マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

仙台北警察署が2011年当時、仙台バプテスト教会幼稚園での講演をしつつ、その後に私を青葉病院へ不法監禁したのは著しく不愉快。キリスト教は確実に排除する

 

 これは、賠償金回収後も当然のことです。

 

キリスト教はこちらは全く相手にしていない。 

 

私がこの20年間、どのような地獄の人生を歩んできたか?

全ての元凶はキリスト教でしかない。

その関係者は確実に排除する。

 

結局、私の親がこの泉区の団地に不動産を昔に購入してしまった。

 ここはただのキリストの大学と高校があるカルトで汚れた土地であった。

全ては犯罪宗教の土地を購入してしまった、自民党に騙された親の責任でしかない。

 

バプテスト教会とは東北学院大学の事です。

米国の横浜プロテスタントですね。

 

横浜なんて、こちらは一度も相手にしたことはないからね。

犯罪の土地が偉そうにしゃしゃり出てくるなと言う事ですよね。

台北もただの横浜の僕の犯罪の署だ。

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

kreis.sakura.ne.j

www.kitayon.com

 

ja.wikipedia.org

 

 

 東北学院大学(とうほくがくいんだいがく、英語Tohoku Gakuin University)は、宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3番1号に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称TGUTG東学大(とうがくだい)、東学(とうがく)。宮城県内では学院大(がくいんだい)、学院(がくいん)と呼ばれることが多い。

  

名称の由来[編集]

 
押川方義
 
W. E. ホーイ
 
D. B. シュネーダー(左から4番目の人物、1888年

合衆国ドイツ改革派教会(Reformed Church in the United States,German,略称:RCU)は日本における福音伝道には日本基督一致教会の諸州派と共同して当たり、仙台を中心に北日本を担当した。合衆国ドイツ改革派教会と伝道局は「NorthJapan」「東北」と「College」「学院」を合わせ、和名「東北学院」英名では「NorthJapanCollege」と報じた。国内では「明治学院」「関西学院」に次いで「学院」を名乗った。なお、明治期、多くのミッションスクールでは「英和学校」(Anglo-Japanese school) と呼ばれていた。

東北学院大学のルーツは1886年明治19年)6月に日本基督一致教会の牧師養成を目的として開校された私塾「仙台神学校」(英文標記:Sendai Theological Training School)に遡る[PR 1]

1872年(明治5年)、横浜で洗礼を受け、日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会の設立に関わった旧伊予松山藩士で日本基督一致教会押川方義と、1885年明治18年)に来日したアメリカ人ドイツ改革派教会宣教師ウィリアム・エドウィン・ホーイキリスト教の伝道者の育成を目的に設置した[PR 2][PR 3]

押川とホーイが本学を離れた後は、ホーイと同じく、フランクリン・アンド・マーシャル大学英語版で学び、ホーイの推薦によって日本伝道の任に就いていたデヴィッド・ボウマン・シュネーダーが指導的立場に立った。

神学部校舎は1891年明治24年)9月18日、当時781ドルの巨費を投じて完成した。見事な煉瓦造りの建物で、前年に完成していた明治学院神学部校舎1890年明治23年)と同一の設計に加えて、四角形の塔を備えていた。四つの教室、礼拝堂、他にいくつかの個室、他に3269冊の蔵書を持つ「ケルカー記念図書館」を含むものであった。在学生は計119名で、うち61名がキリスト者であった。正式に日本政府の許可を得て、伝道者育成に加え、普通高等教育を施すようになり、校名を東北学院( 英文標記:TohokuGakuin/North Japan College)に改称した。 Poorbaugh letter to Keller.Jan.15.1889

先に記した、押川方義W・E・ホーイD・B・シュネーダーの3名は、「三校祖」と呼ばれており、特に、シュネーダーは、その人格的影響力と学校経営の手腕により、50年にわたり本学の礎と発展に尽力した「東北学院中興の祖」である[PR 4]。シュネーダーは われわれが人として「いかに生きるべきか」の模範と理想として「LIFE(命) LIGHT (世の光) LOVE(愛)」と、その精神を説いた。それ以来、東北学院を象徴する「3L精神」(東北学院スクールモットー)として受け継がれている。

 

ja.wikipedia.org