マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【安倍晋三政権・清明神社・狐】狐の母親であったらしい「安倍 晴明」、実績は天狗を封じ込めた事【稲敷市・大杉神社・天狗】

 

 さて、自民党思想の整理です。

 

さて、私は既に茨城県庁の県民相談センターに対して

墓場は要らない電話で宣言しました。

 

それは稲敷市の大杉神社のことです。

 

私って自分の糧にならない文化財ゴミは、切り捨てるからね。

邪魔なので(笑)

 

 

こちらが大杉神社を切れば、

自民党が勝手に墓場で「関係妄想」をこいているだけであり、

こちらに届くものはございません(笑)

 

ただのキチガイなんです(笑)

 

私は墓場に興味は無いから、少なくても理系に進んだので。

墓場漁ってマジで楽しい?

 

 結局親が屑だから理系に進んでも全く意味が無く社会人人生は閉じたが、

これは避けられなかったことだ。

そもそも私は生まれは自由人なので、これで正解ですね。

 

私は最近では、「本物の太陽神」とか囁かれるので、多分進歩はしているのですが、

所詮自民党は何処まで進んでも墓場の栄光

脱皮できることはないので、延々神社だけでいいですね。

 

清明神社+太宰府天満宮+大杉神社でどうぞ頑張ってください(笑)

これも一種の守護数13フナブ・クー+守護数4太陽の神神社版ですね。

 

個人的に、大杉神社の伝承も、

最初が杉の祭神で、あとからたまたま赤い鼻の人物が奇跡を起こしたとなっており、

バラバラなんですよね。この赤い鼻がここの祭神としての天狗の起源

 

これが過去の三塚かも知れんが、いずれこちらは用済みなので、大杉神社。

やはり成り立ちが白鳥大明神と変わらんね。

 眉唾もの

 

当時は当時で、何か確実な事象はあったと推察されますが、

私は現代を生きているので、過去の伝承は過去の時代だ。

現代人には関係はないことであり、所詮は墓場

それだけの感想です。

再認知して貰いたければ現行の当事者らが成果を出せばいいだけ。

 当たり前のこと。

 

と言うことで、私自身は大杉神社の情報は隠滅されていたので、

屑宗教の相手はしていないし、情報を横からすっぱ抜いただけ。

未来永劫関係ございません。神社は迷惑でしかない。

 

信用と言うのは一瞬で消えるのだから、あとは屑が口を開く理由、必要性は無いんだ。

屑なりに礼節、一般常識を放棄していたのだから、展開は受け入れるべきですね。

 

 

私の人生論からすれば、シロアリが寄って来るだけだ。

最初から全く相手にしていない。

 

私は自民党関連は、「スペインの太陽」として、こちらは撤退

あとは更々相手にしていないからな。

 

私が聞いた地域の評判では、

自民党が呪われている」、「トヨタが大損した」とか、

そんな話ばかりですね。

 

多分、森羅万象担当安倍晋三の妄想だね。

外務省官僚も殺されたし。

意味不明です。

 

自民党が妄想こいているみたいですけども、

今時自民党が持ち上げているところは、

根底として、私が長く過去に触れていたポジジョンなので。

そして自民党で不運になっただけ。

それが真実ですね。

 

自民党は低質だから、何処まで進んでも命令するだけ。

風を吹かせられない屑でしかない。

それだけの結果ですね。

意味不明。

 

現在の狐がだまくらかして日本を滅茶苦茶にしているだけ。

稲成の特徴。仙台藩では竹駒神社

私はこの土地は外しています。

 

 

宮城県神社庁のコントは面白いですよ(笑)

 

秋保神社で、宮崎の高千穂から貰った夜神楽の神輿を町内で宮出しすると、

その日に竹駒神社の界隈では、東北本線が脱線します(笑)

この人達はコント芸人です。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

remichambre.com

 

 

狐につままれる(読み)キツネニツママレル
デジタル大辞泉の解説
狐(きつね)につまま◦れる

狐に化かされる。また、意外な事が起こって何が何だかわからず、ぽかんとする。

「―◦れたような顔」

 

kotobank.jp

 

 

 

安倍 晴明(あべ の せいめい/ はるあき/ はるあきら、延喜21年1月11日[1]921年2月21日〉 - 寛弘2年9月26日1005年10月31日〉)は、平安時代陰陽師。「晴明」を「せいめい」と読むのは有職読みであり、本来の読み方は確定していない。鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏土御門家)の祖。官位は従四位下播磨守

