マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【スペインの太陽・世界の森】2020年東京五輪への雲行き、「競泳・全滅」、「体操・全滅」、「卓球・全滅」【神の(子の)試練】

  4月28日他のニュースです。

 

水泳と卓球は全滅らしいですね。

日本の十八番が崩壊していく中で、陰陽師の役割は?

 

東京五輪日本国の威信でしょうから、神職が祈祷しまくってください。

スペインの太陽だから、日本の神が逃げていったかな。

 

破滅への東京五輪は素晴らしいですね。

私を計画的に官製美人局ではめた犯罪国家フランス小泉純一郎が、

下記の記事でよく現れています。 

 

私はアスリートにはみんな逆風吹かせているからね。

果たして宮内庁に将来就職する器が居るのか見物。

 

悪の枢軸ノートルダム大聖堂

尖塔が焼け落ちるのは天命であり、当然のこと。

 

私を閉鎖病棟に入れた保健師と言う資格は、

京都の看護婦学校でキリストの精神により発案された資格です。

東北農政局と犯罪で共謀して、

大崎耕土に褒美を与えたのが、

FAOのローマです。

 

大崎市古川は、私の精神障害者として2003年度から2008年10月までの退職に追い込んだ、

宮城県北部地方振興事務所が存在する犯罪キリスト教が好む土地です。

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

仙台の悪の枢軸トリニティ

f:id:masafree:20190428221926p:plain

goo.gl

goo.gl

goo.gl

 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

 

池江璃花子も病床で心配している日本競泳陣“全滅”の危機

 

(C)まいじつ

東京五輪に向け、日本競泳陣がピンチに立たされている。不正薬物の使用を取り締まるドーピング検査に対し「防ぎようがない」の声が出始めたのだ。

競泳日本選手権に男子200メートル個人メドレーのエース、藤森太将の姿がなかった。藤森は2016年リオデジャネイロ五輪・同種目で4位入賞を果たしている。東京五輪でのメダル獲得も期待されていたが、選手選考をかねた同大会にエントリーしなかったとなれば、オリンピック出場は危うい状況だ。

「ドーピング検査で陽性反応が出たんですよ。昨年12月、中国で開かれた世界選手権中の検査に引っ掛かり、再検査も受けたものの、結果は変わりませんでした」(スポーツ紙記者)

まだ暫定処分だが、出場停止となったのだ。

 池江璃花子も病床で心配している日本競泳陣“全滅”の危機 - まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/81902

 

 

体操 まさかのリオ金メンバー全滅危機水鳥強化本部長 頭抱える「日本として苦しい」

 (前列左から)女子2位の村上茉愛、優勝は寺本明日香、3位の畠田瞳(後列左から)男子2位の萱和磨、優勝は谷川翔、3位は武田一志(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「体操・全日本選手権」(28日、高崎アリーナ)

 リオ五輪組が全滅危機に陥った。男子決勝が行われ、予選22位通過だったリオデジャネイロ五輪団体金メダルメンバーの白井健三(22)=日体大大学院=は、鉄棒で2度落下するなど精彩を欠き、2日間合計161・463点でまさかの決勝進出者30人中30位。5月のNHK杯(東京)までを含めた上位3人で争う個人総合枠での世界選手権代表入りはほぼ絶望的となった。

 同じくロンドン、リオ五輪代表の加藤凌平(25)=コナミスポーツ=も24位。大黒柱の内村航平(30)=リンガーハット=、田中佑典(29)=コナミスポーツ=が予選落ち。山室光史(30)=コナミスポーツ=も、右腕上腕の負傷からまだ回復途上。残る2枠は6月の全日本種目部(高崎)までの団体貢献度で争うが、東京五輪の前哨戦的位置付けの今年の世界選手権にリオ五輪メンバー不在となる危機に瀕した。

 体操ニッポンにとっても想定外の事態。男子の水鳥寿思強化本部長は総括で「内村、白井が厳しい戦いとなり、総合的にも厳しい結果となったという印象。彼らの爆発的な力が日本にとって大きな力だった。すごく苦しい全日本になったという印象がある」と、頭を抱えた。「けがなどがクリアになれば、(今日の)トップに勝てる力を持っている。戻ってきてもらわないと、日本として苦しい」と、率直に語った。

 光明はたくましくなって連覇を果たした谷川翔(順大)の存在。「昨年(世界選手権の)補欠で、悔しい思いをした翔が世界選手権、五輪に繋がる演技をしてくれた。プレッシャーの掛かる場面で、他の選手ができないことを彼ができたのは大きい。それをできる選手は限られる。代表でも中心的な役割になる選手、来年に向けてエースの存在になると思う」と称賛した。

 

