マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【018(令和)・西暦811年】5月13日 福岡県太宰府市の「坂本八幡宮」臨時総会で5月18日から社務を再開【応神天皇・小泉純一郎】

 5月13日のニュースです。

 

この本八幡大崎八幡宮とお仲間です。

この神社のルーツは西暦811年善正寺らしいですね。

日本の宗教はそもそも神仏習合だったので、そんな興りもあるみたいです。

 

ja.wikipedia.org

 

 

今般の改元での018ですので、108の仏教煩悩であり、

その実験場がこの108万都市仙台で、

こちらが811にも絡められていい迷惑を被ったわけです。

山形県民全体108万人であり、ここの米沢が伊達政宗の出所なので、

完全に唖然としてしまいますね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

www.kahoku.co.jp

ja.wikipedia.org

 

 

 

本八幡宮は宮司が常駐していないようで、

太宰府天満宮から出張していたらしいです。

その2004年の三塚博他界の年に、

小泉純一郎が「おもいのまま」と言う梅の盆栽を貰ったと。

そんな流れですね。

自民党だから計画的ですしね。

 

太宰府天満宮の住所は、4丁目7番1号です。

これは守護数47月1日の古代オリンピックを現していると思われます。

それと、座標の北緯の秒が「17.49」であり、

それぞれ古代オリンピックの裏返し壬子の49ですね。

 

ちなみに本八幡宮の座標の東経の秒は「48.5」ですので、

これはAKB48のそれですし、8.51972+13年ですね。

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

「令和」でフィーバー 太宰府・坂本八幡宮が18日から社務再開

5月16日(木)10時33分 毎日新聞

多くの参拝客が並ぶ坂本八幡宮前=福岡県太宰府市で2019年5月1日午前10時24分、津村豊和撮影

写真を拡大


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新元号「令和」ゆかりの地として参拝客が急増し、神札の授与などの社務を中止している福岡県太宰府市の坂本八幡宮は18日から社務を再開する。氏子会が13日に開いた臨時総会で御田良知宮司の提案をもとに協議して決めた。


 月曜と木曜を除く日の午前9時から午後4時まで、氏子やその家族、知人らが交代で神札や書き置きの御朱印の授与に当たる。御朱印帳への揮毫(きごう)は宮司か筆耕者がいる場合に限り、不定期になるという。6月中旬にはプレハブの社務所を設ける予定で、それまではテントで対応する。


 坂本八幡宮は「令和」の由来となった「梅花の宴」が催された大友旅人邸跡とされる場所の一つで、新元号の発表後、参拝客が殺到。氏子らが対応に忙殺されたため、大型連休明けから社務を取りやめていた。【桑原省爾】

 

「令和」でフィーバー 太宰府・坂本八幡宮が18日から社務再開(2019年5月16日)|BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0516/mai_190516_1445697017.html

 

 

 

 

 

八幡神社
Haiden of Sakamoto Hachiman Shrine 2.jpg
拝殿
所在地 福岡県太宰府市坂本3丁目14-23
位置 北緯33度31分00.4秒
東経130度30分48.5秒
 
主祭神 応神天皇
別名 本八幡宮、坂本八幡神社
地図

 

本八幡(さかもとはちまんぐう)は、福岡県太宰府市にある八幡宮大宰府政庁跡の北西に位置する。登記上の宗教法人名称は八幡神社(はちまんじんじゃ)。祭神応神天皇元号令和」のゆかりの地とされる[1]宮司は常駐しておらず、祭祀などの際を除き太宰府天満宮に勤務している[2]

歴史[編集]

現在の坂本八幡宮の周辺は、奈良時代に「梅花の宴」が催された大宰帥大伴旅人の邸宅の所在地として有力視される[3]

「圓満山四王寺縁起」によれば、平安時代である弘仁2年(811年)、四王寺山にあった「四王寺」の座主坊として、この坂本の地に「善正寺」という寺が成立した[4]。「善正寺」は天台宗に属し、九州の天台宗の寺院は八幡宮を境内に祀っていることが多かったため、「善正寺」にも八幡宮があったと考えられる。

その後、戦国時代以前に「善正寺」は廃れ、境内にあった八幡宮だけが村の鎮守として再興されたと推測される[4]

常駐の宮司はいない。2019年令和元年)には令和ゆかり記念ということで、5月1日から6日まで臨時で御朱印が授与された[2][5][6]

祭事[編集]