 

安倍晴明
Abe Seimei.jpg
安倍晴明菊池容斎・画、明治時代)
宗教 陰陽道
個人情報
生誕 921年
死没 1005年(83–84歳)
地位
本拠地 京都
肩書き 陰陽師天文博士、播磨守
経歴
地位 従四位下

 

史実上の人物像[編集]

出自[編集]

晴明の系譜は明らかでないが、大膳大夫・安倍益材(あべのますき)[2]あるいは淡路・安倍春材[3]の子とされる。

各種史書では『竹取物語』にもその名が登場する右大臣阿倍御主人の子孫とする[2][3]。ほかに、阿倍仲麻呂の子孫とする説話[4]、あるいは、一部の古文書では安倍朝臣晴明ではなく安倍宿禰晴明と記載されるものが散見されること、また当時は「朝臣」を「宿禰」の上位に厳格に位置づけており、朝臣姓の子孫が宿禰姓となることは考えにくいことから、阿倍御主人の子孫である安倍朝臣姓の家系ではなく、同じく阿倍氏の一族である難波氏(難波吉士、のち忌寸、宿禰)の末裔ではないかとする説もある。

経歴[編集]

921年(延喜21年)に摂津国阿倍野(現・大阪市阿倍野区)に生まれたとされる。また、生地については、奈良県桜井市安倍とする伝承もある。幼少の頃については確かな記録がないが、陰陽師賀茂忠行保憲父子に陰陽道を学び、天文道を伝授されたという。加茂氏の門下生であり、のちに両家は二大陰陽家となる[5]

948年(天暦2年)大舎人。960年(天徳4年)40歳で天文得業生(陰陽寮に所属し天文博士から天文道を学ぶ学生の職)であった晴明は村上天皇に占いを命ぜられており、出世は遅れていたが占いの才能は既に貴族社会で認められていたことが伺える。50歳頃、天文博士に任ぜられる。貞元2年(977年)、保憲が没した頃から陰陽道内で頭角を現す。陰陽寮を束ねる陰陽頭に就任することは無かったが、位階はその頭よりも上位にあった[6]

979年天元2年)、59歳の晴明は当時の皇太子師貞親王(後の花山天皇)の命で那智山天狗を封ずる儀式を行う。

このころから花山天皇の信頼を受けるようになったらしく、記録にしばしば晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が見られるようになる。花山天皇の退位後は、一条天皇藤原道長の信頼を集めるようになったことが、道長の日記『御堂関白記』などの当時の貴族の日記から覗える。そのほか、『小右記』によると、正暦4年(993年)2月、一条天皇が急な病に伏せった折、晴明が禊(みそぎ)を奉仕したところ、たちまち病は回復したため正五位上に叙された。また、『御堂関白記』によると、寛弘元年(1004年)7月には深刻な干魃が続いたため晴明に雨乞いの五龍祭を行わせたところ雨が降り、一条天皇は晴明の力によるものと認め被物(かずけもの)を与えたことなどが記されている[7]

陰陽師として名声を極めた晴明は、天文道で培った計算能力をかわれて主計寮に異動し主計権助を務めた[8]。その後、左京権大夫穀倉院別当播磨守などの官職を歴任し、位階従四位下に昇った。さらに晴明の2人の息子安倍吉昌安倍吉平天文博士や陰陽助に任ぜられるなど、安倍氏は晴明一代の間に師である忠行の賀茂氏と並ぶ陰陽道の家としての地位を確立した。

 

ja.wikipedia.org

 

白狐? 白拍子? 名門貴族? 安倍晴明の母の謎に迫る!

 
 
安倍晴明_母

マンガや小説のキャラクターとして人気があり、フィギュアスケートの羽生選手の衣装でも話題になった安倍晴明。彼が陰陽師として高い能力を発揮した陰には、母親の存在があったとされています。ところが実際に安倍晴明がどんな人物だったのかははっきりしていません。 
『図解 陰陽師』(高平鳴海 著)では陰陽師について、その役割や行った儀式、社会的知識などを解説しています。今回は本書を参考に、安倍晴明の素性に迫ります。 
                                                            

安倍晴明の母はどんな人? ①白拍子だった?

