マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【群馬県高崎市】4月26日 体操 内村航平が37位にとどまり決勝まで進めず、予算落ち【福岡県北九州市】

 4月26日のニュースです。

 

コナミ・スポーツにも一時居た、体操の内村航平が予算落ちだそうです。

私はコナミ・スポーツの界隈は切り捨てているので、全く関係無いですね。

 

こちらの加護と言うのは全く必要は無いからね。

今回と言うのは厳格に切ってあります。

一々何度も書くことでも無いですが。

 

仙台は終わっているし、妄想者が夢だけ見ているのでしょう。

 

2001年の第1回宮城障害者スポーツ大会を鑑みれば、

スポーツと芸能界が私を見る資格は無いと言うのはよく理解出来る。

 

終わった土地が口を開く意味がないでしょ?

山口組共々死ねばいいだけだ。

 

 

何処でどうなれば、「絡めればいい」と言う「刷り込み」の概念が続くのだろうね。

 

単に「触らぬ神に祟りなし」のみでしょ。

もっと死ねばいい仙台藩だと私は思いますよ。

 

私は、蜘蛛の糸で地獄に落としているのだから、当然なんだろうね。

それで驚くのはお子様だろ。

 

これは皇室のみの太陽であり、私は全く関係は無いからね。

それは昔から宣言しているし、結果はその通りですね。

 

こちらが政治と権力が集中するのみの五輪に関する娯楽を応援する価値は無い。

私の人生から言えば不毛だ。

そのまま挙げ句には宮内庁へも入るらしいし、軽蔑の対象

スポーツはオナニーだろ。

それのみで生まれるものはない。

 

風が吹かぬ場所で、地力でやるのがスペインの太陽五輪である日本だと思います。

神の子とか呆けていないで、作戦練るのがベストだな。

逐一発言にカチンと来る業界だな。 

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

内村まさかの地獄 14年ぶり予落 東京は「夢物語」

 

平行棒の演技の途中で苦しい表情で左肩を押さえる内村(撮影・滝沢徹郎)

<体操:全日本選手権>◇26日◇群馬・高崎アリーナ◇男女個人総合

「キング」がまさかの地獄を味わった。男子個人総合予選でオリンピック(五輪)2連覇の内村航平(30=リンガーハット)が6種目合計80・232点で37位に終わり、上位30人が進む28日の決勝進出を逃した。加齢による両肩痛に苦しむ現状を試合で覆せず、2度の落下で初出場だった05年以来の予選落ちを喫した。世界選手権(10月、ドイツ)出場は厳しくなり、集大成となる東京五輪へも暗雲が垂れこめた。

悟りきった表情が事態の深刻さを浮き上がらせた。演技終了後、30分ほど引きこもった控室から出てきた内村は、「練習でできないことは試合でできない。それに尽きる」と達観し、包み隠さない本音を並べた。

「次には生きない」「笑うしかない」「全てが今日で終わった感覚」。極め付きは「(東京五輪は)夢物語ですよ、今のままじゃ。何とかしたいが、何すれば良いか分からない」。

最初のゆかの連続技でのラインオーバーから始まった。感覚のズレに、厳しい末路が見えたという。「いつもと違う」。続くあん馬で落下して確信に至り、5種目目の平行棒で決定打。モリスエ(棒上後方かかえ込み2回宙返り腕支持)で左肩が爆発した。左腕をバーで打ち付けて落下し、肘下の感覚が消えた。顔をしかめる姿に会場に悲鳴が響き、再演技も悲痛だった。佐藤監督から「ちゃんとやらないなら、やめた方がいい」と強く言われ、「分からない」と返し、両手両膝を着く着地になった最後の鉄棒まで意地で貫徹したが、予選落ち。3位で10連覇が途切れた昨年大会を大きく下回った。

リオ五輪での2連覇後、一昨年は左足首、昨年は右足首を故障。今は蓄積疲労で両肩が痛む。冬場には通し練習をミスなく完遂できる回数が激減。ただ、心がそのミスを受け入れられない。「やる気があるのにできない。意味がわからない」。現実にいらつき、解消できずに空回った。

世界選手権代表入りは厳しい。「10%もない」と自覚する。次戦候補は6月の全日本種目別選手権(群馬)だが、先は未定だ。「死ぬ気でやるしかない。しんどいことから逃げていた」「ミスしないこだわりを捨てて、泥臭く練習するしかない」。体操界の中心に居続けた男は、築いた誇りとも戦う道に踏み込むしかなくなった。【阿部健吾

