マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【2017年改正強姦罪】相撲の神様 富岡八幡宮司刺殺「地獄へ送る」「たたり続ける」元宮司が「自害」前に書いたドロドロ過ぎる手紙【大相撲・国道108号鳴子町鬼首】

 この事件は自民党政治の集大成です。 

 

 自民党縦割りは、私を強姦させて始末と言う流れを作っていたみたいですが、

実は始末されたのは自民党の神社側です。

 

 こちらは6月中には、鬼首から名前を抜き、しがらみから浄化したいですね。

こちらには無関係な話ですので。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

  

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

仙台藩は、108+110でしかないので、

むかついたから逆にこちらが女の名前をせっせと警察に売る展開ね。

信用されなければそうなりますね。

 

そもそも連中からこちらの人生にちょっかい出したわけでしょ?

それでこの展開で「腑に落ちない」とか語っていたら異常だね。

他人に犯罪で寄り、良くなると錯誤するのも珍しい。

頭がおかしい証拠だ。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

108拝んで犯罪繰り返すゴミより、

無仏無神論綺麗に生きる人間の方がマトモだからな。

そんなゴミが多く居るようですね。

 

相手にされない人間の異常性は計り知れないじゃん。

 

 

kotobank.jp

 

 

 既に世界の笑いものになっている奴ら。

こちらは火の粉払いオンリーなので宜しく。

馬鹿は口を開かないでね。

更々相手にしていないので。

 

この方々に死霊の魂浄化は無理だから、

汚点の社を更地にしたらいいんじゃないですか?

 

最初から神様が居ないから、こんな事件が起きた。

全ては妄想だった。

 

私の人生は元々神社とは全く関係はない。

私の人生は全てに於いて信教の自由である憲法だ。

訳の分からんオウム真理教に劣る神社の相手なんて全くしていない。

著しく迷惑ですね。

相手にされる器、資格があるのか?

 

人権侵害を継続する宗教者と言うのは、

宗教以前に人間ではないね。

全ては狐かもしれん。

 

 

shinshizo.com

 

 

流石は過去に焼かれた竹駒神社

キチガイの土地だな。

 

 

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 汚物は浄化だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

結局、法律は排除なので、そこで警察が働き続けるだけですね。

それで政治が崩壊しようが、そもそもが犯罪だから浄化なんですね。

 

こちらは犯罪政治を葬れるので喜ばしいと考えている。

元々、この土地は私を底辺に置くだけの犯罪の土地だからな。

警察くらいまともに機能してくれないと困ります。

北朝鮮になってしまうね。

 

結局は、過去に遡り山田奈緒子ら、

そして私の閉鎖行きの刑法193条のみしかないのだから、

毎日チンピラを用いて犯罪を継続する意味があるのか?

 

 人脈無き所での言いがかりは全てに於いて法処理されるだけだ。

ゴミは自覚しろと言う事だ。

 

フォントが大きくなるのは、この瞬間でもゴミが犯罪を継続するからです。

まるで私が過激派みたいな書式になって申し訳ないですね。

実に見苦しいです。

 

でも私の問題ではなく、シロアリの問題ですので。

 

逆風吹かされて得るものが無いのにストーキングと泥棒の継続なのだから、

単なるキチガイなんでしょ?

人間終わった連中じゃん(笑)

 maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

【衝撃事件の核心】
富岡八幡宮司刺殺 「たたり続ける」元宮司が「自害」前に書いたドロドロ過ぎる手紙

富岡茂永容疑者富岡茂永容疑者

 東京都江東区富岡八幡宮で、宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)と運転手の男性(33)が、長子さんの弟で元宮司の茂永(しげなが)容疑者(56)と妻の真里子容疑者(49)=ともに犯行後に死亡=に襲われ、長子さんが刺殺された事件。「死後もたたり続ける」-。茂永容疑者が事件直前に関係者に宛てて投函(とうかん)した手紙には、約30年にわたる親族間の骨肉の争いの詳細と、恨み言がびっしりと書き記されていた。地域の繁栄と平和を象徴するはずの神社でなぜ、凄惨(せいさん)な事件は起きたのか。

(※12月16日にアップした記事を再掲載しています)

車の中から引きずり出し…3分間の凶行

 「刃物を持った女が暴れている」

 7日夜。110番通報した通行人の男性(41)は、日本刀を手に、運転手の男性を追いかける真里子容疑者の姿を目撃した。「走るような感じではなく、堂々と歩いてきた。その後、『お前だけは許してやる』という女性の声が聞こえ、ただ事ではないと思った」

 この直前、茂永容疑者とともに神社近くの物陰に潜んでいた真里子容疑者は、車で帰宅した長子さんと運転手を襲撃。防犯カメラの画像などから、茂永容疑者は、一度は車の中に身を隠した長子さんを引きずり出し、刃渡り約80センチの日本刀で執拗(しつよう)に切りつけたとみられている。真里子容疑者は車から逃げ出した運転手を100メートルほど追いかけ、別の日本刀で腕などに切りつけた。

