マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される太陽の神の生まれです。

【経済産業省(旧通産省)の工業技術院 元院長 VS トヨタ自動車】東京都豊島区東池袋の重大死亡事故の車種は「プリウス」と確認される【2000年の呪い・皇室センチュリー】

 4月19日の別な新聞でのニュースです。

 

いよいよ、コレラでのジャブが来ていたトヨタ自動車に、ストレートが入ったらしいです。

 

このニュースは、とりあえずは運転がおぼつかなかったと濁していますが、

ドライブ・レコーダーでの音声が残っており、元院長の意識は正常であったことが確認されます。

これはトヨタの信用に今後響く、重大なニュースに発展するかもと言う感想です。

 

トヨタ自動車は、私を警察に売ったところですので、ガン無視で。

 

このニュースも、元院長は農機具メーカーのクボタをかじっていましたし、

全て農林水産省です。東北農政局です。土地改良です。

全部単なる悪因悪果ですね。

おかしいと思う脳みそがおかしいですかね。

 

終わった宗教に口を開かれても困るでしょ。

己を知り初心に戻れと言う言葉しかないですよね。

 

私は、なぜトヨタが工場と子会社持ってきたか、全く理解出来んからね。

そうなりたくて持ってきたとしか思っていない。

全然相手にしていないよ。

 

まともな礼節も無いんだろ。

恥じゃん。

 

工場が存在する大和町と言うのは、

山田奈緒子が当時私の現場に着いてきた土地ですから、終わってるね。

愚かな土地。

こちらは関係無いし行くことは二度とない。

 

誰も認めていないし頭に乗るなだけだね。

 

いつ、何処で、誰が許可した?

 

私とは微塵にも関係はない。

 

トヨタ自動車農奴三塚博だけ拝んでいればいいし、

他界したから土地改良の土民共ですが。

こちらは最初から相手にしていませんね。

 

訳の分からない神様を拝んでいる脳みそのレベルだけは確認出来ますね。

 思想レベルが幼稚で、とても経営者が考えていることとは思えない。

相手するに値する企業ですらない。甚だ遺憾でかつ迷惑。

 

 

 

www.toyota-ej.co.jp

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

kotobank.jp

ja.wikipedia.org

 

 

1 天の懲罰

世界の洪水神話にほぼ共通してみられるパターンは、
人間世界の堕落が神の怒りをかい、神が人類を洪水に
よって全滅させ、そのあとわずか生き残った人々が(ア
ジアでは 1 組の兄妹が夫婦となる場合が多い)、人類をも
う一度繁殖させるというものである。洪水発生の原因は、
人間の堕落に対する神からの天罰ということになる。

日本でも古来このような天罰論で災害や異変が説明さ
れてきた。

災いはときの為政者の悪政や不道徳にあり、
社会の退廃、奢侈、腐敗、堕落に対して天が懲罰として
災害をもたらすと考えられたのである。

この考え方は中国儒教の災異思想の影響を受けたもので、
日本においては、奈良時代聖武天皇の御代で、藤原四子不比等
四子:武智麻呂・房前・宇合・麻呂)が 737 年にそろっ
て疫病(天然痘)で死亡したとき、この厄災説がとなえ
られている。

天罰論によれば、天変地異は王権と密接に関連し、政
治の是非や吉凶を占うことができる。民衆からみれば、
災害異変の発生は支配者の政治的倫理性、統治能力が危
機状態への臨界点に達したという判断となり、王権の交
代を求めることができる。

この災異説は、中国では前漢のころ(前 2 世紀後半の
董仲舒)から陰陽説と結びつき、さらにこれに五行説
結びつくようになった(前 1 世紀頃の劉向)。要するに前
漢になって陰陽五行説で災異が説かれるようになってき
たのである。日本でもその影響を受け、災異は陰陽五行
説で解釈されていく。

http://r-dmuch.jp/jp/results/disaster/dl_files/3go/3_1.pdf

r-dmuch.jp

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

解釈の原因は解釈者自身の固定観念。解釈の自由には責任が伴う
言葉風紀世相の乱れはそう感じる人の心の乱れの自己投影。人は鏡
憤怒は一時の狂気、無知無能の自己証明。中途半端な知識主ほど激昂
「真実は一つ」は錯誤。執着する者ほど矛盾を体験(争い煩悩)
他人に不自由(制約)を与えれば己も不自由(不快)を得る
問題解決力の乏しい者ほど自己防衛の為に礼儀作法マナーを要求
情報分析力の低い者ほどデマ宗教フェイク疑似科学に感化洗脳
自己肯定感の欠けた者ほど「己の知見こそ全で真」に自己陶酔
人生経験の少ない者ほど嫌いキモイ怖いウザイ憎い想定外を体験
キリスト教は世界最大のカルト。聖書は史上最も売れているト本
全ては必然。偶然 奇跡 理不尽 不条理は思考停止 視野狭窄の産物
人生存在現象に元々意味価値理由目的義務使命はない
宗教民族領土貧困は争いの「原因」ではなく「口実動機言訳」
虐め差別犯罪テロ紛争は根絶可能。必要なのは適切十分な高度教育
体罰指導力問題解決力の乏しい教育素人の独善甘え怠慢責任転嫁
死刑は民度の低い排他的集団リンチ殺人。「死ねば償える」は偽善
核武装論は人間不信と劣等感に苛まれた臆病な外交素人の精神安定剤
投票率低下は社会成熟の徴候。奇人変人の当選は議員数過多の証左

