マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【関係妄想・犯罪神道政治】自民党の厄災・森の政治は、私に絡めてから引き離して自分の物にするペテン手法【最初にこちらが触らされる意味不明儀式(笑)】

 これね。

 

だからこちらは激昂して、「なら死ねや」とその通りです。

 

 風と言うのは政治家らが一番敏感であろうが、

なぜか連中は私が触ったものについては、永続的に順風が吹くと錯誤していたらしい。

だから私は人生の過去を全切り完了です。

大したもんじゃないね。

 

ですので、

私は水なので、自民党が吸う水はみんな毒水にした。

そしたら木が枯れまくっているんですね。

それだけの陰陽五行説です。

 

ネタが割れれば戊戌完了ですね。

 

私は分が認めていないものは確実に排除します。

 

イタリアのフェリーがぶっ壊れている中で、

東北大学がシャチハタいただき(笑)

とか、流石は幼稚園の脳みそですね(笑)

 

生まれた瞬間から、こんな連中にこちらは観られる筋合いもないかな。

そんな感想。

こちらは全時間、全時代に於いて、清和会が要らないのは確かですね。

 

ですので、私はあとはイオンは利用しないことにしました。

大沢も冨谷のも利用しません。

利用する価値も無いかな。

 

 千葉の相手を延々する必要もない。

習志野はこちらの汚点だ。

醜い。

 

森が疫病神になり着いていく側は喜んでいるのでは?

どうぞ癌細胞に墓場まで着いていってあげてください(笑)

 

浅野史郎って私に絡めていたシロアリだぞ(笑)

それに絡める企業はその通りですな。

屑企業は排除です。

関係あると思わないでください。

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

日本海景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第1回】

コスタビクトリア。

取材・文/上田寿美子

日本にも海外の有名客船が続々とやってくるようになりました。中でも今年の夏は、イタリアの客船「コスタ ビクトリア」の日本発着クルーズが注目を集めています。

コースは博多(福岡県)→舞鶴京都府)→金沢(石川県)→境港(鳥取県)→釜山(韓国)→博多(福岡)を巡る5泊6日のツアーですが、大きな特徴は、乗船する港を博多港舞鶴港、金沢港の中から選べること。つまり、最寄りの港から出発し、また、同じ港に帰ってくることができるのです。

そこで、今回は発着港に金沢を選び、北陸新幹線、クルーズ、そして加賀百万石の観光も楽しむ多彩で、合理的なレール&クルーズの旅を計画しました。

旅の始まりは東京駅、午前11時24分発の北陸新幹線はくたか561号」に乗車しました。先頭車両の12号車は「北陸新幹線のファーストクラス」と呼ばれるグランクラスです。

アテンダントに迎えられて車内に入ると、そこは乗客定員わずか18名のための別天地。豪華な革張りのシートは、幅が約52センチもあり、最大45度のリクライニングが可能。床にはウールカーペットが敷かれ、高級感を醸し出していました。

和食または洋食から選べる軽食と、10種類以上のドリンクサービスも旅情を盛り上げます。特に、加賀梅酒のスパークリングワインは北陸新幹線グランクラスの名物だそうです。

沢山のトンネルを抜け、車窓から、長野の山並み、日本海の景色などを眺めているうちに、はくたかは金沢に到着。東京から座ったまま、2時間52分で金沢市の中心地に運んでくれる、快適な鉄道の旅でした。

金沢港に到着すると、目の前にコスタ ビクトリアの白い船体と、黄色に青いCの文字が描かれたトレードマークの煙突が現れました。かつて、この船を見たのは地中海や、カリブ海。懐かしさに加え、7月から9月という最盛期にコスタ ビクトリアが日本発着クルーズを行う日がやってきたのかと、日本の新クルーズ時代の息吹を感じました。

serai.jp