マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

5月14日 2001年(平成13年)デビュー、18年間(018・令和・108)プレイした元イタリア代表MF、ダニエレ・デ・ロッシが今シーズンで退団、J1神戸へ

 5月14日のニュースです。

 

18思想ローマの犯罪であると言う明確な証拠になるだろうと私は考えています。

 

2001年度は平成13年度男女共同参画に係る守護数13フナブ・クーですから、

これは小泉政権の中で、私が山田奈緒子により官製美人局ではめられた年度ですね。

このように明らかにバチカンがこちらを挑発しているのは言うまでもないですね。

 

ところでイニエスタ率いる現行神戸は、7連敗を喫し呆然としているそうです。

鹿島の18本のシュートに対して神戸はわずか1本と、

なぜか18の数字は鹿島に奪われている失態でした。

そしてローマから18が来るので、どうなるかと言う事ですね。

 

この宗教はとても頭が悪いですね。

私は、キリスト教は私に対するストーカーと県警に実は相談しています。

 

 

 

 

 

「日本でイニエスタと共演も!」ローマを去る“伝説の男”がヴィッセルへ!? 伊メディアが報じる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月15日

デ・ロッシ本人も妻も「親日家である」と紹介

18年に及んだローマでの伝説の日々に終止符を打つデ・ロッシ。35歳のダイナモは現役続行を宣言した。(C)Getty Images

画像を見る

 足掛け18年間をASローマに捧げた男が、日本にやって来るかもしれない。イタリアの地元メディアがその可能性を報じている。
 
 現地時間5月14日、ローマは公式サイトで元イタリア代表MF、ダニエレ・デ・ロッシが今シーズン限りで退団すると発表した。アカデミー時代から籍を置く生粋のローマっ子で、2001年10月にトップデビューを果たして以降、公式戦615試合に出場して63得点を決めてきた。まさにフランチェスコ・トッティと並び称される、生けるレジェンドである。
 
 現在35歳のダイナモは、「正直先のことは決めていないけど、現役はもちろん続けたい。これからオファーを待つよ。家族や弁護士に相談しながらね。まだまだやれると確信している」とコメント。さっそく新天地を探すことになりそうだ。
 
 これを受けてデ・ロッシの行き先を展望したのが、イタリア・メディア『Calciomercato.com』である。アメリカのMLS行きを最有力としつつ、日本のヴィッセル神戸も選択肢に挙がっていると報じたのだ。
 
 デ・ロッシは大のNBA好きで、時間を見つけてはアメリカに足を運んでいる。現実味のある入団先はLAギャラクシーで、同メディアは「(所属選手の)ズラタン・イブラヒモビッチの存在が大きく、彼とデ・ロッシは互いをリスペクトし合っている」と説明し、「家族にとっても歓迎だろう。妻で女優のセイラ・フェルバーバウムがアメリカで新たな仕事を掴めるかもしれない。もっと言えば、彼女の父はアメリカ出身である」と記した。

 
 一方で、デ・ロッシ夫妻が親日家であることも紹介。「デ・ロッシと妻は東方に針路をとるかもしれない。エミレーツアラブ首長国連邦)ではなく、極東の地・日本である」とし、「日本でイニエスタと共演することになるかもしれない。ヴィッセル神戸でプレーするというアイデアも浮上している」と綴った。さらに、「日本のプロリーグではかつてスキラッチマッサーロがプレーしたが、昨今は中国リーグのマネーパワーの前に(アジアで)影が薄くなっている」と論じている。
 
 デ・ロッシ自身は欧州以外のクラブでの現役続行を模索しているようで、そのほかではボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)などが新天地候補に挙がっているという。
 
 攻守両面で絶大な存在感を醸し出し、中盤にダイナミズムをもたらすデ・ロッシ。もし今夏の神戸加入が決まれば、調子が上がらないチームを救う格好のビッグタレントとなるが……。はたして、カルチョの名手はいかなる決断を下すのか。動向を注視したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本でイニエスタと共演も!」ローマを去る“伝説の男”がヴィッセルへ!? 伊メディアが報じる | サッカーダイジェストWeb
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=58593

 

 

イニエスタ、神戸の泥沼7連敗に呆然「答えを知りたい」。苦境を物語る特大のため息も…

 

2019年05月12日(Sun)20時20分配信

photo Getty Images 
Tags: 

 
 
 

 取材エリアに現れたアンドレス・イニエスタの表情は、わずか25分ほどのプレーだったとは思えないほど疲れ切って見えた。

 12日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節、ヴィッセル神戸鹿島アントラーズに0-1で敗れた。

 ホームの神戸が放ったシュート数は、鹿島の18本に対しわずか1本。スコアこそ1点差だが、内容はそれ以上に差のある完敗だった。これで公式戦7連敗とチーム状態が上向く気配はなく、ノエビアスタジアム神戸に集まったファンからはブーイングも飛んだ。

 

 他の全ての選手が取材対応を終えた後しばらくして現れたイニエスタは、記者から「どこが良くなくて今の状態になっているのか?」と問われると、大きく息を吸って「できればその答えを知りたかった」と言葉を絞り出す。そして次のように続けた。

「今は本当に精査するのが難しい状態ではあるけれど、やはりサッカーというのは負けだすとどんどん自信を失って、チャレンジする気持ちがなくなっていって、今のようなトンネルの中に行き着いてしまうと思う。ポジショニングがうまくいっていなかったり、1対1がうまくいかなかったり、いいパスが出なかったり、そういうことが重なっていくと、どうしても戦うのが難しくなっていく。もう本当に今はやり続けるしかないとい。

もちろんこういった状況に慣れていなかったり、このプレッシャーに慣れていなかったりする選手もいるかもしれないけれども、やはりチームが一丸となって、この流れを変えるために働き続けるしかない。それしかないと思っている。ここでいい結果が出れば、そこからチームはきっと前に進めると思うので、もちろん今は難しい状況だけれども、続けていくしかないと思う」

 取材対応中、通訳がスペイン語を日本語に翻訳している間に、イニエスタは大きなため息をついて天を仰いだ。バルセロナ時代にも公式戦7連敗という経験はほとんどないか、あるいは全くないはず。彼にとっても未体験のゾーンに突入し、精神的にも追い込まれているのかもしれない。

「もし来週の横浜F・マリノス戦に勝ったら、状況がガラッと変わるかもしれないし、負けても続けていくしかない。人生においてもずっと勝っている時は全てが素晴らしく、七色に見えるけれど、こういう難しい時に結局は、ずっと泣いているわけにもいかないので、続けていくしかないのかなと思う」

 自身は怪我から復帰したばかりでコンディションは万全ではない。それでもキャプテンとしての責任感を胸に、鹿島戦に間に合わせてピッチに立った。神戸はいかにして浮上のきっかけを掴むか。迷い込んだ「トンネル」の闇はまだ深い。

(取材・文:舩木渉)

「日本でイニエスタと共演も!」ローマを去る“伝説の男”がヴィッセルへ!? 伊メディアが報じる | サッカーダイジェストWeb
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=58593