残念ながら史実では安倍晴明が誰だったのか判明していませんが、本書では次の3つの俗説を紹介しています。 
ひとつめは安部晴明白拍子だったのではないかという説、ふたつめは狐だったのではないかという説、そして最後は名門・橘家出身の貴族だったのではないかという説です。 
これらの説を順番にご紹介していきましょう。 

まず、安倍晴明白拍子だったのではないかという説です。 
白拍子とは、古くは神事を行う巫女のことでしたが、後に男装して無伴奏の舞を行う踊り子のことを指すようになり、さらに後の時代になると芸能を生業とする遊女を意味する言葉になります。 

安倍晴明_母2

このような歴史から、白拍子は芸人であると同時に巫女の血を引く者も多かったとされています。晴明の母が白拍子だったのではないかという説では、安倍晴明から巫女の霊能力を持つ血を受け継いだために、優れた陰陽師になれたのではないかと考えられています。 


安倍晴明の母はどんな人? ②人間に化けた狐?

ふたつめの説は仮名草子安倍晴明物語』などいくつかの物語に基づくもので、安倍晴明は白狐だったのではないかというものです。 
物語の内容を簡単にご紹介しましょう。 

河内国の石川悪右衛門は妻の病気を治すため、兄の蘆屋道満(あしやどうまん)に占いをしてほしいと頼みました。道満が占った結果、病気の妻を治すには狐の肝が必要だということがわかり、石川悪右衛門は信太(しのだ)の森へ狐を狩りに出かけます。 

ちょうどその頃、信太の森を訪れていた人物がもうひとりいました。摂津国安倍野(現在の大阪市阿倍野区)に住んでいた安倍保名です。 
保名は信太の森で石川悪右衛門に追われている白狐の姿を見つけ、助けてやることにしました。ところがその際に怪我をしてしまいます。 

そこへどこからともなくひとりの美しい女性が現れました。葛の葉と名乗るその女性は保名を介抱すると、その日からしばらく保名のもとへ通い、献身的に世話を焼くようになります。やがてふたりは恋に落ち、結婚して童子丸という子どもをもうけました。 

童子丸が5歳になったある日、葛の葉は神通力を失ってしまい、白狐の姿を童子丸に見られてしまいます。 
「私はかつて、保名様に助けていただいた白狐です」 
葛の葉は夫の保名にそう告白すると、信太の森へと帰っていきました。 

安倍晴明_母3

この童子丸こそが、後の安倍晴明です。大人になった安倍晴明陰陽道を修め、の白狐に授けられた宝玉を使って天皇の病気を治し出世します。 
安倍晴明はまた、後に蘆屋道満と占いの力比べを行い、道満に勝ったともいわれています。 

この物語は当時の茶吉尼(だきに)信仰に基づくものではないかと考える人もいます。茶吉尼天はインドから伝えられた狐にまたがった神様で、そのシンボルは北斗七星です。北斗七星は陰陽道と関係の深い宿曜道(すくようどう)でも重要視されていることから、こうした物語が生まれたのではないかと考えられています。 


安倍晴明の母はどんな人? ③名門・橘家出身?

最後に3つめの説、安部晴明は名門・橘家出身の貴族だったのではないかというものをご紹介しましょう。 

橘家は藤原道長の母(時姫)が生まれた家であり、平安貴族の中でも名門として名を馳せていました。もし「晴明の母=橘家出身の貴族」説が正しいとすると、名門出身なのに母親の名前が伏せられているということは、安倍晴明は何か理由があって正式な子とは認められていなかったということになります。 

安倍晴明は40歳になっても天文得業生という学生身分で、50歳頃にようやく天文博士となりました。この経歴だけをみると特に優秀ともいえませんが、晩年になって彼は急に頭角を現し、異例の速さで昇進しています。一体なぜスピード出世できたのでしょうか? 

その理由こそが、安倍晴明の血筋にあるのではないかと考えられています。晴明は藤原道長に重用されたことで有名ですが、同じ橘家出身の母を持つという親戚同士だったからこそ、周囲を血縁で固めようとした道長に引き立てられ、「優秀だ」という評判にもなったのではないかというのです。 

安倍晴明_母4

安倍晴明をめぐるみっつの説、みなさんはどの説がいちばん有力だと思いますか? 真実がわからないところもまた、晴明の魅力につながっているのかもしれませんね。 

◎関連記事
式神ってどうやって使うの? 日本古来の黒魔術「陰陽道」

 

www.phantaporta.com