マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?

 

 

「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?

4/28(日) 14:00配信

J-CASTニュース

 「平成最後の日」である2019年4月30日、あるいは「令和最初の日」となる5月1日に、東京を大地震が襲う――SNSなどで、こうした噂が流布している。

【画像】元ネタとみられる書籍

 その根拠とされるのが、「聖徳太子の予言」なるものだ。しかしJ-CASTニュースが調べたところ、その「予言」は、30年近く前の書籍で取り上げられた出所不明のものだった。

YouTubeの「字幕動画」なども拡散に一役

 噂の発信源となっているのは、いくつかのオカルト系ネットメディアの記事だ。その内容を要約すると、以下のようなものになる。

 ――歴史上の偉人として知られる聖徳太子には、未来を見通す不思議な力があり、「未来記」なる書物を残していた。その太子が、このように予言したという。

  「私の死後200年以内に、山城国に都が築かれ、1000年に渡って栄える(=平安京)。しかし『黒龍』(=黒船)が訪れ、都は東に移される(=東京)。しかしその東の都は200年後、『クハンダ』が来て、親と7人の子どものように分かれるだろう」

 平安京、さらにその後の黒船襲来をも見通していた太子。その太子が、「東の都」は200年後、「クハンダ」によってバラバラになる、と予言した。「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる鬼」だという。それによって東京がバラバラになるというのは、つまり地震などの大災害と考えられる。

 天皇陛下の譲位と新天皇の即位によって霊的な守護力が弱まる2019年4月30日~5月1日こそ、その「クハンダが来る時」だ――

 こうした記事を元にしたYouTubeの「字幕動画」と呼ばれる、テキストを主体としたゴシップ系動画や、まとめサイトなどを通じて噂が拡散し、SNSに広まっている。

 ツイッターでも、4月末に入り、「なんか4月30日巨大地震くるみたいな噂しているんですが、本当なんですかね......」「聖徳太子の予言だと4月30日...。 前からずっと地震のこと考えてたけど予言が怖い」「南海トラフってそういうのやめよ~聖徳太子の予言とかしんどい~」など、不安を訴える声が少なからず見られる。

元ネタは『ノストラダムスの大予言』著者

 しかし、J-CASTニュースが調べたところ、そもそもこの「東の都にクハンダが来る」という予言自体、歴史的な文献では確認できなかった。

 一方、五島勉氏が1991年に刊行した『聖徳太子「未来記」の秘予言』(青春出版社)ではほぼ同内容の「予言」が掲載されている。細かい解説なども一致するため、ネット上で拡散する「予言」はこれが原典と見られる。

 五島氏は1973年刊行の『ノストラダムスの大予言』などの著書があり、「1999年人類滅亡説」の火付け役として知られる。ただ、『聖徳太子「未来記」の秘予言』では、「クハンダが来る」予言の出典を明示しておらず、その信憑性は定かではない。また五島氏の書籍では、この予言は「首都機能が分散する」意味だと解釈されている。

 「クハンダが来る」の予言は東日本大震災を機に、ネット上でも言及される機会が増えたことが確認できる。「大地震」説は、出典が示されないまま引用、孫引きが繰り返される中で、解釈がひとり歩きしたものとみられる。

正体不明の「予言」を見つけるまで

 記者がこの「予言」を知ったのは、あるまとめサイトを通じてだった。

  「【聖徳太子の恐るべき予言】2019年4月30日に『クハンダ』の来襲で東京が八つ裂きに!? 」

 4月初頭、スマホブラウザの「おすすめ記事」として表示されたのは、こんなおどろおどろしい見出しである。天皇の代替わりの「空白」を狙って、恐るべき怪物「クハンダ」が襲来する――まるで怪獣映画のような筋書きだ。

 だが、YouTubeなどで検索すると、同様の内容を扱った動画が、複数ヒットした。中には1万回以上再生されているものもある。

  「【衝撃】2019年4月30日に日本滅亡!」
  「聖徳太子が予言していた日本滅亡は2019年4月30日...新元号天皇譲位でクハンダ襲来!? 」
  「南海トラフ巨大地震が、4月30日にくるぞ!」

 SNSでも、主にこうした動画が起点となって、噂が拡散されている。「出所を検証してみよう」、そんな軽い気持ちで調べ始めた。

 

そもそも「クハンダ」って何者なのか

 動画やまとめサイトの「元ネタ」は、すぐにわかった。「TOCANA」や「ATLAS」といった、オカルト系のネットメディアだ。細かい解釈には少し差があるが、いずれも「クハンダが来る」という「聖徳太子の予言」を元に、譲位・即位のタイミングで地震など、「日本滅亡」級の災害が起きるかもしれない、とするものだ。

 譲位・即位のタイミングが本当に「クハンダが来る」時なのか、ということはさておき、気になるのは2つの点だ。

 まずは、「クハンダ」とはそもそも何者なのか、ということである。

 一連の記事では、クハンダについて、「末世に現れる鬼」「真っ黒く汚れた禍々しい存在」と、「日本滅亡」を引き起こす怪物としてふさわしく、いかにも恐ろしげに解説されている。

