マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

東京都練馬区の元農林水産事務次官の殺人の動機は、「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」。過去より暴力があり、今回の発端は小学生に対するうるさいと言うクレームが原因

 事件の継続です。

 

この元官僚は退職後に外交官もやっていたそうですね。

 

社会福祉協議会に一時被告が就いていたそうで、

そもそも私はこの社会福祉協議会に近い、

社会福祉法人B型作業所通所を強要されていました。

色々と私に絡みまくっていましたね。

 

きっかけは小学生がうるさいと言う、多分自宅から声を出したんでしょう。

被告にたしなめられ、そして過去の連鎖からの殺害ですね。

 

私が住む自宅前も小学生は通りますが、別に私に対する中傷はないですしね

こちらもスルーですね。

 

農林水産省の役人は、そもそも頭がちょっとね。

私はおかしいと思っています。

 

対面する価値は無いですね。

 

この組織に在席した私の親も頭がおかしいですわ。

 

この業界は説得能力が無いので、どうしようも無いね。

まさに農民です。

 

私は親が馬鹿過ぎるから、ネットで必死に雑学の勉強ですので。

親が子を守らないから自分で勉強している。

 

この親子も、双方が要らなかったんでしょうね。

 

馬鹿と暮らしていても、勉強するツールが無ければ成長しないね。

 

 親が成長できず、こちらの未成年時代と言う事が同じなのだから、

それで具合が悪くなっています。

成長しない幼稚な親と同等なのが、この業界の職員でしょ。

まともなのはおらんだろうね。

 

放置主義の屑が、形骸化した神事の如く

くだらん中身が無い声かけだけしなくていいよ。

なんだこの頭が足りない馬鹿としか思わないですね。

反面教師そのものです。

 

私は入院から退院後の、「散歩をしましょう」と言うのは引き継いでいるし、

精神病院での「関係妄想」と言う点を重要視し、神社を厳格に捨て、無神論者に転じました。

これも流れとしては道理であり、進み方としては間違ってはいないです。

 流れから自然に必要なものを取捨選択が正しいでしょうね。

 

 そもそも、私は精神科医に対して、神社の神の存在に対して質問したい派なので。

どのような認識であり、そして医学の観点からどう評価出来るか?

私はそんな論文が読みたいわけですよ。

 

 現行で私は訪問看護時で看護師に提案された歩数計ですね。

自腹で購入したので、延々ポケットに入れていますね。

スマホも自動カウントするので、歩いた歩数は分かりますね。

歩くと元気になるので、それで勝手にやっています。

 

良い物は取れ入れるし、要らないものは捨てて、延々無視ですね。

捨てる代表格が神社です。

入院時に薦められたことは皆無です。

目的は妄想処理だからね。

 

神社とか動物園とか全く要らんね。

子供かよと一笑に付して完了です。

 

 訊いてはやるから、

人生論でどれだけ必要か最大限に説得してみろ。

 

 

後に、訪問看護より、

秋葉神社羽生の話も出ましたが、要らない(笑)

当然ケア会議での動物園の話も要らない(笑)

刷り込みは要らない。興味は無い。 

それは保健指導ではなく、他人の趣味、雑談ですからね。

 

そんな中で、

私はゲームも漫画やアニメを観るのも辞めちゃったので、

大分変わりました。

完全なお堅いしゃべりの人だね。

 

それで、電話口の向こう側から、

色々なことを良く知っていますね」と言われる事もたまにあるので、

ゲームやアニメよりはマシなのかもですね。

論破能力付けた方が、厳しい社会で渡り合って行けそうだと思いました。

 

仮想のゲーム世界を知り尽くしていても、これは現実社会では通用しないですからね。

テレビの娯楽も生きていくためのものではないし。

生きる能力を付けることが必要だと、愚かな親を観て悟りました。

 

でも、私は現実世界にはあり得ない仮想世界を知るってのも好きですけども。

 

最後に、

そんな情報の披露の中で、またキチガイの親が、私の閉鎖前と同等に妨害するんだね。

進歩しないのはこのゴミ親だと理解したわけです。10年間ね。

 相手が迷惑と語っていないのに妨害するのは、ぶち殺した方が私はいいと思う

 