 その後、2人は長子さんの自宅玄関近くまで移動。茂永容疑者が真里子容疑者と自分の胸を刺すなどして、「自害」を図ったとみられる。

 長子さんが車を降りてからここまで、わずか約3分間の出来事だった。

2800通の手紙…現場近くには“アジト”

 現役の宮司が元宮司に殺害されるという前代未聞の事態。動揺する神社関係者をさらに震え上がらせたのは、事件から2日後の9日朝、茂永容疑者から届いた手紙だった。

 「約30年にわたる富岡家の内紛について、真相をお伝えします」という書き出しで始まる手紙には、神社の運営や相続をめぐる親族間のトラブルの詳細がつづられていた。消印は8日で、犯行直前に代行業者に依頼して投函したとみられている。送付先は全国の神社関係者が約1千通、氏子の関係先の飲食店や学校が約1800通に及んだ。

 茂永容疑者は平成6年ごろ、体調の優れない父親に代わって宮司代行となり、翌7年に正式に宮司に就任。ところが、浪費癖や女性問題などにより、13年に退任を迫られた。再び宮司となった父親は長子さんを後継に指名し、22年12月、長子さんが宮司代行に就任。神社本庁は長子さんの宮司任命を「不適当」としていたが、八幡宮は今年9月、神社本庁から離脱し、長子さんが正式に宮司に就任した。

 茂永容疑者は手紙で、宮司の座を追われたことについて、「クーデターが画策された」などと説明。18年1月、長子さんに「地獄へ送る」などと書いたはがきを送り、脅迫容疑で逮捕されたことについても、「罠(わな)にはめられた」と主張し、関係者に対して長子さんを神社から追放し、自分の息子を新たな宮司に迎えることなどを要求。「実行されなかったときは、死後においてもこの世に残り、怨霊となり、たたり続ける」などと関係者を呪うような言葉も残されていた。

 さらに、現場近くのマンションの一室から、真里子容疑者が警察や報道関係者に宛てて事件前に書いたとみられる手紙も見つかった。「積年の恨みから(長子さんを)殺害することにいたしました」「殺害後はその責任をとり、自害する」「1人で自害できない場合には、夫にその幇助(ほうじょ)を依頼している」というもの。部屋からは、襲撃現場付近を見渡すことができたほか、複数の刃物や双眼鏡も見つかり、警視庁はこの部屋が襲撃計画の“アジト”だったとみている。

後立たない親族間争い…「相手との関わり見直しを」

 年末年始の重要時期を控え、神社関係者は空席となった宮司のポストへの対応にも頭を悩ませている。

 富岡八幡宮は9日、顧問弁護士を通じて、丸山聡一権宮司宮司代務者として当面、神社を取り仕切ることを明らかにした。だが、内情に詳しい神社関係者によると、あくまで今回の人事は“暫定措置”に過ぎないとの見方もあるという。後継宮司をめぐっては、茂永容疑者の息子や、退職した元権宮司を推す声もあるといい、一筋縄ではいかない様相だ。

 事件にまでは至らなくても、富と権力をめぐる対立は、時代や場所を問わず、これまでも繰り返されてきた。最近では、日本舞踊の最大流派「花柳(はなやぎ)流」で、花柳貴彦氏(42)と四世家元だった花柳寛氏(86)が家元の地位をめぐって対立し、法廷闘争に発展=最高裁で貴彦氏側勝訴=した事例や、「大塚家具」の大塚勝久氏(74)と長女の久美子氏(49)の経営権争いも話題となった。

 東大で専攻した心理学を実務に応用している米川耕一弁護士(66)は「家柄や遺産額にかかわらず、金銭や地位が絡む相続では、仲の良かった兄弟や姉妹が突然、険悪になることは珍しくない」と指摘する。

 今回のように、相続問題を背景に、親族同士の殺人事件として発展したケースも少なくない。近年では26年11月、福井県敦賀市で、母親(84)と姉(56)を息子(53)が殺害したほか、28年4月、東京都葛飾区で、寝たきりの兄(61)の自宅に弟(58)が火を付け殺害した事件なども起きている。

 米川弁護士は「こうした被害を避けるには、警察の介入や法的措置を取るだけでは不十分だ。相手との関わり方などを見直し、相手の心理をコントロールして、トラブルを未然に防ぐアプローチが有効な場合が多い」と話している。

 ●富岡八幡宮=江戸時代の寛永4(1627)年に創建された東京都江東区の神社。創建時から徳川将軍家の保護を受けて発展し、毎年8月の深川八幡祭りは見物客が水を浴びせる「水掛け祭り」として知られる。江戸三大祭りの一つで、24年8月には天皇・皇后両陛下も見学された。江戸勧進相撲の発祥の地としても有名で、境内には歴代横綱のしこ名が刻まれた「横綱力士碑」がある。

 

 

【衝撃事件の核心】富岡八幡宮司刺殺 「たたり続ける」元宮司が「自害」前に書いたドロドロ過ぎる手紙(1/4ページ) - 産経ニュース
https://www.sankei.com/premium/news/171228/prm1712280005-n1.html