正体不明の2機が低空飛行 「不安」の声相次ぐ

写真拡大

 30日夕方、長野県で航空機2機が低空飛行しているのが相次いで目撃されました。

 午後5時半ごろ、佐久市役所から北に向かって撮影した映像には、右側から左側へ飛んでいく航空機が2機確認できます。同じころ、市内で撮影された写真からは主翼にプロペラが付いているのが分かります。長野県佐久市には市民から「不安を感じた」などの問い合わせが30件ほど相次ぎました。

 佐久市危機管理課・清水淳一課長:「住宅街の本当に低空のところを飛んでいた。危険だと思った」

 県は防衛省などに機体の特定や状況について問い合わせていますが、回答は来ていないということです。