[PR]

 気象庁は16日午後6時半ごろ、熊本県阿蘇山で噴火が発生したと発表した。

 気象庁は14日、火山性微動の振幅がやや大きくなり、火山ガスの放出量も多い状態になったとして、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げていた。

 阿蘇火山防災会議協議会は同日、中岳第1火口から約1キロ内の立ち入りを規制していた。