私は警察以外、執拗にかけませんね。

警察にしつこくかけるのは、「犯罪情報をちゃんと聞けや」と言う本音が入っている。

それだけですね。

民間は向こうから切られればそれでしまい。

 

問題なのは、一度きりの電話で、こちらが民間相手に全て説明する前に

キチガイの親が入り込み、話さないまま電話が終わってしまう

こんなのは殺した方が良いんだね。相手は迷惑ではないから。

誰が癌かよく分かる展開。

 

決別と言う観点から、電話を入れる権利は私はあると思いますよ。

 

そんな子供の意思表示に対して、間に割って入る屑と言うのは、

既に親ではない人権侵害者でしかないのだから、消えた方が良いわけですね。

ゴミ屑のために子が存在するわけではない。

 

どんな流れがあろうが、私は親が採用したのは捨てるからね。

それだけの人生。

性格の違いだけです。

 

生き字引である親の指南であれば訊くに値するが、

パチンコとテレビの娯楽屑に教えてもらうものは何も無い。

益にはならない。

 

観る方向の中身も重要ですが、

普通は興味対象の人物でなければ、

相手の趣味等に合わせないからね。

個人的趣味発言を訊いたで完了ですね。

相手がそれだけの人だから。

 

 

 

 

殺人未遂容疑で逮捕 元次官「迷惑かけてはいけないと思った」

1日、東京・練馬区の住宅で44歳の長男が包丁で刺されて死亡した事件で、逮捕された農林水産省の元事務次官の76歳の父親は「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」と話していることが、捜査関係者への取材でわかりました。事件の直前、近くの小学校の音がうるさいと腹を立てていた長男を父親がたしなめたことで口論になったということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

1日、東京・練馬区早宮の住宅で、この家に住む無職の熊澤英一郎さん(44)が包丁で刺されて死亡し、警視庁は、父親で農林水産省の元事務次官、熊澤英昭容疑者(76)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

調べに対し、「長男を包丁で刺した」と供述しているということですが、その後の調べで、事件の直前に父親と長男の間で口論になっていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

捜査関係者によりますと、家の近くにある小学校の音がうるさいと腹を立てていた長男に対して、父親がたしなめたことがきっかけで口論になったということです。

長男は家庭内で暴力を振るうこともあったということで、父親の熊澤容疑者は「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」と話していることも、捜査関係者への取材でわかりました。

警視庁は、家庭内で長年トラブルがあったとみて、詳しいいきさつを調べています。

近所の人「息子のこと知らず」

近くに住む80代の男性は、熊澤容疑者について「一緒に練馬区社会福祉協議会の会員をしていたことがありました。何事にも丁寧で人柄もいい人という印象で、こんな事件を起こすとは思いませんでした。近所に住んでいるのでよくあいさつをする仲ですが、1週間ほど前に奥さんと買い物に行く時に会いました。仲のよい夫婦で、何かに悩んでいるような様子はありませんでした」と話していました。

また、熊澤容疑者の長男については「子どもがいるとは聞いていましたが、本人は子どもの話をほとんどしませんでした。息子だとは知らなかったし、自宅にいたとも知りませんでした」と話していました。
 
 

殺人未遂容疑で逮捕 元次官「迷惑かけてはいけないと思った」 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190602/k10011938201000.html

 

 

元農水事務次官逮捕 息子が日常的に暴力か

元農水事務次官逮捕 息子が日常的に暴力か

写真拡大

1日、東京・練馬区で44歳の息子が包丁で刺されて死亡し、農林水産省の元事務次官の父親が逮捕された事件で、息子が日常的に暴力をふるっていたとみられることがわかった。

この事件は1日午後、東京・練馬区の住宅で熊沢英一郎さんが胸などを包丁で刺されて死亡し、父親で農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕されたもの。警視庁の調べに対し、熊沢容疑者は容疑を認めているという。

近所の人「(1週間前に会ったときは)普通だよ。おかしいところは全然ない。息子の話は一切しなかった。」

その後の捜査関係者への取材で、英一郎さんが熊沢容疑者に日常的に暴力をふるっていたとみられることがわかった。英一郎さんは無職で、警視庁は家族間のトラブルがあったとみて容疑を殺人に切り替えて調べる方針。

 

元農水次官を逮捕 息子から日常的に暴力をふるわれていたか - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16555077/

 

 