体操 まさかのリオ金メンバー全滅危機水鳥強化本部長 頭抱える「日本として苦しい」/スポーツ/デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/general/2019/04/28/0012284499.shtml

 

 

 

丹羽40年ぶりメダルならず 8強で惜敗「非常に悔しい」

1枚拡大

 「卓球・世界選手権」(26日、ブダペスト

 男子シングルス準々決勝で丹羽孝希(24)=スヴェンソン=が梁靖崑(中国)に惜敗し、同種目で日本勢40年ぶりの表彰台を逃した。

 丹羽はあと一歩で歴史を変えることができなかった。1-3の劣勢からフルゲームに持ち込んだが、最終ゲームはつかんでいた流れを再び手放してしまった。「非常に悔しい。メダルをすごく意識してしまった。日本が40年獲れていないのでプレッシャーがすごくて。もっと無心でプレーできれば勝てたと思う」と唇をかんだ。

 世界1位の樊振東(中国)が敗れ、初対戦の同9位・梁靖崑が相手と千載一遇のチャンスだった。得意のトリッキーなプレーで欧州のファンを沸かせ「コーキ」コールも発生させたが、前回と同じ8強で散った。ただ、シングルスで日本勢最高の成績を収め、東京五輪に向けて弾みをつけた。「今後のツアーで上位に進出し、シングルス代表を勝ち取りたい」と気合を入れた。

 

丹羽40年ぶりメダルならず 8強で惜敗「非常に悔しい」/スポーツ/デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/general/2019/04/27/0012279892.shtml

 

 

 

卓球“対日本”強烈意識 中国の壁さらに分厚く…張本が、石川が、日本勢全滅
 
  

 

デイリースポーツ/神戸新聞社 2019/04/06 19:56
フライボール革命「カーブ」は有効か 
卓球、東京五輪カットマン抜てき計画 

© Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. 準決勝でレシーブに失敗する石川佳純(撮影・開出牧)
 「卓球・アジア杯」(6日、横浜文化体育館

 男女準決勝までが行われたが、日本にとっては卓球王国・中国の強さをまざまざと見せつけられる結果となった。男子では世界ランク4位の張本智和(15)=木下グループ=が、同1位の樊振東(中国)に1-4で敗れると、同8位の丹羽孝希(24)=スヴェンソン=は、リオ五輪金メダリストの馬龍(中国)に0-4で敗れた。

 女子で世界ランク6位の石川佳純(26)=全農=は、同3位の陳夢(中国)に1-4で敗れた。この日、準々決勝では平野美宇(18)=日本生命=が世界ランク2位の朱雨玲(中国)に2-4で敗れており、下旬からの世界選手権の前哨戦ともいえたこの日の日本VS中国の真剣4番勝負は全敗に終わった。

 女子日本代表の馬場美香監督は「チームとしての強化の方向性は間違っていない」とした上で「中国も非常に強化してきている。陳夢選手はスタイルも変わって、中国の中でも強くなっている選手の1人。より加速度的な強化をしていかないといけない」と、危機感を強めた。

 昨年、伊藤美誠が中国の主力クラスを次々と撃破したことで、“対日本”への警戒感が強烈に強まっているという。「ツアーを回っていても、本格的に強化をしているのがよく分かる。スタッフがそもそも大きく入れ替わった。(元五輪王者の)馬琳がいたりするし、女子の選手を男子のスタッフが個人個人ついて、つきっきりで指導している。以前はそれほどではなかった」と、馬場監督。分厚くなった“壁”に対抗するためにも「より緻密に強化していかないといけない」と、語った。

 着実に力をつけ、中国選手に迫りつつある男子の張本についても研究が進んでいる。男子代表の倉嶋洋介監督は「細かいところまで研究されてきている」と、振り返った。ただ、「こういう対策をしてくるだろうなというところは当たっていた。想定内の攻められ方。チキータの速さ、バックの速さは馬龍でも、樊振東でも通用する」と、確かな手応えをつかんだ戦いでもあった。「張本に関しては調子の良さや、戦術がはまるかはまらないかで勝ったり負けたりの瀬戸際、ギリギリのところにいる」と、立ち位置を分析した。

 

 卓球“対日本”強烈意識 中国の壁さらに分厚く…張本が、石川が、日本勢全滅
https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%E5%8D%93%E7%90%83%E2%80%9C%E5%AF%BE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E2%80%9D%E5%BC%B7%E7%83%88%E6%84%8F%E8%AD%98-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A3%81%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%E5%88%86%E5%8E%9A%E3%81%8F%E2%80%A6%E5%BC%B5%E6%9C%AC%E3%81%8C%E3%80%81%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E3%81%8C%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8B%A2%E5%85%A8%E6%BB%85/ar-BBVG5qL#page=2