マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【神の国・全知全能・世界の森(笑)】6月6日 熊襲の産地である石川県で熊がくまなく行動、目撃急増 先月神武天皇42件【文化的程度も極めて低い(笑)】

 

 6月6日のニュースです。

時刻的に6月7日の前日ですね。

 

金沢ですぞ!

熊が出てきて当然なのであろう(笑)

 

文化レベルがヤバイです。

 

こちらは行くことはないので、どうでもいいですね。

 

そんなニュースでした。

 

熊襲の脳みそと言えば、下記の年表から土地改良のことですね。

 

 

 

神の国発言

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
Jump to navigationJump to search

神の国発言(かみのくにはつげん)は、2000年5月15日神道政治連盟国会議員懇談会において森喜朗内閣総理大臣(当時)が行った挨拶の中に含まれていた、「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知して戴く、そのために我々(=神政連関係議員)が頑張って来た」という発言。

 

 

 村上幹事長その他多大なる御努力のもと、「昭和の日」などの制定を致しましたり、今の天皇のご在位のお祝いを致しましたり、陛下御即位五十年、六十年のお祝いを致しましたり、ま、ややもすると政府側、いま私は政府側におるわけでございますが、若干及び腰になることをしっかりと前面に出して、日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知をして戴く、その思いでですね、私達が活動して三十年になったわけでございます。比較的私達の同期というのはしぶとくて、結構国会に残っておりますのは、神様を大事にしているから、ちゃんと当選させてもらえるんだなあと思っているわけでございます。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

発端[編集]

1988年昭和63年)2月28日TBS系列JNN報道特集」で、東京からの首都機能移転問題が扱われた[2]

この中で佐治が以下の発言を行った。

仙台遷都など阿呆なことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北熊襲の産地。文化的程度も極めて低い。— サントリー社長 佐治敬三JNN報道特集 1988年2月28日

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

6月6日(ろくがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から157日目(閏年では158日目)にあたり、年末まであと208日ある。誕生花はジギタリススターチス

 

1844年 - ロンドンでキリスト教青年会(YMCA)が創立。

1949年 - 土地改良法公布。

1971年 - ソ連で3人乗りの宇宙船ソユーズ11号打ち上げ。翌日、軌道科学ステーションサリュートにドッキング。

1993年 - モンゴルで初の大統領直接選挙が行われる。

 

6月6日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%886%E6%97%A5

 

 

 

 

 

クマ、県内くまなく行動 目撃急増、先月42件

2019/06/07 01:50

 

 石川県内でツキノワグマの目撃情報が急増している。5月に42件の情報が寄せられ、5日現在で63件(前年同期比19件増)に上る。6月は子グマが親離れする時期で、先月末に羽咋市宝達志水町の海辺に幼獣が出没したように、さらに人里に下りてくる可能性がある。かつてはクマが生息していないと考えられた奥能登でも珠洲市で初めて痕跡が確認され、関係者は「クマの行動範囲が県内くまなくなっている」として注意を喚起している。

 

 6日も午前7時ごろ、金沢市鈴見台4丁目の鈴見台第二児童公園付近で住民がクマ1頭を目撃し、110番通報した。金沢卯辰山工芸工房付近でも同日、目撃情報があった。

 

 県によると、県内に生息するクマの頭数は約1050頭と推計され、増加傾向にある。目撃件数は17、18年と2年連続で減少していたが、今年は前年同期比で約1・5倍となっている。

 

 動物生態学に詳しい石川県立大の大井徹教授によると、クマは冬眠中の2月ごろに出産し、生後1年4、5カ月で親離れの時期を迎える。この時期の子グマは怖い者知らずで、餌場を求めて行動する範囲が広くなるとし「住宅街や人が集まるような、とんでもない場所に出没することもある」という。

 

 県によると、今年の目撃情報63件の内訳は、金沢が最も多く18件、小松が14件、宝達志水、かほくが各6件、羽咋、加賀が各5件、津幡4件などとなっている。人身被害も起きており、4月18日に小松市大杉町、同20日に金沢市北袋町で、いずれも山菜採りをしていた70代男性が襲われた。

 

 奥能登での目撃情報は、初めて確認された16年から毎年続き、今年も1月に能登町柳田で目撃され、2月には珠洲市折戸町で足跡が見つかった。県自然環境課の担当者は「奥能登への定着も考えられる」と話した。

 

 大井教授によると、クマの餌となるドングリ類が豊作だった年の翌年は不作、凶作となる傾向があるという。県の調査によると、昨秋のブナ、ミズナラはともに豊作、コナラが並作だった。大井教授は今秋のドングリ類が不作となれば「冬眠前の秋に人里まで下りて餌を探すクマが増える可能性がある」と警戒を呼び掛けた。

 

クマ、県内くまなく行動 目撃急増、先月42件 - 石川県のニュース | 北國新聞社
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190607101.htm