マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【奥山恵美子・令和018】5月25日 2014年に紫綬褒章を受けた台湾出身の東北大学教授が60歳で他界(心不全)、1985年秋田大学卒【拉致・監禁】

 5月25日のニュースです。

 

私は青葉山は昔から意識レベルでは切り捨てていたし、あえて憤慨して太白区役所に対して、排除告知までしたと言う事ですね。

 

皇室より受賞、1985年、秋田大学東北大学と並べば役満であり

その通りの結果でしょう。

 

普通過ぎてこちらが驚くこともなかったかなと・・。

 

これは、スペインの太陽と、私との差別化なのできっちり行っていると思います。

それだけですね。

 

どんな因果かは知りませんが、

要するに高学歴であっても、運の領域は全く違う別の能力だからね。

総長が22代であるから、我々は天命とかこの大学は考えているのかな?

私にはどうでも良いことだ。

 

 

 

 

 

蔡安邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動

蔡 安邦(さい あんぽう、TSAI An-Pang、1958年12月26日[1] - 2019年5月25日)は日本の物理学者台湾雲林県北港鎮生まれ。東北大学教授。専門は準結晶

台北工業専科学校(現:国立台北科技大学)卒業後、現地の日系企業に勤務したのち来日する。1994年、「準結晶に関する研究」で日本IBM科学賞を受賞[1]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

ja.wikipedia.org

 

 

 

宮城のニュース

東北大多元研の蔡安邦教授死去 60歳・「準結晶」権威

 東北大は30日、「準結晶」の研究で世界的に知られる多元物質科学研究所の蔡安邦(さいあんぽう)教授(60)=台湾出身=が、出張先の台湾で心不全のため25日に死去したと発表した。
 準結晶は、原子や分子が規則正しく並ぶ「結晶」と、並んでいない「非晶質」のどちらにも属さない構造の物質。蔡氏は1987年、アルミニウムと銅と鉄の合金で安定的な準結晶を作製することに世界で初めて成功し、存在を裏付けた。
 その後も安定的な準結晶を次々と作り出し、新たな研究分野として確立するとともに応用につなげた。準結晶を発見したイスラエル人研究者は2011年のノーベル化学賞を受賞している。
 14年に紫綬褒章を受章。17年には日本金属学会村上記念賞を受賞した。


関連ページ:宮城社会

2019年05月31日金曜日

 

 

東北大多元研の蔡安邦教授死去 60歳・「準結晶」権威 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190531_13025.html