マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【計画的重大犯罪】宮城県警仙台北警察署がマヤの太陽の生まれであった私をまんまと2012年4月23日に青葉病院閉鎖病棟に始末、2012年12月20日のマヤの世界滅亡より安倍晋三政権が12月26日より始まり、2013年にスペインとの両国間格上げを合意【犯罪の土地・仙台藩】

 

 現実に、

安倍政権がスペイン政府とどのような外交をしていたかを証明する記事です。

 

これは、全て浅野史郎村井嘉浩奥山恵美子

そして宮城県警台北警察署ら

用意周到かつ計画的な、厳罰に処すべき重大犯罪です。

これで実刑から逃れられたらこちらは驚きです。

 

ですので、私を閉鎖に入れつつ

ジャイアントパンダ誘致の為に

ジャニーズ事務所と共に奥山恵美子が中国まで行き、

そして後にスマップの番組12月6日に放送完了です。

奥山恵美子12月6日のドイツ持続可能賞名誉賞である

12月6日の東西線開業日です。 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

私の退院後の仙台市長選挙2013年8月11日であり、

この選挙で奥山恵美子は私の住む町内会議所で

個人演説会をやったわけですね。

 f:id:masafree:20190602191119p:plain

 

仙台市役所は公営暴力団そのものであり、

人権侵害を継続している。

 

 

特に、私の2012年4月23日、

北署と泉区役所障害高齢課の青葉病院への強制入院

(医療保護入院)同日に、

中国より政治家の唐家セン若林区被災仮設住宅を訪問したのは、宮内庁の私に対する拉致・監禁だからだ。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 toukasen

blog.livedoor.jp

 

 

そして、その4月23日角田市にある

仙南シンケンファクトリードイツ地ビールです。

私が1999年度宮城県大河原地方振興事務所で相手にして現場に行った自治です。

だから地ビールの日は私を潰していた1999年に制定です。

私が望んだ担当ではなく、宮城県庁に押しつけられたものです。

ドイツで表彰されたのが12月6日での

奥山恵美子 持続可能賞名誉賞です。

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

当然に私が閉鎖病棟に入れられた2012年4月23日は、

今上天皇の初の1993年沖縄訪問であり、

これが山田奈緒子沖縄出身である仲間由紀恵のこと、

そして1993年私を計画的に精神科に行かせた、

宮城県知事浅野史郎宮城県知事初当選の年です。

 

私は常に、

宮城県庁へは自民党農林水産省東北農政局に騙されて入れられたと、そのように裁判所では主張いたします。

 

 

 

4月23日(しがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から113日目(閏年では114日目)にあたり、年末まではあと252日ある。誕生花はハナミ
ズキ、ボタン。

 

1869年(明治2年3月12日) - 明治天皇が歴代天皇で初めて伊勢神宮に参拝。

1941年 - 第二次世界大戦: ドイツ国防軍アテネ侵攻に伴い、ギリシャ政府と国王ゲオルギオス2世が亡命。

1949年 - GHQが日本円とアメリカドルとの交換レートを1ドル=360円に決定。

1993年 - 今上天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問。

2007年 - 航空自衛隊の練習機T-3がこの日をもって全機退役。


地ビールの日(日本の旗 日本)
日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定し、2000年から実施。1516年のこの日、バイエルン公ヴィルヘルム4世が
「ビール純粋令」を発布したことにちなむ[1]。ドイツではこの日が「ビールの日」になっている。


シジミの日(日本の旗 日本)
日本シジミ研究所が2007年に制定。「し(4)じみ(23)」の語呂合わせ。


4月23日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%9C%8823%E6%97%A5

 

 

 

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。

 

1996年 - 羽田孜らが太陽党を結成。

2011年 - 靖国神社日本大使館放火事件

2013年 - 安倍晋三首相が靖国神社を参拝、中国と韓国が強く反発。

2016年 - この日を以て「SMAP×SMAP」が放送を終了[1]。20年9か月の歴史に幕[1]。

2016年 - アメリカ合衆国各地、10か所以上で若者を中心とした乱闘事件が発生[2]。

12月26日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%8826%E6%97%A5

 

 

 

 

 

存在証明
---------------------------------------------------------------------------------------

私は1972年8月11日 4(カヒブ)エツナブ 1(フン)ヤシュキン (12.17.19.0.18)の生まれであり、

マヤ長期暦 紀元前3114年より2012年12月20日で完了する

長期暦の起点8月11日が私の生誕日となる、

数字及び思想で完璧に再現される太陽神となる。

守護数4 見えない太陽神 そして守護神 ナイフの神は、

アステカ・カレンダーの中央の太陽である最後の5番目の太陽のトナティウを示す。


人類滅亡は、2012年12月21日冬至
次の長期暦サイクル起点日である、4アハウ 3カンキン(0.0.0.0.0)で終わるとされていた。

なお、2012年12月20日は、長期暦の終点日である、3カワク 2カンキン(12.19.19.17.19)となる。

 

