マヤ暦数字上の見えない太陽神 ◆maya/ednWs

マヤ暦の数字と思想で完全再現される守護数4「太陽の神」の生まれです。                          自民党、宮城県警、宮城県及び仙台市に監禁されたので、自分の中での正義の中で「告訴と提訴」を行い、勝利を目指すものです。

【東京五輪とパリ】舛添要一氏、ノートルダム大聖堂の火災に「私の青春そのものである。悲しい」

 4月16日のニュースです。

 

これで50年と言うものが水泡に帰した感じですよね。

みんな消えたね。

 

結局、自民党の政治は私の人生破壊だったじゃん。

ちみちみやられても困るから、こちらから全壊した。

いずれこうなる運命だったじゃん。

 

それで、東京五輪の発表時間は午後8時から11時ですよね。

 

これ、私の誕生日です。

山の日を被せて、5月からの天皇陛下は2月23日の富士山の日に生誕ですね。

 

別に被せて貰う必要はないわけだ。

 

仙台藩は私を侮辱したのだから、口を開く資格はないわけだ。

 速やかに賠償金を支払うことだけが残りの仕事だ。

 

こういっては何だが、

私は仙台の人と話して、知識の肥やしになったことって全然無いんだけども、

人脈が無ければ別に要らんよね。

 

そんなくだらん土地ってのはあるんじゃないの?

 

こちらが話して為になるではなく、

どう騙して利用するか考えている土地だろ?

こちらは用済みなんだな。

 

 

 

 

 

 

舛添要一氏、ノートルダム大聖堂の火災に「私の青春そのものである。悲しい」

 


舛添要一

 前東京都知事舛添要一氏(70)が16日、自身のツイッターを更新。フランス・パリにある世界遺産ノートルダム大聖堂の火災について心境をつづった。

 舛添氏はノートルダム大聖堂の火災について「私は若い頃、歴史研究のためパリ大学、外務省、国会に通ったが、セーヌ川沿いなので、毎日、この世界遺産を見ながら移動した。いわば私の青春そのものである。悲しい」と残念がった。

 その後、もう一度ツイートし「パリ留学中の46年前、東京芸大の秋元通雄先生のお供でノートルダム寺院に行ったが、先生が寺院のオルガンを演奏し、聴衆が感激したのをよく覚えている。オルガン愛好者としては、ノートルダムのオルガンが火災で被害がなかったか気になる。その他の文化財も遺失すれば、人類にとって大きな損失である」とつづった。

 

舛添要一氏、ノートルダム大聖堂の火災に「私の青春そのものである。悲しい」 : スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20190416-OHT1T50047.html