◆世界選手権代表選考 代表は男女各5人。男子は個人総合の全日本選手権予選、決勝、5月のNHK杯の得点合計上位3人を選出。4人目(NHK杯個人総合10位以内)、5人目は6月の全日本種目別の結果も踏まえて貢献度の高い2人を選考する。内村は今大会の予選落ちでNHK杯進出も逃し、個人総合での出場はない。残るは種目別での1人の選出。対象は鉄棒とゆかで、今大会と全日本種目別の予選、決勝の3試合の平均得点で代表チームの合計点が最も高くなると判断されれば選ばれるが、可能性は低い。東京五輪の代表選考方法は現時点では発表されていない。

内村まさかの地獄 14年ぶり予落 東京は「夢物語」|au Webポータルスポーツニュース
https://article.auone.jp/detail/1/6/12/106_12_r_20190427_1556326072669611

 

 

体操界襲った内村ショック 衝撃の予選落ちに悲鳴「信じられない」「体操の怖さ」

4/27(土) 9:02配信

デイリースポーツ

 「体操・全日本選手権」(26日、高崎アリーナ)

 男子予選が行われ、12年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪で個人総合2連覇の内村航平(30)=リンガーハット=が、80・232点の37位でまさかの予選落ちに終わり、世界選手権代表入りが絶望的になった。絶対王者として君臨してきた大黒柱のまさかの不振に、他の選手、関係者にも衝撃が走った。

【写真】平行棒で落下し、左肩を押さえる内村

 誰もがまさか-、だった。予選突破の懸かっていた最終種目の鉄棒。内村がマットにはいつくばる形の着地になると、観客席からは悲鳴と落胆の声が上がった。

 予選を見届けて、報道陣に対応した水鳥寿思男子強化本部長は「なかなか思うように通し練習ができていなかった。練習から苦しい戦いになるかなという予想はしていた。(個人総合枠の)3枠に入れないということはあるかなと思っていた」と冬場の練習から不安があったことを認めながら、「徐々に技を抜いて、(難度を)落としていっていた。ただ、このレベル(の構成)なら今までの経験と強さで何とかしてくれるんじゃないかと見ていた。信じられない。ここまで崩れるのはちょっと予想外」と、困惑した様子で話した。現状では東京五輪の前哨戦の位置付けとなる10月の世界選手権は内村不在となることが濃厚。「まだ(代表の)5人が決まったわけではないが、全体として強くなるチャンス。この状況でやるしかない」と、覚悟したように話した。

 プロ転向以降、内村とコンビを組んできた佐藤コーチも、結果について「予想はしていなかった」と話した。試合中の様子について「全然気持ちが入っていなかった。跳馬の時点で気持ちがきれていた」という。今後に向けて「一旦リセットして痛いところを治して、来年に向けて上げていくしかない。精神的にもまだレベルを上げていける」と、必死に前を向いた。

 連覇に向け、首位通過を谷川翔(順大)は「内村さんがあん馬、平行棒、鉄棒で失敗する瞬間を見た。こういうこともあるんだなと思った。あの内村さんが…。体操競技の怖さを知った」と、神妙な表情。決勝に向け「学ぶものがある。自分もどうなるか分からない」と、気を引き締めた。

体操界襲った内村ショック 衝撃の予選落ちに悲鳴「信じられない」「体操の怖さ」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000034-dal-spo

 

 

内村、37位で予選落ち 全日本体操が開幕


男子予選で平行棒の演技を中断、痛みに顔を歪める内村航平=26日午後、群馬県高崎市川口良介撮影)

 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権は26日、群馬県の高崎アリーナで開幕して予選が行われ、男子で五輪2連覇の内村航平リンガーハット)が6種目合計80.232点で37位にとどまり、上位30人による28日の決勝に進めなかった。両肩を痛めていた影響もあり、あん馬と平行棒で落下するなどミスが目立ち、予選落ちとなった。

 2連覇を目指す谷川翔(順大)が合計85.566点で首位に立った。

 

 

 

 

 

 

内村、37位で予選落ち 全日本体操が開幕 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/sports/news/190426/spo1904260023-n1.html

ja.wikipedia.org