逮捕の農水省元次官「長男はひきこもりがちで暴力も」

東京 練馬区の住宅で44歳の長男が刺されて死亡し、逮捕された農林水産省の元事務次官の76歳の父親は「長男はひきこもりがちで家庭内暴力もあった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」とも話していて、警視庁は、長年、トラブルが絶えなかったとみて詳しいいきさつを調べています。

1日、東京 練馬区早宮の住宅で、この家に住む無職の熊澤英一郎さん(44)が包丁で刺されて死亡し、警視庁は、父親で農林水産省の元事務次官、熊澤英昭容疑者(76)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

これまでの調べで、「長男を包丁で刺したことは間違いない」と供述しているということですが、その後の調べに対し、熊澤容疑者は「長男はひきこもりがちで家庭内暴力もあった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かりました。

捜査関係者によりますと、長男は仕事はしておらず、事件直前には近くの小学校の音がうるさいと腹を立てていたのを父親にたしなめられ、口論になったということです。

父親は「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」とも話しているということで、警視庁は、家庭内で長年、トラブルが絶えなかったとみて、今後、容疑を殺人に切り替えて詳しいいきさつを調べることにしています。

長男とみられるツイッター「誰も1人では生きられない」

死亡した熊澤英一郎さんのものとみられるツイッターのアカウントには、「熊澤英一郎」という名前が書かれているほか、プロフィール欄には人気のオンラインゲームに毎日のようにログインしていると書かれています。

そのうえで、事件直前には「誰も1人では生きられない」と書き込まれていたほか、ことし4月には農林水産省の元事務次官だった父親についての記述もあり、「私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさ」と書き込まれています。

また、「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ、私は」などと書いたうえで、母親に対して危害を加えるような書き込みもたびたび残していました。

「息子の姿を見たことがなかった」

熊澤容疑者の長男について、近隣の住民からは「姿を見たことがなかった」「知らなかった」などといった声が相次ぎました。

近くに住む80代の男性は、熊澤容疑者について「一緒に練馬区社会福祉協議会の会員をしていたことがありました。何事にも丁寧で人柄もいい人という印象で、こんな事件を起こすとは思いませんでした。近所に住んでいるのでよくあいさつをする仲ですが、1週間ほど前に奥さんと買い物に行くときに会いました。仲のよい夫婦で、何かに悩んでいるような様子はありませんでした」と話していました。

長男については「子どもがいるとは聞いていましたが、本人は子どもの話をほとんどしませんでした。息子だとは知らなかったし、自宅にいたとも知りませんでした」と話していました。

また、近くに住む50代の男性は、熊澤容疑者の家族について「10年くらい前に新築の家に引っ越してきたと思いますが、息子については全然知りませんでした。夫婦2人暮らしだと思っていて、見かけたこともありませんでした。最近変わった様子もなく、近所のいいおじさんという感じでした」と話していました。

 

逮捕の農水省元次官「長男はひきこもりがちで暴力も」 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190602/k10011938431000.html

 

逮捕の元事務次官の男「身の危険を感じる」

逮捕の元事務次官の男「身の危険を感じる」

写真拡大

1日、東京・練馬区で44歳の息子が包丁で刺されて死亡し、農林水産省の元事務次官の父親が逮捕された事件で、父親が息子から日常的に暴力を受けていたとみられることがわかった。「身の危険を感じる」などと話すこともあったという。

この事件は、1日午後、東京・練馬区の住宅で熊沢英一郎さんが胸などを包丁で刺されて死亡し、父親で農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕されたもの。警視庁の調べに対し、熊沢容疑者は容疑を認めているという。

近所の人「(1週間前に会ったときは)普通だよ、おかしいところは全然ない。息子の話は一切しなかった」

近所の人「本当に穏やかで、すてきなご夫婦だなと」「(Q長男の存在はご存じなかった?)私は全く(知らなかった)」

その後の捜査関係者への取材で、熊沢容疑者が息子の英一郎さんから日常的に暴力を受けていたとみられることがわかった。熊沢容疑者は、家族に対して「身の危険を感じる」などと話すこともあったという。

英一郎さんは無職で、警視庁は家族間のトラブルがあったとみて容疑を殺人に切り替えて調べる方針。

 

息子を刺殺した疑いの元農水事務次官 話していた「身の危険」 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/16556663/