マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【盛者必衰】5月24日 涙ぐみ「出来ることは全てやった」、メイ英国首相6月7日に退陣へ【諸行無常】

 5月24日です。

 

最初が駄目だからみんな駄目。

それだけのことですね。

 

私も閉鎖に入る前の時は、キチガイの父親と同類になり暴れてそうなった。

愚かで無駄なあの時代だった。

 

時、私は人が良すぎたから、自分から辞表を出して去り、

自らの力で投機に流れ儲け始めたが、

 

犯罪者の宮内庁らが更に妨害してきた。

それで残るは裁判のみとなった。

 

結局、駄目な奴は最初が駄目で、あとは転落するだけですな。

 

私が閉鎖に入り理解したのは、行政公務員は全て警察に売るだけ。

 

 

 

 

 

メイ英首相、6月7日に与党党首辞任へ 次期首相は7月末までに就任

  • 2019年05月24日
 
「もうすぐこの職を去ります」 メイ英首相、6月7日に辞任へ

イギリスのテリーザ・メイ首相は24日、6月7日に与党・保守党の党首を辞任すると表明した。6月7日に保守党党首を辞任し、その後の党首選考で後任が決まるまで、首相の職に留まる意向という。次期首相は保守党の党内手続きを経て、7月末までに決まる見通し。

メイ氏は首相官邸前で記者団を前に、2016年の国民投票で決まった欧州連合EU)離脱の実現に向け、「できることは全てやった」と涙声で述べた。

その上で、ブレグジット(イギリスのEU離脱)を自分が実現できなかったことが「きわめて残念」だと話し、次期首相は「イギリスのために最大限努力するだろう」と述べた。

メイ首相はまた、ブレグジットを実現するためには、次期首相は議会での合意形成を実現しなくてはならないと話した。

「そのような合意形成は、議論の全当事者に妥協の用意がなければ不可能だ」と首相は述べ、声を震わせながら首相としての3年間を「一生を通じて最大の光栄だった」と語った。

「史上2人目の女性首相で、もちろん最後(の女性首相)ではありませんが、辞任にあたって無念はなく、このような機会を与えられ、多大にいつまでも感謝しています。愛する国に仕えることができたのですから」と涙声で結んだ。

<関連記事>

イギリスは3月29日にEUを離脱する予定だったが、議会が離脱協定を3度にわたり否決したため、EUは離脱期限を10月31日まで延長した。また、政府が労働党と進めていた協議も、離脱協定の譲歩案を見いだせないまま終了している。

 
【全訳】 メイ英首相、辞任会見 「愛する国に仕えた」と涙声で

こうした中、メイ首相はEU離脱協定法案を議会に提出すると発表。しかし、21日に発表された離脱協定法案の修正案には、与野党から批判が噴出していた。

22日にはアンドレア・レッドソム下院院内総務がブレグジットをめぐる意見の違いから辞任したほか、保守党内からも党規則を変更して不信任案決議を行う動きが出ていた。

保守党は党首選へ

メイ首相の辞任に伴い、保守党は党首選を行う運び。イギリスでは、与党党首は自動的に新首相となる。

一方、メイ首相は党首選が行われるまでは首相としての任務を継続すると説明した。ドナルド・トランプ米大統領がイギリスを公式訪問するが、この時点ではメイ首相がトランプ氏を迎えることになる。

保守党は声明を発表し、党首選の立候補締め切りは6月10日の週になる予定だと明らかにした。6月末には候補者を2人まで絞り込む方針という。

候補者の絞り込み段階では、保守党の下院議員313人が投票する。最も得票の少ない候補を外しながら下院議員が投票を重ねた末、残った2人の決選投票には、保守党党員12万4000人が投票することができる。

保守党党首選については、すでにボリス・ジョンソン前外相、エスター・マクヴェイ前労働・年金担当相、ローリー・スチュアート国際開発担当相、ジェレミー・ハント外相などが出馬の意向を示しているほか、さらに十数人が出馬を検討しているとされる。

「辞任は正しい」

労働党ジェレミー・コービン党首は、「メイ氏の辞任は正しい。国民が何カ月も前から分かっていたことだ。分裂して崩壊しつつある保守党も、この国を統治できないと、(メイ氏は)やっと認めた」とツイートした。

「新たな保守党党首が誰であれ、ただちに総選挙を行い、イギリスの未来を決める機会を国民に与えなくてはならない」

一方、ハント外相は「真の公僕だった」と称賛し、ジュリアン・スミス下院幹事長は、メイ氏の国家への貢献は「目を見張るものだった」とコメントした。

フィリップ・ハモンド財務相は、メイ首相の傍らで国に尽くすことができたのは「光栄だった」とツイートした。

また、22日に下院院内総務を辞任したレッドソム氏は、「堂々とした会見だった。彼女が行ったイギリスと職務への貢献を表していた。メイ氏はベストを尽くした」とツイートした。

スコットランド自治政府ニコラ・スタージョン首相はメイ首相の幸運を祈るとツイートする一方、メイ氏のブレグジット政策などには「基本的に反対だ」と強調。「総選挙をしないでまたしても保守党議員が首相官邸に入るのは、大間違いだと思う」と書き、「さらに強硬的なEU離脱派の政治家が首相となり、合意なしブレグジットを推し進める可能性があることは非常に問題だ」と述べた。

「過去3年の経験も含め、スコットランドが独立国家になる選択肢を与えることはこれまで以上に重要だ」

<分析>イアン・ワトソン、政治担当編集委員

メイ首相が首相官邸で感傷的な会見を行った後、彼女を首相職から追い出した人たちからでさえ、賛辞の声が相次いだ。

メイ氏は苦難に耐え、思慮深く、義務感にあふれていた。しかし最終的には、国民を一致させようという試みは失敗に終わり、首相職を追われた。

EUととりまとめたブレグジット協定が与党の下院議員に妨害され、首相は下院野党の協力を得ようとした。

しかし、2度目の国民投票を提案したのは、やりすぎだった。もっとも、本人はこの案が否決されると思っていただろうが。

メイ首相の辞任を求めていた一部閣僚はこの計画に合意せず、妥協案の決裂に至り、メイ氏が首相として続投できる可能性はなくなった。

記者会見でメイ氏は、任期中に実現した政策について語った。しかし、最も達成したかった協定に基づくEU離脱を発表することはなく、代わりに辞任の日を公表することになった。

イギリス下院は、与党が過半数を占めていないハング・パーラメント(宙吊り議会)の状態だ。今後は、新たな首相がこうした状況で、メイ首相が失敗したことを成功させられるのかが焦点となる。

そうでなければ、合意なしブレグジットや新たな国民投票、あるいは総選挙と言ったような、もっと過激な策が必要になるのかもしれない。

(英語記事 Theresa May to resign as prime ministerConservative Party: New PM to be in post by end of July

 

メイ英首相、6月7日に与党党首辞任へ 次期首相は7月末までに就任 - BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/48394717