マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

兵庫県明石警察署が踏切内の少女を助けたとして「小池太陽(17)」を表彰

 5月30日にニュースとして出されたものです。

 

この助けた人物の行動は私は立派だと思います。

 

私はそもそも人間は名前に囚われずに、個々で違うと思っていたし、

またDNAが違えば全て違うと思っていたのですが、

 

自民党と言う狂った思想を把握したので、私は現役時代の姓は全切りしています。

ということで、私は小松と言う姓は特に近づかないと言う事ですね。

 

小松姓は、私が東北工業大学時代に刷り込まれた姓です。

 

私はストーカー自民党は排除だけなので。

シロアリ気持ちが悪いと言う感想です。

 

結局、私が生田神社の神戸の土地を踏むことはないし、ここは延々八幡でしょ?

こちらは要らない土地ですな。

通販で当たったときに利用するだけです。

 

宮内庁がのぼせ上がったから、こちらは境界作りをするわけだ。

こちらは神社に用は全く無いのでね。

 

神戸に尻尾振るのがお笑いの仙台市役所ですので。

最高の東北熊襲ですな。

更々相手にしていない。

 

今回は太陽と言う人物に白羽の矢が立ったが、

生田も何かすればいいじゃん。

 

所詮は田んぼが出来るのは米の生産だもんな。

農民の土地だから。

 

これが神とか狂っているかな?(笑)

 

神が存在するとすれば、それは自然の中です。

自然の驚異の中に神の畏怖を感じたのですね。

 

田んぼが神と歪曲した思想を持っているのは神社だけです。

 

農業神と言うのは多神教では存在するけども、

田んぼそのものを神とするのは脳の障害だからね。

別な話。

 

田んぼが神様であれば、毎日卵を産む鶏は何処の位置なのか?(笑)

脳障害思想は捗りますな。

 

 

米が収穫できるまでの労働は並ではないわ。

それに比べて、鶏は餌を与えるだけで毎日卵が自動生産。

 

卵こそが神の贈り物。

 

田んぼって神のくせに、ただで米を吐かないよね。

保食神は働いてください(笑)

 

妄想の神社相手にしていても金にならん。

働かなければ生きて行けんね。

妄想者は無視しましょう。

 

拉致されて5000円盗まれて厄払いさせられ、

そして閉鎖病棟に入れられましたわ。

完全に霊感商法の詐欺だね。

金返せと言う感想のみです。

 

 

 

myoji-yurai.net

 

 

 

 

  • 印刷
 
拡大
自殺を図ろうとした少女を救出したとして「のじぎく賞」を受けた小池太陽さん=明石市魚住町長坂寺

 

 

 

 

  

 自殺を図ろうとした少女を踏切内から助け出したとして、兵庫県警明石署は県の善行表彰「のじぎく賞」を明石商業高校3年の小池太陽さん(17)に贈った。「とっさに体が動いた。当たり前のことをしただけ」と小池さんは話した。

 小池さんは今月11日午後10時半ごろ、友人と食事をした帰りにJR大久保駅明石市大久保町)東側の踏切を自転車で通りかかった。

 そこですれ違った少女(16)が、踏切内で立ち止まった。一度は通り過ぎたが、踏切の外側にかばんが置いてあるのに気付き、嫌な予感がした。

 「ずっと無表情で、とにかく様子が変だった」と小池さんは振り返る。

 警報音が鳴り出し、遮断機が下りた後も少女は動かなかった。踏切の幅は約15メートル。小池さんは慌てて中に入り、少女の手を引っ張った。大久保駅に近づいてくる電車のライトが東の方に小さく見えたが、恐怖心はなかったという。

 「人通りが少ない場所だったし、自分が助けるしかないと思い、とっさに体が動いた」と話す。

 少女は抵抗し、踏切に戻ろうとした。小池さんは体を押さえ「そんなことしたらあかんやろ」と制止した。電車が通過し、少女は一命を取り留めた。

 「なんでこんなことしたん?」。尋ねると、少女は家族とトラブルになり、自殺を考えたことを打ち明けた。一部始終を遠くから見ていた人が「カップルのけんか」と勘違いし、110番通報していた。

 近くの交番に連れて行こうとしたとき、偶然パトカーが通りかかり、少女を引き渡した。たまたま踏切を通ってから約15分。少女は少し落ち着いた様子だったという。

 帰宅後、明石署からお礼と事後報告の電話を受けた。「女の子が死ななくてよかった」。改めて安どした。

 平本和久明石署長から表彰状を受け取った小池さんは、「人助けをしたというより、当たり前のことをした感覚。命を救えて本当にうれしい」とはにかんだ。(勝浦美香)

 

神戸新聞NEXT|明石|自殺図ろうとした少女を踏切内で救出 明石商高生「とっさに体動いた」
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201905/0012376935.shtml