 

◆生誕日証明

https://i.imgur.com/28UFNqN.jpg

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

安倍内閣(あべないかく)

日本の政治[編集]

安倍晋三内閣総理大臣・首班とする内閣

日本の芸能

ja.wikipedia.org

 

 

 

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ

白石和幸
El Mundo

3大紙の中で安倍首相のスペイン訪問を比較的きちんと報じた『El Mundo』

 安倍首相が今月18―19日にベルギーのブリュッセルで予定されているアジア欧州会議(ASEM)に出席する前の16日、スペインのマドリードを訪問。サルスエラ宮殿を訪問して国王フェリペ6世に謁見、その後、モンクロア首相官邸に移り今年6月に就任したペドロ・サンチェス首相と会談をもった。

スペイン最大紙は安倍訪問を無視

 
 スペインの3大紙『El País』、『 El Mundo』、『 ABC』の中で安倍首相の訪問内容を比較的詳細に報じたのは『El Mundo』だけであった。『ABC』は訪問を伝えるだけで、その詳細についての説明はなし。スペインで一番購読率が高い『El País』に至っては今回の訪問についての報道はまったくなし。(参照:「El Mundo」、「ABC」)  地方紙では、情報元がスペインを代表する通信社EFEを利用するカタルーニャ地方の2大紙『La Vanguardia』と『El Periódico de Cataluña』が安倍首相の訪問を取り上げている。特筆すべきは、前者の記事の中にスキャンダルに色々と巻き込まれながらそれに抵抗している能力を称えて<「テフロンの安倍」>というあだ名が付けられていると指摘している点だ。  ちなみに、同様に王宮と首相官邸からも広報として今回の訪問が伝えてはいる。

スペインにおける「アジア」への関心はもはや日本ではない

 
「El País」が報じていないというのを筆者は意外に感じてGoogleで安倍首相のスペイン訪問を検索して見ると、同紙に掲載されていたのは2014年にスペインを安倍首相が立ち寄った記事であった。それは首相がポルトガル訪問のあと、フランスに向かう途中でスペインの巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステラでラホイ(当時)首相と短時間の会談をもっただけの訪問であった。この訪問ではラホイ首相からガリシア地方の代表ワイン5本が贈呈され、安倍首相からはその返礼に日本酒が3本渡されたという内容も記載されていた。(参照:「El País」)  今回の安倍首相のスペイン訪問を伝える記事が少ないということが意味するのは、スペインでは日本の政治そして政治家への関心が非常に薄いということなのである。それは同時に少なくともスペインにおいて日本外交は体をなしていないという事であろう。逆に、日本においてもスペインの政治及び政治家については殆ど無知であるのと同様である。  中国の習近平首席が2016年11月24日に南米チリ、エクアドル、ペルー訪問のあと、給油も兼ねてスペインのカナリア諸島に立ち寄った際に、スペイン政府からソラヤ・サエス・サンタマリア(当時)副首相と僅か50分間であったが会談した出来事は「El País」を始め、スペインの各紙がそれを報じ、またテレビニュースでも報道された。  1990年代まではスペインにおいてアジアで一番関心を集めた国は日本であったが、それ以後は中国に視線が向けられ現在に至っている。余談ながら、「El País」の極東駐在員も東京から北京に移動して、北京から日本のことについて報道しているのが現状だ。(参照:「El País」)

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ | ハーバービジネスオンライン
https://hbol.jp/177037

 

 

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ

白石和幸

唯一細かく報じた「El Mundo」の内容は?

 
 唯一、安倍首相のスペイン訪問を細かく報じた「El Mundo」は、両国が結びついた150周年を記念して2013年から継続されて来た両国の関係を格上げすることで合意したと報じている。それは新しい協定を結ぶものとし、その内容の一部は、両国の航空協定の改正及び所得税の重複徴収及び脱税を回避するものであるとした。航空協定の改正というのは、これまで日本は東京そしてスペインはマドリードを起点にすることが義務づけられていたが、この改正で起点が両国の別の都市からでも可能になるということである。また、重複徴収というのは日本で一度税金を納めれば、スペインでの徴収は回避されるという合意である。  更に、同紙が強調しているのは2019年3月から欧州連合EU)から英国が離脱することによってスペインがEUの中で4番目に経済規模で大きな国になるという点だ。このことを日本は知るべきだと指摘している。  また、7月17日に日本が署名したEUとの経済連携協定EPA)についても近く欧州議会で批准されて来年初頭からこの合意が有効となることも報じ、スペインはその恩恵を最も高く受ける国の一つだと指摘した。  日本が政治外交においてスペインで重要性を増すには今後さらに外交面での活発な動きが必要であろう。 <文/白石和幸> しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

