マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【秋篠宮家】佳子内親王に対する、性犯罪予告【うつ病】

 だそうです。

 

自民党がチンピラ使っていたそうなので、色々と皇室界隈はやばいんだろうね。

 

秋篠宮親王って、抗不安薬飲んでいるそうですよ。

酒もらしいですね。

 

仙台市役所の相手すると酒が進みそう。

ノイローゼで。

 

秋篠宮親王睡眠導入剤を処方し始めたのが昨年の11月だそうです。

私のブログが始まったのが10月1日なので、1か月後ですね。

 

奥山恵美子八木山動物公園でドロドロなので、

その辺の心労もあるのかもです。

 

 仙台は、ただチンピラが荒らしているだけなので、終わったしな。

 

 いずれ、私抜きでも呪われているのは八木山でしょ?

スペインの太陽13駅の仙台市営地下鉄東西線

 

 仙台藩の体質だから、相手にしなくていいんだね。

悪因悪果のあり得ない土地。

煩悩108が理解出来ていないのは仙台藩そのもの。

 

kotobank.jp

 

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

宮城のニュース

秋篠宮さま、八木山動物公園を視察

ホッキョクグマの展示場で、熱心に説明を聞く秋篠宮さま(左)=17日午後3時ごろ、仙台市太白区八木山動物公園(写真部・佐藤将史撮影)

 日本動物園水族館協会(東京)が主催する第20回種保存会議出席のため2日間の日程で仙台市を訪れていた秋篠宮さまは17日、太白区の市八木山動物公園を視察された。
 秋篠宮さまはホッキョクグマの展示場で、繁殖状況について大内利勝園長に質問。試行錯誤しながらも繁殖に結び付いていないとの説明を受け「今年、生まれるといいですね」と語ったという。今年7月にオープンした「ふれあい館」やアフリカ園、猛獣舎なども見学した。
 秋篠宮さまは日本動物園水族館協会の総裁。視察後、帰京した。


関連ページ:宮城社会

 

2017年11月18日土曜日

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171118_13043.html

 

40836714.at.webry.info

 

 

 

 

 

2019.04.18 2019.04.20
秋篠宮殿下、うつ病で「抗不安薬」を常用 小室圭問題で「酒に逃げる」 皇太子も苦慮

 


Contents [hide]

1 秋篠宮殿下の立場
2 アルコールに逃げる秋篠宮殿下
3 皇太子殿下も秋篠宮殿下に苦言
4 明るい皇太子一家
5 主体性なき秋篠宮殿下
6 うつ病抗不安薬
7 まとめ
8 眞子さま“破談”なら「1億円」が小室圭さんの手に 「7億円」説も
9 アンケート


秋篠宮殿下の立場
御代替わりを前にして皇室関連報道が多くなっていますが、新時代を祝う内容よりも、眞子さまと小室圭さんの結婚延期問題に端を発する秋篠宮家のドタバタばかりが報道されていることは嘆かわしいことです。

先週の『週刊新潮』(2019.4.4号)では、とうとう「愛子さま天皇に」という待望論まで飛び出し、秋篠宮家の信頼は地に墜ちたと言えるでしょう。

この様な家庭内の問題や、そして週刊誌の報道を受けて、秋篠宮殿下ご自身も体調を崩されているようです。今週の『週刊文春』(2019.4.25号)の記事「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」もこれに類するものであり、秋篠宮殿下がストレスに耐えられずアルコールに逃げ、うつ病を発症され「抗不安薬」を飲まれているという恐るべき内容です。


眞子さま「つくり笑い」、佳子さま「タメ口」、悠仁さま「ドヤ顔」 秋篠宮家の“教育方針”に批判あつまる

2019年4月19日


アルコールに逃げる秋篠宮殿下
即位を一年後に控えた、昨年のGWのこと。皇太子殿下と秋篠宮殿下は、それぞれご一家で、静養先の御料牧場(栃木県高根沢町)を訪れていた折、偶然にも兄弟だけでお酒を飲む機会に恵まれたそうです。

なんとその時に、秋篠宮殿下は日頃のストレスからお酒を痛飲しすぎたとのこと。

皇太子さまと秋篠宮さま。お二人ともお酒を好まれることもあり、兄弟で杯を重ねられた。しかし——。

秋篠宮さまは最後には、相当お酒が回ってしまわれたと伺いました。眞子さまの問題もあり、父親としてやりきれない思いがあったのかもしれません」(秋篠宮家関係者)

ご自身も新天皇としての重圧に耐える皇太子さまは、千鳥足で部屋を後にする弟君を、どんなお気持ちで見送られたのだろうか——。

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」
天皇となる重圧にも耐え理性を保つ皇太子殿下と、小室圭問題の重圧に負け酒に逃げる秋篠宮殿下。両者の対比を見事に描いています。

しかし、兄弟間の差は別にして、秋篠宮殿下のご苦労は察して余りあるものがあります。「国民」を選ぶか、「眞子さま」を選ぶか、という究極の選択肢を突き付けられているようなものです。アルコール依存症などにならなければよいのですが…。



皇太子殿下も秋篠宮殿下に苦言
本来ならば、新天皇となる皇太子殿下にとって、自身を支える皇嗣家は心強い存在のはずです。しかし、実状は、これは異なるようです。皇太子殿下に近しい知人は、その複雑な心中を次のように明かしています。