 

感情自己責任論 ~学校では教えない合理主義哲学~ m9`・ω・)

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

maya-taiyoushin.hatenablog.com

 

 

ããªã¦ã¹,Gãã¼ãªã³ã°ã»ã¬ã¯ã·ã§ã³,ã©ã¤ãã°ãªã¼ã³ã¡ã¿ãªãã¯

プリウストヨタ)Gツーリングセレクション{平成20年9月〜平成21年5月}(10050285)の画像(1386321)・新車・中古車カタログ装備スペック情報 | 中古車のガリバー
https://221616.com/catalog/toyota/prius/200309_200905/10050285/photo/1386321/

 

 

 

 

87歳の車暴走、母娘死亡「アクセル戻らず」

乗用車が歩行者はねた後、ゴミ収集車に衝突

 
歩行者が車にはねられた事故現場周辺(19日午後1時18分、東京都豊島区で、読売ヘリから)=片岡航希撮影
乗用車とゴミ収集車が衝突した事故現場周辺(19日午後1時17分、東京都豊島区で、読売ヘリから)=片岡航希撮影
歩行者をはねた乗用車(右)がゴミ収集車と衝突した現場(19日午後1時45分、東京都豊島区で)=泉祥平撮影 ▲
歩行者をはねた乗用車(右)がゴミ収集車と衝突した現場(19日午後1時45分、東京都豊島区で)=泉祥平撮影

19日午後0時25分頃、東京都豊島区東池袋都道で乗用車が赤信号を無視して暴走し、歩行者を次々とはねた。この事故で、自転車に乗っていた近所の主婦松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡。40~90歳代の男女計8人が重軽傷を負った。警視庁によると、車を運転していた男(87)は「車のアクセルが戻らなくなった」と話しており、運転操作ミスとみて調べる。

発表によると、男の車は道路左側のガードレールに接触後、信号を無視して横断歩道に進入し、自転車1台をはねた。その後も直進し続け、約70メートル先の横断歩道で、松永さん親子の2人乗り自転車をはねた後、ゴミ収集車と衝突。衝撃でさらに歩行者4人をはね、反対車線のトラックに衝突して停止した。

男は胸に軽傷を負い、同乗していた80歳代の妻も足を負傷し、2人とも入院した。

車のドライブレコーダーには事故直前、助手席の妻が「危ないよ。どうしたの」と声をかけ、男が「どうしたんだろう」と驚いた様子で応じる音声が記録されていた。男は事故後、息子に電話をし、「人をいっぱいひいてしまった」と話していたという。

警視庁は映像などから、ガードレールに衝突してから停車するまでの約150メートル、アクセルを踏み続けていたとみており、男の回復を待って、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で事情を聞く方針。

捜査関係者によると、男は2017年に運転免許を更新したが、その際の認知機能検査で異常はなかったという。警視庁は、事故当時の状態についても捜査を進める。

近所の住民によると、約1年前から足が悪く、つえをついていた。駐車がうまくいかずに駐車場の段差に乗り上げることが多く、前日の18日にも駐車に手間取っていたという。マンション住民に「自分も駐車場を空けようかな」と運転をやめる意向を示したこともあった。近所の男性(71)は「足が悪くて車を手放せなかったのかもしれない」と話した。

事故現場は池袋駅の南東約700メートルで、豊島区役所の近く。交差点にはゴミ収集車が横転し、大破した自転車や買い物袋が散乱していた。近くの男性商店主(43)によると、車は横断歩道の自転車をはねた後、「ドーン」という轟音ごうおんとともにゴミ収集車に衝突。衝撃で半回転しながら、横断歩道にいた歩行者を次々とはねたという。

近くの団体職員の男性(39)は事故直後、自転車の子供用のイスに乗ったまま、幼い子供が路上に倒れているのを目撃した。男性は「意識がないようだった。自分にも同じくらいの子供がいる。痛ましい」と声を落とした。

87歳の車暴走、母娘死亡「アクセル戻らず」 | 読売新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
https://toyokeizai.net/articles/-/277765