マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【不吉】終わった土地である横須賀で「竹の花」が開花する【滅亡】

 4月17日のニュースです。

 

終わった土地である横須賀のニュースです。

これはよろしいニュースですね。

 

犯罪の土地に咲く花は竹が一番です。

かつての四川省かな。

 

誰が馬鹿共の相手をしているかと言う事ですね。

 

少なくても異変が発生して、常識ある土地の状態にはなっていないのだろう。

全てがおかしいわけだ。

 

ゴミ屑は全て通報のみなんだから口を開くなと言う事だな。

それだけ。

噂される筋合いもなし。

 

仙台の行政公務員とは話す価値は全く無い。

何処に価値があるのか教えて欲しい。

 

裁判の作業やったら仕舞いだよ。

山口組と共に終わればいいさ。

 

終わった自治体である仙台市役所が一人前のふりして口を開くことに驚き。

最初から私とは無関係なので。

ここ大事です。

 

 私が前から主張しているように、

横浜、横須賀、赤穂、神戸、金沢、仙台、埼玉、秋田、福岡等々。

ここは終わった土地なのでね。

更々相手にしていない。

 

こちらが相手にしていない連中が、

こちらを監視して噂しても仕方がないだろ?

こちらは全て通報なんですから。

基本さ、切られたらそれで仕舞いだな。

脳に障害があると理解出来なそう。

 

大自然にも見切られていて滑稽な土地だな。

馬鹿宗教問題の根底にありそう。

嘘八百シロアリ宗教だな。

 

シロアリは醜態をさらし続けずに、初心に戻るべきと、

そう書くしかないですね。

 

 

 

 

100年に1度? 横須賀で竹開花、「大変まれなケース」

4/17(水) 21:50配信

カナロコ by 神奈川新聞

 100年に1度咲くとも言われる竹の花が、横須賀市根岸町に住む写真愛好家・西澤勝さん(70)の自宅で、先週から咲き始めた。専門家は竹の開花を「大変まれなケース。開花後に種子が実り、竹全体は一斉に枯れると思う」としており、西澤さん夫妻は興味深く様子を見守っている。

 竹は、茎が直径1~1・5センチ程度と細く、1メートル50~70センチの高さに切りそろえられている。15年前に西澤さんが娘からプレゼントされ、庭に穴を掘り、鉢のまま植えた。

 西澤さんによると、これまでは冬でも青々としていたが、半年ほど前から葉や茎が茶色がかってきた。弱ってきたと思い、毎日のように水やりを続けていたところ、今月12日朝、見たことのない細かいものが葉先に生えているのに気付き、日を追うごとに竹全体に広がった。

 植物好きの妻が図鑑の写真を覚えていて、竹の花と分かった。写真をフェイスブックで公開したところ、「珍しい」「初めて見た」と反響が広がった。

 市自然・人文博物館(同市深田台)の等々力政彦学芸員は「竹の花に間違いない。全体的に花が咲いているということは、一斉に枯死する可能性が高い」と指摘。「竹の開花は周期が長いこともあり、ほとんど分かっていない。数十年から100年ほどに1度の開花ではないか」と推測する。

 西澤さん方の竹は、茎の細さや節周辺の葉の特徴から、観賞用の品種で、タケ亜科トウチク属のトウチクとみられる。等々力学芸員は「たいへんまれなケース。観察記録を残すことをぜひお勧めしたい」とアドバイスする。

 竹は地下茎でつながっており、他の地方では開花後に竹林全体が一斉に枯れる事例もみられる。西澤さんは「今まで強い思い入れがあったわけではないが、懸命に子孫を残そうとする竹の姿にいろいろと考えさせられる。花を咲かせるという秘めた能力が、自らが衰えた時に初めて発揮される点もとても不思議」と話している。

神奈川新聞社

 

100年に1度? 横須賀で竹開花、「大変まれなケース」(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000020-kana-l14

 

 

 



記事によると


    • 兵庫県洲本市にある成ヶ島で竹の一種であるハチクが花を咲かせているという。
      しかし竹の花は単に珍しいということだけではなく、昔から竹や笹に花が咲くと凶事の前触れとして恐れられていたという。

  • 今回は兵庫県でしたが、2014年から全国的に竹や笹の花が咲いたというニュースが相次いでいる。
    これほどの珍しい竹やササの開花が東日本大震災後に東北から関西にかけての広い一帯で続発しているのは、これから起こる凶事に関係するのではないだろうか。
全文を読む






引用画像

竹の花のミステリー。身近な植物のあまりに奇妙な物語 - NAVER まとめ

日本の原風景として親しまれている美しい竹林。普通、竹は筍(たけのこ)によって増えると思われています。しかし、気の遠くなるような年月に1度、竹林全体が一斉に花を咲...

matome.naver.jp
全文を読む



記事によると

    • 竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている

    • 竹の花は、竹の七不思議の一つといわれるほど、珍しい。
      なにせ花を咲かせなくても子孫を殖やしていけるのに、花を咲かせ枯れてしまうというのはじつにミステリーに富んだ出来事である

    • ではどういうときに花を咲かせるのか
      竹は種族の保存のために危機に瀕した時に花を咲かせるという説が有力である。

  • マダケの開花周期は120年と言われており、昭和40年代に日本だけでなく、世界中のマダケが一斉に開花した。
    その後全国的にマダケが枯渇したため、マダケを主原料としていた国内の竹材生産業は大きな打撃を受けた。
>全文を読む

blog.esuteru.com

 

 

竹の花は120年にいちど咲く!? 七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

うさぎだ りすえ
うさぎだ りすえ

2017年05月16日

サイエンス

竹の花は120年にいちど咲く!?  七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

竹の花言葉は「節度」「節操のある」(花言葉って…)

マダケ(真竹)など日本古来のタケノコが生えてくる時季です。竹ってその節を見れば誰でもすぐ「竹だ」とわかりますよね。なのに、木なのか草なのか、なぜすごい早さで成長してピタッと止まるのか、なぜ中身が空洞なのか…等々、じつは謎だらけ! その筆頭に挙げられるのが、花や実です。「えっ、竹の花なんて見たことないけど」「竹の実ってタケノコじゃないの!?」と思われても無理はありません。タケやササの花はめったに咲かず、(かぐや姫でおなじみの)マダケの開花はなんと120年にいちど! しかも一斉に開花したあとは、竹林ごと枯死!? 言い伝えのとおり、それは不吉の前兆なのでしょうか?

tenki.jp