安倍首相のスペイン訪問、スペイン最大紙は報じず、他紙も報道少なめ | ハーバービジネスオンライン | ページ 2
https://hbol.jp/177037/2

 

Japón ve en España un aliado clave tras el Brexit

ASIA

El primer ministro japonés, Shinzo Abe, durante su encuentro con Pedro Sánchez en la Moncloa SERGIO PEREZREUTERS

El primer ministro japonés, Shinzo Abe, escoge España para iniciar su gira europea y eleva los acuerdos bilaterales existentes entre ambos países

Japón y España: 150 años de historia y amistad

El primer ministro japonés, Shinzo Abe, reelegido presidente de su partido

En un escenario geopolítico cada vez más polarizado, reforzar las relaciones bilaterales entre Estados es, de nuevo, esencial. El primer ministro de Japón, Shinzo Abe, ha iniciado este martes en Españaun tour europeo de cinco días que le llevará también a París y Bruselas.

Durante su primera jornada, Abe mantuvo una audiencia en el Palacio de la Zarzuela con el rey Felipe VI y por la tarde se reunió con el presidente del Gobierno español, Pedro Sánchez. Ambos líderes conmemoraron el 150º aniversario del establecimiento de las relaciones diplomáticas y acordaron elevar el acuerdo bilateral entre Japón y España pactado en 2013.

En su primera visita a Madrid -Abe viajó a España en 2014 para recorrer un tramo final del camino de Santiago y reunirse con Mariano Rajoy-, el primer ministro japonés y el presidente Sánchez firmaron el Nuevo Convenio para incrementar el rango de socios entre los dos países. En dicho acuerdo, revisaron el convenio de navegación aérea para facilitar el flujo de ciudadanos y eliminaron la doble imposición sobre la renta para prevenir la elusión y evasión fiscal.

Fuentes diplomáticas aseguran que, tras la salida de Reino Unido de la Unión Europea en marzo de 2019, Japón entiende que España pasará a ubicar un puesto importante en el bloque comunitario. Y es que después del Brexit, España se convertirá en la cuarta economía de la UE.

La gira europea de Shinzo Abe tiene lugar después de que el 17 de julio el Gobierno nipón firmara un histórico acuerdo de libre comercio con la UE, el Acuerdo de Asociación Económica y de Asociación Estratégica, que deberá ser ratificado por el Parlamento Europeo en estos meses y que entrará en vigor a principios del próximo año.

La delegación japonesa no duda de que España será uno de los países que más se beneficiará del acuerdo entre Japón y la UE, con una creciente exportación de productos -entre ellos, el jamón- y un auge del turismo con más de 400.000 turistas japoneses en 2017. Según el Gobierno, Sánchez ha expresado su satisfacción por los acuerdos, que ha calificado de "hito" porque abren importantes posibilidades para los dos países de cara al futuro.

En un tablero donde China y Estados Unidos, dos de sus principales aliados, se encuentran sumidos en una creciente guerra arancelariaJapón está dispuesto a tomar un liderazgo entre las relaciones europeas y asiáticas. Tras su gira europea, Abe se reunirá en Pekín con el presidente de China, Xi Jinping.

La amenaza de Corea del Norte

Durante el encuentro de setenta minutos en Moncloa, Abe y Sánchez intercambiaron opiniones sobre el mantenimiento de la paz en la comunidad internacional y la amenaza que supone Corea del Norte en la región asiática.

El primer ministro japonés tuvo la oportunidad de expresar su preocupación al presidente español sobre el secuestro de 17 japoneses por los servicios secretos del régimen de Juche entre 1977 y 1983. Cinco de ellos ya han regresado a territorio nipón, sin embargo, Pyongyang afirma que el resto de desaparecidos nunca pisaron Corea del Norte o ya han fallecido.

El desafío nuclear ejercido por Kim Jong-un durante los últimos años ha situado a Japón en un estado de máxima alerta tras los ensayos nucleares que pusieron en peligro la estabilidad del sureste asiático. El Gobierno japonés aboga por continuar con las decisiones de la comunidad internacional en el Consejo de Seguridad de la ONU sobre Corea del Norte. No obstante, Abe reafirmó a Sánchez la importancia del proceso de acercamiento y desnuclearización entre Pyongyang y Estados Unidos tras la reunión de Kim Jong-un y Donald Trump en Singapur.

Abe, que afronta su tercer mandato consecutivo desde 2012, persigue revisar la Constitución pacifista aprobada en 1947 tras la Segunda Guerra Mundial y poder ampliar las competencias militares. Japón actualmente sólo dispone de fuerzas de autodefensa. La legación diplomática de Japón en Madrid asegura que únicamente se trata de adaptar el lenguaje para responder a las necesidades actuales y mantener la estabilidad regional.

 

 

 

 

 Japón ve en España un aliado clave tras el Brexit | Internacional
https://www.elmundo.es/internacional/2018/10/17/5bc72c2a46163f45818b45a3.html