2019年05月21日と22日に神奈川県で相次いでクジラの死骸が打ち上げられた、と複数の新聞が報じている。神奈川県では04月にもクジラの死骸打ち上げがあったばかりだが、最近の同様の事例とその後の地震について。

神奈川県で相次ぎクジラの死骸打ち上げ

それによると05月21日に相模湾に面した神奈川県鎌倉市材木座海岸に約8mのクジラの死骸が打ち上げられると、今度は05月22日に東京湾側の金田湾に面した横須賀市でも約6mのクジラの死骸が打ち上げられたという。

神奈川県では05月19日に箱根山の噴火警戒レベルが火口周辺規制を示すレベル2に引き上げられたばかりで、河口湖では水位低下 [1]が見られるなど災害への警戒が急速に高まっている時期だけに、相次ぐクジラの打ち上げは関心を呼びそうだ。

付近では04月20日にも、鎌倉市稲村ヶ崎海岸でイルカの死骸が打ち上げられていたが、その後の地震はと言えば04月29日に遠州灘でM4.8・震度1 [2]の地震が起きていた程度で、強い揺れは発生していない。

クジラやイルカの座礁や打ち上げと大地震発生の間に相関関係はない、との研究成果が2018年に発表されていることから今回のクジラの死骸を地震の前兆と考える必要はないが、イルカ・クジラの「集団打ち上げ」「単独打ち上げ」「死骸の打ち上げ」「目撃」と様々なケースがある中で、クジラの死骸が打ち上がった事例とその後起きていた地震について紹介しておく。