マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【7月25日】自民党からスペインの太陽の褒美を貰った「大崎八幡宮」【応神天皇】

 これについて書きます。

 

まず、私はこの神社の相手は全くしていませんね。

私は神社思想に拉致監禁されただけですのでね。

 

2011年7月25日に、大崎八幡宮社務所が国の有形文化財に登録されています。

この年は、メキシコシティ七夕が飾られた年でした。

この震災の時期の前後で、宗教の不気味さが確認出来ますね。

 

この7月25日は、宮城県が私を精神障害者に仕立て上げて、閉鎖に行かせ、

統合失調症にしたてあげたあとに、あとは障害者雇用で始末しようと企てていたわけですね。

 

そのための1992年アステカ帝国を滅ぼす

スペイン・バルセロナ・オリンピックです。

これが自民党思想の全てですね。

 

だから、私は2012年4月23日から2013年7月12日まで入院していましたが、

その13日後7月25日だと言う事です。

退院日は当然私が決めた日ではないです。

 

そして、私が普通免許再取得最短でやったら、

その7月25日になったと言う事ですね。

そもそも、私は免許は失っていたので。

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 https://i.imgur.com/28UFNqN.jpg

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

いずれ、私が現役時代に土地改良がやり放題犯罪をやってぶち壊れた仙台藩ですから、

こちらはただ個で受けた損害を裁判所でジャッジして頂き清算するだけで、

あとは私は去りたいと考えている。

それだけのことですね。

 

現行で、山田奈緒子の名を色々な人が喚いているみたいですが、

これは官側の女であり、2008年10月で民に下野した私は、全く無関係なんですね。

 

私は、この5月で鬼首の完工碑から名を抜いて、過去の穢れは払えるので、

とても満足しています。

関係無いからね。

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

7月25日(しちがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から206日目(閏年では207日目)にあたり、年末まであと159日ある。誕生花はインパチェンススイセンノウ。


1960年 - 障害者の雇用の促進等に関する法律施行。

1964年 - 東京〜新大阪で東海道新幹線の全線試運転を実施。

1992年 - 第25回夏季オリンピックバルセロナオリンピックが開幕。8月9日まで。

1998年 - マイクロソフトが「Windows 98 日本語版」を発売。


ヤコブの祭日
エス使徒の一人ヤコブの、カトリック教会における祝日。


7月25日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/7%E6%9C%8825%E6%97%A5

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

大崎八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 
ナビゲーションに移動検索に移動
大崎八幡宮
Osakimachimangu.JPG
拝殿(国宝)
所在地 宮城県仙台市青葉区八幡四丁目6番1号
位置 北緯38度16分21.1秒東経140度50分42秒
主祭神 応神天皇仲哀天皇神功皇后
社格 村社
創建 不明
本殿の様式 権現造
例祭 9月14日 - 17日
主な神事 松焚祭どんと祭
テンプレートを表示

大崎八幡宮(おおさきはちまんぐう)は、宮城県仙台市青葉区八幡にある神社である。旧社格は村社。社殿(本殿・石の間・拝殿)は国宝に指定されており、どんと祭の裸参りで知られる。

祭神[編集]

社名・歴史[編集]

創建年代は不明であるが、社伝では坂上田村麻呂宇佐神宮鎮守府胆沢城(現岩手県奥州市水沢)に勧請鎮守府八幡宮と称したことに始まり、室町時代に入り奥州管領であった大崎氏が本拠地(現宮城県大崎市)に遷したため、大崎八幡宮と呼ばれるようになったという。

大崎氏改易後の慶長9年(1604年)、伊達政宗仙台城地図)から見て北西()かつ仙台城下町地図)北西端の現在地に造営を始めた。当地は別当寺龍寶寺地図)の西隣にあり、城下町の北に連なる北山丘陵(七北田丘陵)と広瀬川とが接するために城下町がある河岸段丘の西端部にあたり、広瀬川上流の愛子盆地山形方面に向かう作並街道(現国道48号)が超えなくてはいけない最初の難所の鶏沢(地図[1]の城下町側に接する地である[2][3]。慶長12年(1607年)、従来伊達氏が祀ってきた成島八幡宮と合祀して遷座し、仙台城下の乾(戌亥・北西)天門の鎮めとした(当宮の西隣の鶏沢には堤も造られた[2][3])。以前に大崎氏の家臣が行なっていた流鏑馬の神事は、その旧臣3人が祭りの日に仙台までやって来て勤めた。仙台藩寛永15年(1638年)から彼らに旅費を支給した。後に社職の者も加わって4人が勤めた[4]

庶民から「八幡堂」とも呼ばれていたが、古来より社名は「大崎八幡」だった[5]明治4年1871年)の太政官布告によって近代社格制度が制定されたのを機に、「大崎八幡神社」に改称された[5]。鎮座400年の記念大祭を10年後に控えた平成9年(1997年)、「大崎八幡」の名称に復した[5]

年表[編集]

 

 

大崎八幡宮 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B4%8E%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE