マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【麻生派】自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う衆院大阪12区補欠選挙は日本維新が制す【11月8日】

 4月21日のニュースです。

 

カトリックも弱ったもんだ。

 

11月8日は、8月11日の逆であり、

自民党の思想では私を破滅させる者ですな。

 

コロンボでは連続爆破が続いているし、いよいよみたいな感じ。

 

 

 

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。

1996年 - 羽田孜らが太陽党を結成。

2011年 - 靖国神社日本大使館放火事件

2013年 - 安倍晋三首相が靖国神社を参拝、中国と韓国が強く反発。

2016年 - この日を以て「SMAP×SMAP」が放送を終了[1]。20年9か月の歴史に幕[1]。

2016年 - アメリカ合衆国各地、10か所以上で若者を中心とした乱闘事件が発生[2]。

 

12月26日 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/12%E6%9C%8826%E6%97%A5

 

 

 

 

 

北川 知克
きたがわ ともかつ
Tomokatsu Kitagawa IMG 0910 20130203.JPG
2013年2月3日(61歳)
生年月日 1951年11月8日
出生地 日本の旗 日本 大阪府寝屋川市
没年月日 2018年12月26日(67歳没)
死没地 日本の旗 日本 大阪府吹田市
出身校 関西大学法学部
前職 衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党麻生派
称号 正四位
旭日重光章
親族 父・北川石松(元衆議院議員
兄・北川法夫寝屋川市長)

選挙区 比例近畿ブロック→)
大阪12区
当選回数 6回
在任期間 2003年7月16日 - 2009年7月21日
2012年12月17日[1] - 2018年12月26日

 

概要[編集]

大阪府寝屋川市生まれ。関西大学第一高等学校関西大学法学部卒業。大学卒業後は父・北川石松衆議院議員の秘書を務め、石松の環境庁長官在任中は秘書官も務める[3]

2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で大阪12区から立候補したが、民主党前職の樽床伸二に敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックでも次点だったため復活できず、落選。2003年7月、前回総選挙において比例近畿ブロック単独で当選した奥谷通が死去したため、北川が繰り上げ当選した。同年11月の第43回衆議院議員総選挙では大阪12区で再び樽床に敗れ、比例復活により再選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、樽床に比例復活を許さず、初めて大阪12区で当選した。2006年第1次安倍内閣環境大臣政務官に任命された。2009年第45回衆議院議員総選挙では大阪12区で樽床に敗れ、比例復活もならず落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、みんなの党公認の新人候補や現職の総務大臣だった樽床を大阪12区で破り[1]、国政に復帰(日本維新の会は、大阪12区には候補を擁立せず、みんなの党の候補を推薦した)。2013年9月、第2次安倍内閣環境副大臣に任命された。2014年第47回衆議院議員総選挙で5選。2017年第48回衆議院議員総選挙で6選。

2018年12月26日20時8分、腹膜炎のため、大阪府吹田市の病院で死去[4][5]。67歳没。死没日をもって叙正四位旭日重光章追贈[6]。死去に伴い、2019年4月20日執行の大阪12区補欠選挙に、自民党大阪府連は後継候補として甥に当たる北川晋平を擁立した[7]

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

 

衆院大阪12区補選は維新

都構想へ存在感

©一般社団法人共同通信社

衆院大阪12区補選で初当選を決め、気勢を上げる藤田文武氏(中央)=21日夜、大阪府寝屋川市

 自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う衆院大阪12区補欠選挙は21日投開票され、日本維新の会の新人藤田文武氏(38)が、自民党新人北川晋平氏(32)=公明推薦=ら3人を破り、初当選を確実にした。日本維新は地元組織の政治団体・大阪維新の会が「大阪都構想」推進を掲げて大阪府知事、大阪市長のダブル選で圧勝した勢いを維持し、本拠地で存在感を示した。

 維新は大阪市を廃止し特別区に再編する都構想の2回目の住民投票実現を目指している。ダブル選に加え、国政選挙でも支持を得られたとして、改めて公明党などに協力を求める考えだ。

 

衆院大阪12区補選は維新 都構想へ存在感 | 共同通信
https://this.kiji.is/492653890736227425