マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

仙台は私の土地では無い。この土地で私の名前を囁かれる覚えは無い

 私は仙台の人間は基本的に人脈なき赤の他人です。

 

だから誰の指示にも従う筋合いは無いし、私が巻き込まれる噂は全て排除完了です。

それは相手にするに値しないからですね。

 

結局は、「相手にしなければならない法律を示してください」。

それだけの規則押しつけである愚かな中流かつ、人権犯罪の土地ですよね。

 

私は金銭を出した場合のサービスの提供は最大限に期待しますだけでしょ?

その対面した人物に対して、私が私的感情で、ストーキングする必要性がない。

私は土地として仙台は要りませんので。

仙台が勝手に騒いでいるだけじゃね?

 

別にちらも食材以外は信販売に傾斜しているし、無駄に仙台の店舗は使いませんね。

こちらは価格で買っているのみですし。

 

ここまで捨てられて喚いている土地も珍しい。

キチガイが住んでいるのだろうね仙台藩

 

伏魔殿の土地は、表面だけ着飾って、小言抗弁語っているんじゃないよ。

こちらが仙台市議会にまで裁判の告知をして、それでこのザマでは、

犯罪の土地仙台藩は終わりだな。

人として完全に相手にされていないと思え。

 

 こちらが台商工会議所へ、

暫く前に仙台駅中心部の店舗はあとは利用しないと実名で明言しているのに、

キチガイの土地は女に執着で相変わらずですね。

土地捨ての電話済みなのに、いい加減醜いから海で浄化されてくれ

一昨日来やがれと言う事だね。

 

 

 

 

■伊達正宗の名言

「大事の義は 人に談合せず 一心に究めたるがよし」 
重要なことは、他人に相談して決断してもらうのではなく、

自らの意志で決断すべきである。

※正宗が、自らの人生を振返り、家臣に語ったとされる。


「物事 小事より大事は発(は)るものなり」

問題は、小さなことから始まって、大きくなるものである。

油断してはならない。

※北海道JRの度重なる不始末がそう・・


「まともではない人間の相手を まともにすることはない」

奥羽の伊達に、秀吉から朝鮮出兵の通達が届いた。 
正宗は、この戦いがうまくいくとは思っていなかった。

しかし、太閤の命には逆らえない・・正宗は一計を案じた。


足軽は、真っ黒な具足に、片面銀・片面赤の刀、騎馬武者は、

黄金造りの2mを超える大小刀、槍隊には、三角錐のトンガリ

帽子をかぶせた。


あまりの常識破りの軍装に、家臣は「正気の沙汰ではありません」
と、 
とがめる・・しかし正宗は 
「朝鮮に出兵すること自体、正気の沙汰ではない。 
相手が正気でない以上、こちらがまともではバカをみる」

正宗は、命じられた倍の人数で上洛した。


やってきた伊達の軍装に、秀吉はいたく気に入り、自らの親衛隊と
して、国内待機を命じた・・すべて、正宗の思惑通りになったのです。

 

賢者・名言の智恵 「伊達正宗」 (吉村外喜雄のなんだかんだ)
http://www.noevir-hk.co.jp/magazine/2014/06/post_1085.html

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com