毎年11月、男子小学生がたき火をしながら夜を明かして出雲大社から神を迎える「神戻し(かんもどし)」が行われる[7]

元号「令和」との所縁[編集]

2019年(平成31年4月1日、『万葉集』巻五の「梅花の宴」序文を典拠とする新元号令和」が発表されると、新元号ゆかりの地として注目されるようになった[8][9]。以前の参拝者は1日あたり20人ほど[1][8]だったが、「令和」発表直後には3000人に急増したという[8]。参拝者の増加を受けて、改元に合わせて2019年(令和元年)5月1日から「御朱印」の授与が開始された[2][10]

なお先述のように、坂本八幡宮の周辺はかつての大伴旅人邸の跡地として有力視されるものの、発掘調査などによってその他にも複数の候補地が指摘されている[3]

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

太宰府天満宮

20100719 Dazaifu Tenmangu Shrine 3328.jpg
本殿(重要文化財

 
 
所在地 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
位置 北緯33度31分17.49秒
東経130度32分5.45秒
 
主祭神 応神天皇
別名 本八幡宮、坂本八幡神社
地図

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、福岡県太宰府市宰府(さいふ)にある神社。旧社格官幣中社で、現在は神社本庁別表神社。神紋は梅紋である。菅原道真菅原道真公、菅公)を祭神として祀る天満宮の一つ(天神様のお膝元)。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上[1]、年間にすると850万人以上[2]の参詣者がある。現在、京都北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されている。

神事[編集]

 

名物[編集]

本殿前の飛梅
表参道のみならず、境内の裏手にも点在する茶屋。

飛梅にまつわるものが多い。

大宰府へ赴くため都を発つ道真が庭先に立っている梅に対して「東風ふかば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」と歌った。太宰府天満宮拝殿・右手前にその飛梅が立っている。

毎年梅の花が咲く頃には巫女が「梅の使節」として総理大臣官邸など各地を訪れて梅の盆栽を寄贈する。平成16年度(2004年度)の梅の使節が当時の総理大臣小泉純一郎に梅を寄贈したが、その際渡した品種が『おもいのまま』という梅だったため、当時構造改革などで政界を変革しようとする首相に、記者たちが挙って「政治もやはりおもいのままですか?」と質問した。

 
梅ヶ枝餅と抹茶

太宰府天満宮での御神酒梅酒である[19]。 また参道には梅ヶ枝餅と呼ばれる餡入りの焼き餅を販売している店が並んでおり、製作している風景も楽しめる。 

ja.wikipedia.org

 

宮城のニュース

仙台市の人口、山形県抜く 東北の仙台一極集中傾向強まる

 仙台市の推計人口が11月1日時点で108万9283となり、山形県の108万9161を上回ったことが19日、分かった。10月から仙台市は614人増え、山形県が645人減少したため逆転した。仙台市の人口は既に秋田県を上回っており、東北の仙台一極集中の傾向がさらに強まった。
 2018年の仙台市山形県の月別推計人口はグラフの通り。15年の国勢調査人口に、毎月の住民基本台帳の異動を反映させ、推計人口を算出した。
 1月時点で山形県仙台市より1万2071人多かったが、5月には差が5386人に縮まった。6月以降は仙台市が緩やかに増え、山形県は減少に歯止めがかからず、11月に仙台市が122人上回った。
 12月以降の推移は流動的だが、仙台市は将来人口推計で20年までは増加傾向が続き、その後は緩やかに減少すると予測する。山形県は人口減少が加速し、30年は95万、40年は83万に縮小すると推計する。
 山形以外の東北各県の人口は11月1日時点で青森126万2057、岩手123万9881、秋田97万9765、宮城(仙台市を除く)122万4160、福島186万1839。秋田は12年12月、仙台市の人口を初めて下回った。
 仙台市周辺の13市町村を含む仙台都市圏で見ると、推計人口は153万4294になる。宮城県全体の66.3%を占め、福島を除く東北4県を上回る。
 山形県の担当者は「仙台市と県境を接する地の利を生かし、仙台圏の市場を県内の活力に結び付ける施策を展開したい」と語った。
 仙台市政策企画課の松田智子課長は「若者を中心に仙台から首都圏への人口流出が続く限り、仙台一極集中は歓迎できない。ダム機能を果たし、東北各県に人材を返す役割が仙台に求められている」と強調した。


関連ページ:宮城社会

2018年12月20日木曜日

 

 

 仙台市の人口、山形県抜く 東北の仙台一極集中傾向強まる | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181220_13020.html