髄反射

 

閉店ラッシュは、これは運の問題ではなくて、政治でしょ?

国民に余裕が無いから食べる人も減るだけじゃん。

 

風で済む問題なの?

根元の政治がゴミなだけ。

 

私はファミコンまで捨てられたので、

あとは俗世にはあまり浸らないつもりですね。

その辺をゴキブリ自民党が拾って喜んでいるだけ。

宮内庁の趣味では?

 

こちらは関係はないね。

 

この仙台のゴミの土地は、

私から奪うときは積極的に奪い取るが、

与える、紹介する方法はチープで、

説得力がないゴミですね。

もっと採用して貰える話術が必要だ。

馬鹿の相手はせんな。

 

破壊は得意だが、何も生み出せないゴミの特徴(笑)

 

漠然と外食とか、「殺されたいのかこの屑」

と言う感想しかないよね。

 

連れも居ませんが(笑)

 

 その場の思いつきで口を開くなよ汚物共。

 

 

1人飯って悲しいですよねぇ。

外食て普通そうでは?

 

当たり前の話だ。

 

下記に紹介があるが、

1人飯はマジでその場所で飯が欲しいときだけ。

 

  

rocketnews24.com

 

 

ファミリーレストラン利用していたら、

なんだこいつとは見られそうですね。

 

私は母親に「おいしい料理を食べてこい」と言われたので、

病院でも食べ歩きの障害者の話を出されました。

 

まともな脳みそしていればしないので。

 

周りの空気が読めないから障害者なんですよ。

誰でも分かる話で、うるさいのはこちらは殺したくなるね。

 

私の人脈を奪ったのは官だから。

自治体にどうにかして貰ってください。

 

 

私は、1人の人権ある人間なので。

屑の道具ではないんだね。

憲法を良く読んだ方がよろしい。

 

逆風完了に処されません様に。

 

 

私って、過去に親に拉致されて

ラーメン屋に行かされたときに、

後にネットから意見送って、

仙台は頭がおかしい土地だから撤退がいいですよ(笑)

汚れるのでと、意見送っておきました(笑)

 

伏魔殿だから、賠償金を支払わない限り、

手のひら返され続けるよね。

知的障害だからかな?

 

幼児相手じゃなしに、運べばOKとか、

何処の知的障害?

早く死んでね。

 

 

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

飲食店の倒産・休廃業・解散件数、リーマンや東日本大震災時上回る 帝国データバンク調査

2019年6月11日 11:53

小

中

大

印刷

 
 

 帝国データバンクの調査によると、2018年度の飲食店の倒産、休廃業・解散件数は、2000年度以降で最高となったことが分かった。あわせて今後も消費税アップなどによる業界全体の厳しさが続くことを指摘している。

【こちらも】通販業者の倒産件数・負債総額、2018年度は過去最高に 帝国データバンク調査

■2000年度以降で過去最高を更新
 10日、帝国データバンクが2018年度の飲食店の倒産、休廃業・解散動向について発表した。2018年度(18年4月~19年3月)における飲食店の倒産・休廃業・解散の合計は1,180件で、前年度比7.1%増だった。

 これは2000年度以降では最多件数となっており、東日本大震災が起きるなどしてこれまで最も多かった2011年度の1,134件や、リーマン・ショックのあった2008年度の1,113件を越えている。

■休廃業・解散は初の500件超え
 1,180件のうち、飲食店の倒産は前年度比6.3%減の657件となった。2000年度以降で最も多かったのは2011年度の732件。ついで17年度(701件)、09年度(674件)となり、2000年度以降では4番目に多い件数となっている。

 また休廃業・解散は同30.4%増の523件となり、こちらは2000年度以降で最も多かった2008年の488件を超えて最高件数となるとともに、初めて500件を超えている。

■負債額は322億円で前年並み
 2018年度の負債総額は前年度比3.5%減の322億1,900万円だった。負債額のトップは、焼肉店カルビ屋大福」などを運営していたSK産業の30億円。ついで開店寿司チェーン「ジャンボおしどり寿司」を運営していたエコー商事の15億3,000万円、居酒屋「海鮮市場十徳や」などを運営していたジェイアンドジェイが14億4,500万円、サンドイッチチェーン「サブウェイ」のフランチャイズ店を運営していたエージー・コーポレーションが11億8,900万円となっている。

 2000年度以降で最も負債総額が多かったのは、1,600億円超だった2004年度、ついで1,200億円超だった2001年度となる。2008年度に930億5,400万円となって以降は比較的負債額は減っており、2012年度以降は200億円台の後半から300億円台に留まっている。

■業態別最多は酒場・ビヤホールの214件
 倒産、休廃業・解散が最も多かった業態は酒場・ビヤホールが214件で前年度比12.0%増だった。ついで中華・東洋料理店が174件(前年度比:34.9%増、以下同じ)、西洋料理店が151件(17.5%減)、一般食堂が126件(31.3%増)、日本料理店が123件(0.8%減)、喫茶店が122件(8.0%増)、バー・キャバレーなどが79件(14.1%減)、その他の一般飲食店が75件(2.6%減)、すし店が51件(27.5%増)、そば・うどん店が46件(24.3%増)、料亭が19件(5.0%減)となっている。

 販売不振や人手不足とともに、参入しやすいもののさまざまな評判を受けて安定的な経営や難しい業界であることや、今後に予定されている消費税の増税や東京都の受動喫煙防止条例などから、「今後も厳しい状況が続くと予想される」と指摘している。(記事:県田勢・記事一覧を見る

 

飲食店の倒産・休廃業・解散件数、リーマンや東日本大震災時上回る 帝国データバンク調査 | 財経新聞
https://www.zaikei.co.jp/article/20190611/515057.html