 だが、『広説佛教語大辞典』(東京書籍)の説明には、以下のようにある。ちなみにこの本を手がけたのは、日本を代表する仏教学者として知られた故・中村元氏(1999年没)だ。

  「鬼の一種。瓶のごとき形の睾丸をもつ、の意。一種の悪鬼、鬼霊の一群で、ヒンドゥー神話では、ルドラ神の配下に属する。仏教では、増長天王の所領とされる。人の精気を食らうといわれる」

 悪鬼ではあるが、あくまでルドラ神、増長天といったほかの神々の目下の存在であり、することも「人の精気を食らう」という、西洋の伝承でいえばサキュバスインキュバスのようなものだ。予言の禍々しいイメージとは、少し印象が異なってくる。

繰り返し「発見」されてきた聖徳太子の予言

 そして、もう一つは、そもそもこの「予言」の出所がどこか、という問題だ。

 一連の記事では、予言の出典を単に「聖徳太子が残したとされる未来記」と、非常にざっくりと紹介している。が、この「未来記」というのが厄介なのである。

 聖徳太子は予知能力の持ち主であると信じられ、その「予言」とされるものが、歴史上たびたび出回っていたことは事実だ。小峯和明氏の『中世日本の予言書』(岩波新書)によれば、こうした「予言」は平安時代ごろから繰り返し「発見」されてきたといい、特に中世には盛んに読まれた。その総称が「未来記」だ。

 厄介、というのはそこである。たとえば「ノストラダムスの予言」なら、ノストラダムスが遺した著書がちゃんとあり、後はその解釈の問題になる。ところが「聖徳太子の予言」=未来記は、「発見者」がその都度、太子の名を借りて偽作・捏造したものなので、いくらでもバリエーションが存在する。そして、そんな未来記たちのどれに「クハンダの予言」があるのか、まるでわからないのである。

 筆者は学生アルバイトにも協力してもらいつつ、江戸時代までの文献に登場する「未来記」を調べて回った。しかし、いずれも空振りだ。「平安京を予言した」までは、平安時代にはすでに言われていたらしいのだが、そこから先、「東の都」、はては「クハンダ」なんて話は、どこにも出てこない。

五島勉氏はどこから「予言」を見つけた?

 もう一度、各メディアの記事を読み返していると、「参考文献」として五島勉氏の『聖徳太子「未来記」の秘予言』を挙げるものがあった。ダメ元で取り寄せたところ、あった。太子が25歳のとき、宇治の地で残した予言として、下記のように「引用」されていたのである。

  「私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る。そこはかってない壮麗な都になり、戦乱を十回も浴びてもそれを越えて栄え、一千年の間、遷都はないだろう。だが、一千年の時が満ちれば、黒龍が来るため、都は東に移される。それから二百年を過ぎたころ、こんどはクハンダが来るため、その東の都は親と七人の子のように分れるだろう」(原文ママ

 ネット上で拡散する「クハンダ予言」と、ほぼ同一の内容だ。クハンダを「末世の時代に現れる鬼」「真っ黒く汚れた存在」と称するのも共通する。一連の記事のネタ元は、この本と見て間違いない。

 では、五島氏はどこからこの「予言」を見つけたのか。続く文章には、「出典は、前出・白石重氏の著書など。原本も前出『旧事本紀』など。ほか熊野地方の神道系の太子研究者に取材」。ほかの「予言」は一応、出典が明記されているが、ここだけ非常に曖昧である。

「おそらく五島氏の創作だったのではないだろうか」

 白石重氏は、この本で何度か触れられている。新聞記者出身で、在野の古代史研究家だったようだ。国会図書館に収められた著書『聖徳太子』を確認したが、

  「二百歳の後、一人の聖皇があって、ここに遷って都を造るだろう。皇道は興隆し、子孫相続いて旧来の軌範を墜さない。この時こそ都定まって、一般庶民も再び遷都の憂いがなくなるだろう」

とあるだけだ(この記述は「先代旧事本紀大成経」に基づくという。なお「大成経」は一般には、江戸時代の偽書とされる)。

 とすると後は、「熊野地方の神道系の太子研究者」なる人物しかいないが、この部分で唐突に登場するのみで、残念ながら「正体不明」と言わざるを得ない。

 ――と、ここまで調べて、オカルト検証で知られる本城達也さんのウェブサイト「超常現象の謎解き」が、すでにこの件を調査していたことを知った。本城さんはすでに、この「予言」が五島氏の著書以前に遡れないことを確認し、こう断じている。

  「つまり一見すごいように見えるクハンダの予言は、その大部分が存在自体、大変怪しいものだったのである。おそらく五島氏の創作だったのではないだろうか。氏がかつて執筆された『ノストラダムスの大予言』と同じようなものである」

 

 

「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000004-jct-sci