マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【本間俊太郎・バッハオルガン】5月22日 宮城県加美町で2019年8月14日の例年の花火大会は中止へ【サン・ファン・バウティスタ】

 5月22日のニュースです。

 

ほぼ平成の間続いていた中新田の花火大会は、

警備員の確保困難のため中止になりました。

 

そりゃ世界の森の太陽では危ないので何も出来ない。

昨年は古川の花火大会美里の農家手伝いが指を飛ばしたはずですね。

 

終わってるでしょ、ここ。

恥の概念が無い土地だ。

 

キリストと神社があれば、仏教もあれば自分たちは強運と信じて止まない土地でしょ?

こちらはきっちり切らせて頂きます

それが仙台の平成の全てだからね。

頭がおかしい妄想

 

 

 

8月14日(はちがつじゅうよっか、はちがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から226日目(閏年では227日目)にあたり、年末まであと139日ある


1183年 (寿永2年7月25日) - 治承・寿永の乱: 源義仲の入京に伴い、平宗盛率いる平家一族が安徳天皇を連れて三種の神器と共に西国落ち。


1885年 - 日本初の専売特許証交付。

1919年 - ドイツでヴァイマル憲法が施行される。

1991年 - エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社(現在のNTTドコモ)が設立

2016年 - SMAP解散騒動: ジャニーズ事務所SMAPの解散を正式に発表[1]。


8月14日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8814%E6%97%A5

 

 

 

 

 

 

宮城のニュース

<加美の花火大会>警備員確保難しく開催断念 商工会決定

 加美商工会は22日、本年度の通常総代会を開き、32年前から宮城県加美町中新田地区で毎年8月14日に行ってきた「かみ鳴瀬川大花火大会」を開催しないことを決めた。2020年東京五輪を控え、警備員の確保が難しいことなどが理由。
 事務局によると、五輪プレ大会開催などの影響で、警備員の人件費が高騰している。お盆の時期で、交通指導隊員ら住民の協力も足りず、十分な警備態勢が組めない恐れがあるという。約400万円の協賛金を集める会員の負担も考慮した。
 花火大会は、水中スターマインなど約2500発が打ち上げられる。昨年は約3万人が訪れた。


関連ページ:宮城経済

2019年05月23日木曜日

 

 

 

<加美の花火大会>警備員確保難しく開催断念 商工会決定 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190523_12022.html