「皇太子さまが人を論評することは滅多にありません。秋篠宮さまが時になさる奔放なご発言についても、泰然と受け入れてこられた。

しかし、ここに来てついに、秋篠宮さまに関して『もっと大きな志を持ってほしい』、『(新天皇となる)自分の思いを理解してほい』という趣旨のお気持ちを漏らされたのです」(知人)

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」
この具体的な内容は記事のなかに記されていないのですが、どうも皇太子殿下は、秋篠宮殿下の「覚悟」が未だ足りていないと判断されているようです。



明るい皇太子一家
このように御代替わりを控え皇太子殿下には「威徳」が自然と備わり、それがメディアを通じて表現されているように思えます。葦津珍彦が「神に接近し、皇祖神の神意に相通じ」と言った通りです。

もちろん、このような神話のみならず、皇太子一家の家庭事情が良好であることもその背景として重要でしょう。愛子さまについては次のように。

「制服姿の愛子さまはお友だち二人と、輪投げや乗馬体験を楽しまれました。一六年末ごろには“激ヤセ”騒動もありましたが、いまではお顔もふっくらし、すっかりお元気に。手を叩いて大笑いされるシーンもありました」(前出・記者)

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」
たしかに愛子さまの激ヤセは衝撃的でした…。もちろんこれのみならず、雅子さま適応障害など、皇太子一家が歩まれた道のりは決して平たんなものではありませんでした。

しかしあれから十五年、いまでは新天皇となられる準備を着々と進められているようです。これを受けある関係者は次のように賞讃。

皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、双方と親交のある関係者ほ、最近のご様子をこう語る。

「皇太子さまは、背筋を伸ばして手もひざに揃え、まっすぐこちらの目を見てお話しされます。お話の中心は皇太子さまで、雅子さまはご主人を立てておられるのが伝わってくる」

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」


主体性なき秋篠宮殿下
このように「令和」という新時代に臨み、皇太子殿下は、体調を整え、家族の結束も深め、万全の体制を整えつつあるようです。一方の秋篠宮家は対照的で、一抹の不安を感じざるを得ない雰囲気が濃厚に漂っているとのこと。

まずは主体性のない秋篠宮殿下。先ほどの皇太子殿下と比して次のように描写されます。

秋篠宮さまは、お話をされていてもどこを見ているか解らないような感じです。お話の主導権はもっぱら紀子さまで、紀子さまが話されたことに秋篠宮さまは『そうだっけ』という受け答えをなさいます」(同前)

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」
「心ここにあらず」の状況が続いていることは、別の週刊誌でも報道されています。『週刊新潮』(2019.4.4号)には次のように。

「ご表情からはめっきり笑みが減り、生気のないお姿がもっぱら拝察されました。お誕生日会見ではひどくおやつれになっておられ、新年の一般参賀でも“心ここにあらず”といったご様子でお手振りをなさっていたのです」(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)

週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」


うつ病抗不安薬
また既に週刊誌では、秋篠宮殿下が昨年11月ごろに宮内庁病院で診察を受け、ご体調を整えるべく睡眠導入剤を処方されたと報じられています。

「(御代替わりや小室圭問題を受けて)殿下は、お体の変調を訴えられ、昨年日月のお誕生日会見と前後し、人知れず宮内庁病院で診察をお受けになりました。そこで、ご体調を整えるべく睡眠導入剤を処方されたというのです」(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)

週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」
この問題について『週刊文春』は次のように。

ただ、秋篠宮さまの知人はこう語る。

「小室さん問題で、薬を新たに飲みはじめたということはないようです。ただ、じつは秋篠宮さまは、以前から抗不安薬を服用されることがあるのです。

昔から、よく『自分はうつだから』と、冗談とも本気ともつかない口調で仰っていました。昔は自由を謳歌するご次男であった秋篠宮さまですが、〇六年に悠仁さまがお生まれになってからは、将来の天皇を擁する一家の主にお立場が変わり、プレッシャーが増したことも、その背景にはあるのかもしれません」

週刊文春』(2019.4.25)「皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮「抗不安薬」「千鳥足」」
お立場も重たくなり、重圧が大きいことは容易に想像がつきます。もちろんストレスを軽減するために「抗不安薬」や「睡眠導入剤」を服用されることはなんら非難されることではありません。

秋篠宮殿下の回復を祈ってやみませんが、小室圭問題が解決しないことには…。



まとめ
このように今週の『週刊文春』は、まさに衝撃の内容でした。

秋篠宮殿下の置かれた立場に同情する方も多いでしょう。ですがその一方で、その病巣である小室圭問題を解決できていないことは、秋篠宮殿下ご自身にも原因があると言わざるを得ません。国民の声に応え、スパッと秋篠宮殿下が「破談」を宣言すれば、心の重荷の幾つかは消え去るでしょう。

秋篠宮殿下が快復されることを祈ってやみません。しかし皇位継承権1位となられる方が、家庭内トラブルを解決できず酒に逃げ、重圧から「抗不安薬」や「睡眠導入剤」を服用されていることは、多くの国民にとって不安要素の一つになるのではないでしょうか?

rondan.net