マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【加計 獣医師・農民 三塚博】5月26日 千葉県銚子市犬吠埼沖で今治市の運送会社貨物船(499t)が他の貨物船に衝突、秋田市出身の機関長(社長の弟)ら3人が死亡、残り1人が行方不明【大杉神社】

 5月26日の継続ニュースとして、現地での捜索が続いているみたいです。

 

また守護数4・太陽の神滅亡ニュースです。

 

 

今治市の会社と広島県呉市の会社の同じ499tの貨物船同士での衝突事故でした。

 

今治市の会社の貨物船のみ沈没して死者が発生しています。

 

実は今治市加計学園獣医学部、要するに獣医師の三塚博のことです。

そして第11回の和牛大会宮城県でやったんです。

こちらは完全無視で全切りです。

 

大杉神社関東一円から東北まで「あんばさん」の名で親しまれた海上交通の神様でした。

1725年にそうなったようで、それがのちの7月25日の私がはめられた日ですね。

私の人生上の最悪の汚点だ。

maya-taiyoushin.hatenablog.com
maya-taiyoushin.hatenablog.com


 

 私は稲敷市の博物館に対して、もう関係はないですよと電話で済みなので、

関係はございません。私が現地に行くこともありません。

 

私が神社を必要とするか否かは、私自身で判定するので、

そうすればあとは私とは関係が無いと言うことですね。

当然ですが。

 

私は裁判用に栗原市からかっさらった情報が「大杉神社ですから、

きっちり境界は構築するだけです。

 

国道108号線から秋田県国道13号線までの煩悩108+フナブ・クー13は、

私の中では産廃処理済みなので、全く関係ございません。

こちらの思想ではございません。

 

特に1996年8月11日鬼首極地地震

 

実はですね、1995年当時に現地で働いていたのは私ではなく宮城県農業振興公社の職員です。

私はこの組織にも少し前に電話もしましたが、組織そのものが私とは関係はないと述べているのです。

 

ということで、鬼首は私と関係があるのではなく、宮城県農業振興公社と組んでいるだけです。

こちらははた迷惑なんですね。

 

そもそも私は人生に於い神社を認めたことは無いので。

あちらが勝手にこっちを見て、妄想こいていたのでは?

私はそんな宗教に縋ったことは一度もございません。 

 

自民党の4は守護数4では無くて死4ですからね。

元から気が狂っているんでしょ(笑)

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

大杉神社

拝殿
拝殿

 
 
所在地 茨城県稲敷市阿波958番地
位置 北緯35度57分8.09秒東経140度22分57.80秒 
主祭神 倭大物主櫛甕玉命
大己貴命
少彦名命
社格 旧郷社
別表神社
創建 767年神護景雲元年
別名 あんばさま
例祭 10月26日27日

 

享保10年(1725年)、「悪魔払え囃子」が始まり、その流布に伴って疱瘡除けや水上交通の神として、関東一円と東北の太平洋側に信仰が広がった。源流は元和3年(1617年)、田中玄蕃(ヒゲタ醤油の創業者)が紀州から十二座神楽とともに伝えたものという[7]。「あんばさま(阿波様)」は、デジタル大辞泉に項目があり「千葉県から東北地方にかけての太平洋岸の漁村で信仰されている神」と説明されている[8]

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

秋田市の機関長、死亡確認 沈没船から発見

 
お気に入りに登録
 

 千葉県銚子市犬吠埼沖で貨物船同士が衝突し、愛媛県今治市の勝丸海運の千勝丸(499トン)が沈没し2人が死亡、2人が行方不明となった事故で、第3管区海上保安本部(横浜)は30日、船内から秋田市の機関長(69)を発見し、巡視船へ収容後に死亡を確認した。死者は3人となった。

 機関長は勝丸海運の社長(75)の弟。社長の妻は取材に「懸命な捜索をしていただいて、本当にありがたい」と声を震わせた。行方不明のままの今治市の1等機関士(67)についても「早く見つかってほしい」と語った。社長も同日午前、銚子海保を通じ「とても心配している。人生でこんな事故に遭ったことはない。ただ、ただ捜索の結果を見守るだけです」とのコメントを出した。家族や船長(60)は海保の庁舎に連日詰め、憔悴(しょうすい)した様子という。

 秋田市の機関長宅の近くに住む女性(64)によると、機関長は夫婦2人暮らし。家を空けていることが多かったが、休日などに道で会えば会釈を交わしていたという。「無事を願っていたが、残念なことになってしまった」と声を落とした。

 海保によると、29日に船内の捜索を終了したが、周辺の海底を捜していた潜水士が30日午後1時10分ごろ、船の窓から人の足のようなものに気付いた。その後、海水が満ちた機関長室で機関長を見つけた。

 事故は26日午前2時10分ごろ発生。千勝丸は広島県呉市の住宝海運のすみほう丸(499トン)と衝突後に沈没した。千勝丸船内で26日、静岡市の2等航海士(72)が、28日に鹿児島県指宿市の1等航海士(60)が見つかり、いずれも死亡が確認された。

秋田市の機関長、死亡確認 沈没船から発見|秋田魁新報電子版
https://www.sakigake.jp/news/article/20190530AK0031/

 

 

波高く、潜水捜索できず 銚子沖の貨物船衝突

 
 
犬吠埼沖で貨物船が衝突した現場付近で、捜索を続ける海上保安庁の巡視船と小型ボート=千葉県銚子市で2019年5月26日午後3時11分、本社ヘリから

 千葉県銚子市沖で26日未明に貨物船2隻が衝突して1隻が沈没した事故で、第3管区海上保安本部は28日午前、行方不明となっている沈没船の船員3人について、巡視船や航空機で捜索を続けた。現場海域の波が高く、巡視船からボートを降ろせないことから、27日に中断した潜水による捜索は再開できておらず、3人は発見されていない。

 3管によると、27日には約30メートルの海底に沈没した船体後部の内側から船体をたたくような音を潜水士が確認した。3管からの災害派遣要請を受け、海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」が28日午後にも現場海域に到着する予定。

 事故は26日午前2時10分ごろに発生。「勝丸海運」(愛媛県今治市)の貨物船「千勝丸」が、「住宝海運」(広島県呉市)の貨物船「すみほう丸」と衝突して沈没。千勝丸の船員5人のうち1人は救助されたが、1人が死亡、3人が行方不明となっている。【松本惇】

 

波高く、潜水捜索できず 銚子沖の貨物船衝突 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190528/k00/00m/040/070000c